「あなたのことは、好きだ。」―今年1年分の広告を、統計から「一行」に集約。『広告コピービッグデータ解析2015』発表

東京コピーライターズクラブ(以下TCC)は、一年間の広告に使用されたキャッチフレーズすなわち「広告コピー」を集約し、高頻度で登場した単語に関する統計を分析、その内容を『広告コピービッグデータ解析』として発表した。
年末に近づくにつれ、さまざまな「今年を代表する◯◯」が発表される。ブレイクした芸人のネタやバカ売れした商品など、それらはどこかその年の世相を示すことが多い。 

そこで、2015年TCC賞の選考対象となった広告コピー8,119件を自然言語解析にかけ、「最も多く見られる広告コピーは8単語によるもの」との結果を得た。さらに語順・品詞別頻出単語トップ10から、文章が成立する単語を選出して浮き上がってきたのが下記の一行。2015年広告コピーの「平均値」と言えるだろう。
 


なお、語順・品詞別頻出単語トップ10一覧は次のとおり。


品詞別の頻出単語の特徴としては、名詞の場合「人」「私」「あなた」が上位を占める。TVやラジオのCMといった映像・音声では「あなた」より「私」、グラフィック系のコピーは「私」より「あなた」の方が、それぞれ出現回数が高い。動詞の場合「する」「なる」「ある」が不動のトップ3で、その下に「言う」「思う」「見る」「行く」が並ぶ。「〜する」の特徴的な組み合わせは「応援する」「結婚する」「想像する」など。形容詞の場合「いい」「ない」「おいしい」が登場し、「悪い」や「のろい」といったネガティブなワードも多く見られた。



 ■「あなたのことは、好きだ。」
こうした解析結果をふまえて、あらためて今年の広告集約のこの一行を見てみると、広告表現は不特定多数の「誰か」への発信から、より他の誰でもなく選ばれた「あなた」に向けて語りかけるものになってきているとも言える。 
「あなたのことは、好きだ。(でもあなたのこういうところが〜〜)」と、あとに続く言葉は決して心穏やかな内容ではなさそうだが、そこがかえって今年の世相や大衆の気分とリンクしていそうな結果を示したのは、なんとも皮肉な話である。年末年始、身近な人々と一緒に過ごす機会の多いこの時期に「あなた」なら「私」にどんな言葉を続けるのか、話に花を咲かせてみてはいかがだろうか。

■TCC(東京コピーライターズクラブ)紹介
東京を中心に日本全国で活躍するコピーライターやCMプランナーの団体。毎年4月、前年度に実際に使用された広告の中から、優秀作品を選出。その制作者を「TCC賞」受賞者として発表し、秋に受賞作品のほか優秀作品を掲載した「コピー年鑑」を発行。ことばを専門とするスタンスから、日本の広告界のコミュニケーション技術の向上を牽引している。
公式HP: http://www.tcc.gr.jp/

■かっこ株式会社紹介
かっこ株式会社は「ちょっとだけ未来の判断材料を提供するビッグデータカンパニー」。
インターネットにおける取引内容をリアルタイムに審査するシステム「O-PLUX」をはじめ、政府統計、インターネット、ソーシャルメディア上にあるオープンデータと、クライアント保有のデータとの関係を明らかにするコンサルティング事業や、サービス開発を統計解析の手法を用いて提供している。
かっこ株式会社HP: http://cacco.co.jp/
広告コピービッグデータ解析調査結果: http://cacco.co.jp/findings/tcc_analysis
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東京コピーライターズクラブ
  4. >
  5. 「あなたのことは、好きだ。」―今年1年分の広告を、統計から「一行」に集約。『広告コピービッグデータ解析2015』発表