インシデントレスポンスパートナープログラムを新設 ~ 第一号として、サイトロックと提携 ~

セキュリティインシデントに直面している企業に速やかにインシデント対応サービスを提供するための「インシデントレスポンスパートナープログラム」を新設し、パートナー第一号として、サイトロック社提携したことを発表します。
情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎、以下カスペルスキー)は本日、セキュリティインシデントに直面している企業に速やかにインシデント対応サービスを提供するための「インシデントレスポンスパートナープログラム」を新設し、パートナー第一号として、ビットアイル・エクイニクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:古田敬)のグループ会社であるサイトロック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長:天野信之、以下サイトロック)と提携したことを発表します。

昨今、日本においても企業へのサイバー攻撃による被害が増加の一途をたどっており、業種や規模を問わず標的になる状況におかれています。多くの企業では、インシデントに適切に対応できる担当者や専門家が不足しており、インシデント対応を提供できるサービスプロバイダーの数も十分とは言えません。カスペルスキーのインシデントレスポンスパートナープログラムは、パートナーとカスペルスキーがチームを組み、共に活動することで、被害企業へのセキュリティインシデントの対応窓口を増やし、迅速なサービスを提供することを目的としています。

本プログラムのパートナー企業は、カスペルスキーが提供するトレーニングを受講したエンジニアを配置し、認定を得る必要があります。認定後はカスペルスキーの全面的な支援を受けながら、被害企業に対してセキュリティインシデントへの初動対応、影響範囲や原因の調査、マルウェアの特定と駆除、再発防止に向けた提言などのサービスを提供し、さらにセキュリティ強化に向けた提案を行うことが可能になります。

サイトロックの取締役社長 吉元敏氏は、このたびの提携について、次のように述べています。「カスペルスキーのインシデントレスポンスパートナーとなったことで、これまでカスペルスキーがサイバー攻撃を発見、調査・分析する中で蓄積してきたインテリジェンスを活用し、お客様が直面しているセキュリティインシデントに迅速に対応することができます。また、再発防止に向けた提案も可能なため、お客様の事業継続をセキュリティ面でバックアップいたします」

カスペルスキーの代表取締役社長 川合林太郎は、次のように述べています。「弊社は『IT上の脅威から世界を守る』という企業理念の下、日々、製品開発やインシデントの調査・分析を行っています。インシデントレスポンスパートナーの数を増やすことで、お客様のセキュリティインシデントに速やかに対応すると同時に、より強固な体制を構築し、日本全体のセキュリティレベルの向上に貢献いたします」

カスペルスキーは2016年中に、インシデントレスポンスパートナーを日本全国で10社に拡大することを目指しています。

■ 参考サイト
カスペルスキーインシデントレスポンスパートナー
http://www.kaspersky.co.jp/partners/profitable-partners/#irp
(2016年2月9日 午後5時 公開予定)

■ Kaspersky Lab について

Kaspersky Labは、世界最大の株式非公開のエンドポイント保護ソリューションベンダーです。ITセキュリティ市場におけるイノベーターとして、大企業から個人ユーザーまで幅広いお客様に効果的なITセキュリティソリューションを提供しています。現在、世界中のおよそ 200の国と地域で事業を展開し、全世界で4億人を超えるユーザーをIT上の脅威から保護しています。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カスペルスキー
  4. >
  5. インシデントレスポンスパートナープログラムを新設 ~ 第一号として、サイトロックと提携 ~