広告界が選んだ「2014年人気広告ランキング」発表

1位はペプシNEX ZERO 桃太郎「Episode.ZERO」篇

株式会社宣伝会議(本社:東京都港区 代表取締役:東 彦弥)では、『宣伝会議』1月号(2014年12月1日発売)にて、誌上企画「2014年広告総決算 宣伝会議グランプリ」を実施いたしました。2014年に発表された18の広告賞の主要な受賞作に、企業の宣伝担当者からの投票結果を合わせて集計し、「ベスト・オブ・ベスト」を選出。ここにその結果を発表いたします。
main image
広告界が選んだ「2014年人気広告ランキング」
  • 1位 サントリーホールディングス ペプシNEX ZERO 桃太郎「Episode.ZERO」篇ほか(テレビCM)
  • 2位 味の素 和風調味料群「和食は、和色で、できている。」(新聞広告、雑誌広告)
  • 3位 東日本旅客鉄道 「行くぜ、東北。」(新聞広告)
  • 4位 全国都道府県及び20指定都市 LOTO7「話は変わる」篇ほか(テレビCM)
  • 5位 グーグル Nexus 7「Dance with Students」(テレビCM)
  • 6位 サントリーホールディングス BOSS「宇宙人ジョーンズ・コンサート」篇ほか(テレビCM)
  • 7位 ソフトバンクモバイル 「総集篇A/廊下篇/会議室A3倍篇/拍手篇/お客さん篇」ほか(テレビCM)
  • 7位 近畿大学 一般入試出願受付開始「固定概念を、ぶっ壊す」(新聞広告)
  • 8位 トヨタ自動車TOYOTOWN「TOYOTOWN2013/夫の秘密篇/となり町篇」ほか(テレビCM)
  • 8位 東京ガス 企業広告「家族の絆・ばあちゃんの料理」篇(テレビCM)
  • 8位 東日本旅客鉄道JR SKI SKI「ぜんぶ雪のせいだ。/ゲレンデマジック篇/しないの?篇」(テレビCM他)


◆「今年一番かっこよかったCM」 広告界が選んだのは…小栗旬出演のペプシNEX ZERO 桃太郎シリーズ!
大手競合に果敢に立ち向かう姿勢が、日々市場で戦うマーケターたちの心を打ったのか。2014年の1位のCMとして選ばれたのは、ペプシNEX ZEROの桃太郎シリーズでした。「Forever Challenge/自分より強いヤツを倒せ。」のコピーから伝わる強いメッセージ性と、ハリウッド映画のような世界観のクリエイティブ、実力派人気タレント・小栗旬が桃太郎を演じるという意外性。3拍子も4拍子も揃ったCMに、広告の送り手たちから賞賛の声が集まりました。同CMは、全日本シーエム放送連盟が主催する「ACC CM フェスティバル」でグランプリを獲得。企画・制作はこれまで大和ハウス工業の企業CMやトヨタ自動車「ハリアー」など、数々の話題のCMを手掛けてきたクリエイティブエージェンシー・TUGBOATです。


◆「日本人としての共感度が高い広告」 祝・ユネスコ無形文化遺産登録をテーマにした、味の素の新聞広告が2位
味の素(株)では、ユネスコ無形文化遺産に和食が登録されたのを機に、「祝・ユネスコ無形文化遺産登録」を共通テーマにシンボルマークを制作、新聞広告、雑誌広告、ラジオCM、中吊り広告を使って多面的に展開。新聞見開きの紙面いっぱいに、「黄水仙」「香櫞緑」「ひまわり色」「乳白」など聞きなれない「和色」の名前と「和食」の写真を並べ、「和食は、和色で、できている。」という印象的なコピーと共にその魅力を最大限に伝えました。
味の素 広告ギャラリーURL:http://www.ajinomoto.co.jp/kfb/cm/newspaper/(画像ダウンロード可)

そのほか、3位に選ばれたJR東日本の「行くぜ、東北。」シリーズは2011年から継続して実施している復興支援のためのシリーズ。美しい冬景色に「メールじゃ会えない、レールで会おう。」というコピーに、宣伝担当者からは「コピーが好き。旅=出会いを上手く表現」などとコメントがありました。

4位のLOTO6の柳葉敏郎&妻夫木聡の掛け合いがユニークなCMは、1位のペプシネックスゼロ同様、TUGBOATが制作したもの。5位のNexus 7のCMは生徒にダンスを教えたい小学校の先生が、「Nexus7」を使い練習に励む内容で、「楽しくて踊りたくなってしまうというベネフィットが伝わる」「グーグルという会社が創りたい世の中が明確になる」などと評されました。

6位と7位にはサントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」とソフトバンクのいずれもロングランCMが入賞しています。

【調査概要】2014年に発表になった、TCC賞、ACC CM フェスティバル、ADC賞、広告電通賞、OCC賞、FCC賞、交通広告グランプリ、新聞広告賞、日本雑誌広告賞、フジサンケイグループ広告大賞、朝日広告賞、毎日広告デザイン賞、読売広告大賞、日経広告賞、日本BtoB広告賞、コードアワード、カンヌライオンズ(日本受賞作)、アドフェスト(日本受賞作)の中から、ゴールド(相当)受賞作以上をピックアップしスコア化。その中から、宣伝会議の講座を受講する広告主の受講生にアンケートを実施し、1 戦略性 2 企画性 3 クリエイティブ 4 話題性の4つの観点からベスト3および各カテゴリのベストを選出してもらい、あわせて集計した。


*調査結果の詳細については、『宣伝会議』1月号(12月1日発売)をご覧ください。
*引き続き、次号(12月29日発売2月号)では、「2014年ネットで話題になった広告」について取り上げます。

◆月刊「宣伝会議」とは
1954年、日本初の広告マーケティング専門誌として創刊。広告を中心に販促、PRと企業のマーケティング・コミュニケーション活動を扱う専門誌です。 「マーケティング&クリエイティビティ」をテーマに、最新の理論や手法、事例を紹介。売上の拡大、企業ブランド向上に役立つ知識と情報をお届けします。毎月1日発行/A4版/定価1300円(税込)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社宣伝会議
  4. >
  5. 広告界が選んだ「2014年人気広告ランキング」発表