「コピー年鑑2015」発刊記念トークセッション『ソーシャルグッド!はコピーでつくる』を開催

-おこしやす TCC in ヒカリエ-

東京を中心に日本全国で活躍するコピーライター、CMプランナーで構成される東京コピーライターズクラブ(略称:TCC 会長:仲畑貴志)は、年一度のTCC賞審査会を勝ち抜いた優秀な広告を収録する「コピー年鑑2015」を発刊。その記念のトークセッションを11月27日(金)渋谷ヒカリエ 8/COURTで開催する。「ソーシャルグッド!はコピーでつくる」をテーマに、ここでしか聞けない120分のトークセッション。

 

有名タレントも豪華な映像も大量出稿もなく、言葉の力で人々の意識と行動を変える。商品ではなく思想を売るソーシャル広告はまさに「コピーの原点」と言えるもの。今年の「おこしやす!TCC」ではゲストに東海テレビ「震災から3年-伝えつづける-」シリーズで2015年のTCC賞を受賞された電通中部の都築徹氏と「商店街ポスター展」の仕掛人である電通関西の日下慶太氏、司会にさまざまなソーシャルプロジェクトや著書「Social Design」等で知られる電通の並河進氏をお迎えし、「社会をちょっと良くするコピー」をテーマに、人を動かす言葉づくりの秘訣に迫る。


■日時:2015年11月27日(金)18:30~20:00(18:00開場)

※入場無料(要事前申込・先着予約順・定員80名)

■場所:渋谷ヒカリエ 8階 COURT 東京都渋谷区渋谷 2-21-1 渋谷ヒカリエ 8階
地図はこちらから⇒ http://www.hikarie.jp/access/index.html 

■トークセッションの参加申込先
下記宛にメールでお申込みください。定員になり次第締切ますのでお早めにどうぞ。

申込み先:oksys112301@tcc.gr.jp
* 件名に「おこしやす参加希望」と記入し、本文には次の内容をご記入ください。
・氏名
・メールアドレス
・緊急時連絡先(携帯番号等)
・会社または学校名等
・懇親会参加の有無(20:30以降別会場予定、参加費2000円)
・パネラーへの質問 

【メール一通につき、一名の応募】とさせていただきます。【複数名のお申込みはお受けできません】のでご注意ください。後日、TCCから参加の可否についてメールをお送りいたします。

■出演者プロフィール 
<パネラー>   
都築徹(株式会社電通 中部支社)

都築徹氏

コピーライター/クリエイティブディレクター。1967年生まれ。1990年電通入社。2003年TCC入会。東海テレビ報道部「戦争を、考えつづける」「震災から3年伝えつづける」、マキタ電動草刈機「ニッポンの草刈だ」、イズモ葬祭「最後の挨拶 84歳女性」、FMぐんま特殊詐欺対策キャンペーン「サギ唄」など担当。TCC賞、ACCグランプリ・総務大臣賞、ADC賞、ギャラクシー大賞、消費者のためになった広告コンクール金賞他。




日下慶太(株式会社電通 関西支社)

日下慶太氏

コピーライター。1976年大阪生まれ 大阪在住。2008年TCC入会。ロシアでスパイ容疑で拘束、アフガニスタンでタリバーンと自転車を二人乗りなど、世界をフラフラとしながら電通に入社。コピーライターとして勤務する傍ら、写真家、執筆家、大阪一のアホ祭りセルフ祭の顧問として活動をしている。『商店街ポスター展』を仕掛け、佐治敬三賞を受賞。他、東京コピーライターズクラブ最高新人賞、ゆきのまち幻想文学賞など受賞多数。また、都築響一氏編集「ROADSIDERS' weekly」でも写真家として執筆中。ツッコミたくなる風景ばかりを集めた『隙ある風景』日々更新中。http://keitata.blogspot.jp

<司会>
並河進(株式会社電通)

並河進氏

コピーライター/クリエーティブディレクター。1973年生まれ。2012年TCC入会。電通ソーシャル・デザイン・エンジン代表。ユニセフ「世界手洗いの日」プロジェクト、祈りのツリープロジェクトなど、ソーシャル・プロジェクトを数多く手掛ける。DENTSU GAL LABO代表。東京工芸大学非常勤講師。受賞歴に、ACCシルバー、TCC新人賞、読売広告大賞など。著書に『しろくまくんどうして?』(朝日新聞出版)、『ハッピーバースデイ 3.11』(飛鳥新社)、『Communication Shift 「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ』(羽鳥書店)他


※開始時刻直前になりますとお席をご用意できない場合もございますので予めご了承ください。
※諸事情によって、パネラーおよび司会者が、急遽参加できない場合、または変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

■「およみやす!TCC in 表参道」も開催中!
いつもはTCC会員のみ利用できるクラブハウスが、この秋、ちいさな図書室になって、一般に開放される。1963年の創刊号から全53冊のコピー年鑑が、会員の思い入れあるコメント帯を巻いて展示、閲覧可能なほか、TCCの貴重な蔵書、汐留広告図書館で開催した12名のコピーライターによる「コピーライターの本棚」展を出張展示。絵本から広告論、小説まで豊かなジャンルの愛蔵書をお見逃しなく!

およみやす会場2

日程 :11月5日(木)~11月17日(火)11:00~19:00

場所 :TCCクラブハウス(渋谷区神宮前5-7-15) 入場料:無料(事前申し込み不要)
※イベント限定の特典として、コピー年鑑2015を特別価格で販売!

■「コピー年鑑2015」について
“コピーで選ぶ”日本唯一の広告賞「TCC賞」。2015年は、一倉宏審査委員長をはじめ総勢136名の会員の互選で選ばれた審査委員により、審査が行われた。その結果、グランプリ 1作品、TCC賞 11作品、最高新人賞 1名、新人賞21名、そして審査委員長賞2名を選出。本書にはキャッチフレーズ、ボディコピー、ネーミング、そしてテレビ・ラジオCMやWebムービーのナレーションまで、1000点を超える日本のコピーを収録。今年ホール・オブ・フェイムの仲畑貴志氏の特集ページや、特別企画として「グランプリオブグランプリ」を収録。1983年にグランプリが制定されて以降の作品の中から現役コピーライター280名強がグランプリの中のグランプリを1点投票。それにより選ばれた作品の制作者による座談会も収録。見応え、読み応えたっぷりの年鑑になっている。

■主催 東京コピーライターズクラブ・宣伝会議
■お問い合わせ 東京コピーライターズクラブ事務局(佐藤・矢間) TEL 03-5774-5400
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東京コピーライターズクラブ
  4. >
  5. 「コピー年鑑2015」発刊記念トークセッション『ソーシャルグッド!はコピーでつくる』を開催