APRESIA Systemsが企業向けAPRESIAの新シリーズを開発

-ApresiaNP2000シリーズ2機種の販売を2017年2月上旬より開始-

APRESIA Systems株式会社(以下、「APRESIA Systems」)はこのたび、企業ネットワークやデータセンター向けイーサネットスイッチAPRESIAシリーズの新製品として、ApresiaNP2000シリーズを開発し、2機種を、2017年2月上旬より日本国内にて販売開始する予定です。
ApresiaNP2000シリーズは、幅広い用途でお使いいただける10/100/1000BASE-Tのインターフェースを多数備えており、企業ネットワークやデータセンターのエッジスイッチとして最適です。また、SDN(OpenFlow※1)、スタック機能、ループ障害検知機能(ループお知らせブザー付き)、ネットワーク認証機能、運用管理保守機能(EthernetOAM)、リング冗長機能(G.8032)などを、手頃な価格で提供します。

 


また、すでに販売を開始しているApresiaNP7000シリーズ、ApresiaNP5000シリーズと組み合わせることにより、設計から構築、運用管理を効率よく進めることも可能になります。
これからもAPRESIA SystemsではAPRESIAシリーズのラインアップを拡充し、お客様の様々なニーズに応えてまいります。
 

ApresiaNP2000-24T4X

ApresiaNP2000-48T4X


*1  OpenFlowは、将来対応予定です。
*  APRESIAは、APRESIA Systems株式会社の登録商標です。
*  イーサネット、Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*     OpenFlowは、オープン ネットワーキング ファンデーションの登録商標です。
*  掲載されている製品は、改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。

以 上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. APRESIA Systems株式会社
  4. >
  5. APRESIA Systemsが企業向けAPRESIAの新シリーズを開発