デリケートゾーン用洗浄料の使用率が、2年で2倍に拡大! お手入れ女子が増加中!

~「デリケートゾーンのお手入れは当然!」の時代がくる?~

クラシエホームプロダクツは、最近注目されている「デリケートゾーン」のみだしなみに関する意識調査を
実施しました。
■デリケートゾーン用のボディウォッシュ使用率は2倍に増加!
■半数以上が「デリケートゾーンの悩みはWebサイトで調べる」!
■症状が悪化した時は「婦人科」へ相談!
【調査内容】
■調査対象  全国の20歳~59歳の女性2406名
■調査期間  2014年3月5日~3月10日
■調査方法  インターネット調査

デリケートゾーン用のボディウォッシュ使用率は2倍に増加!
「デリケートゾーン用洗浄料の使用率」は、2.4%⇒4.7%と、この2年で96%伸長しており、使用率は倍増しています。さらに、使用経験率も、4.9%⇒8.0%と63%拡大。特に20代の現在使用率は、3.5%⇒7.5%と 214%と大幅に拡大しています。


半数以上が「デリケートゾーンの悩みはWebサイトで調べる」!
トラブルが気になった場合は「Google・Yahooなど検索エンジン」が50.0%、「悩み相談サイトなど」が25.0%、医療関係者への相談が19.2%と、半数以上の女性が、気になる情報を「Webサイト」から収集しています。

症状が悪化した時は「婦人科」へ相談!
トラブルを解消するには、婦人科を受診する人が80.4%と圧倒的です。

<まとめ>

海外ではデリケートゾーンのケアは一般的ですが、日本では発展途中の市場です。
クラシエでは昨年「ヴィフェミィ」ブランドを発売し、半年で売上2.5倍(当社調べ:2013年8-10月/2014年2-4月:金額ベース)と拡大中ですが、活動的な女性の増加や、みだしなみ意識の高まりを考慮すると、エチケット市場の拡大が予想され、それに伴い「デリケートゾーン商品市場」もさらなる伸長が想定されます。

また「Webサイトで調べる」回答の多さからも、「デリケートゾーンの悩み」はまだまだ他人に相談しづらいといえますが、スマートフォンユーザーの増加など、情報収集も手軽になり、日本の女性にとっても「デリケートゾーンケアが当然」という時代が、すぐそこまで来ているのではないでしょうか。


ヒリヒリしない、しっかり洗える、“低刺激なデリケートゾーン用ウォッシュ”
「ヴィフェミィ(VIfemy)」


【商品特長】
◆ヒリヒリしない、しっかり洗える、“低刺激なデリケートゾーン用ウォッシュ”
うるおい残して汚れをしっかり落とし、ニオイやかゆみもスッキリ
◆中身は透明・無着色、弱酸性のジェル状洗浄料
・植物性乳酸菌(保湿成分)
・ナチュラルアミノ(天然由来うるおいケア成分):クラシエ独自処方
 ナチュラルアミノ:グリコシルトレハロース、アセチルグルコサミン
・緑茶エキス(整肌成分)  ・グリチルリチン(保湿成分) ・ヒアルロン酸(保湿成分) 配合。
◆アレルギーテスト実施済み。(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません)
◆気分や好みで選べる3タイプ

ローズマリーの香り
ローズマリーのナチュラルで爽やかな香り。ブルーな日も気持ち良く過ごせます。

ラベンダーの香り
落ち着きのあるラベンダーの香り。リラックスした気分へと導きます。

無香料
香りが残らず、素肌感覚がさわやかです。

左から「ローズマリーの香り」「ラベンダーの香り」「無香料」

【webサイト】 http://vifemy.com/
【販売チャネル】
インターネット  : アマゾン、コスメコム、爽快ドラッグ、ケンコーコム
バラエティストア:  ロフト、ショップイン、イオンボディ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. クラシエホームプロダクツ株式会社
  4. >
  5. デリケートゾーン用洗浄料の使用率が、2年で2倍に拡大! お手入れ女子が増加中!