【ジェクス】東京ガールズコレクション2016にてブース出展とサンプリングを実施

女性に優しいコンドームブランド 「グラマラスバタフライ」がSTOP AIDSを啓発!!

女性に優しいコンドームブランド
「グラマラスバタフライ」がSTOP AIDSを啓発!!
東京ガールズコレクション2016にて
ブース出展とサンプリングを実施
http://www.jex-inc.co.jp/

 ジェクス株式会社(本社:大阪市中央区谷町、代表取締役:辻 正照、以下:ジェクス)は、『第22回東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER』(以下TGC)にてブースを出展し、女性に優しいコンドーム「グラマラスバタフライ」のサンプリングを実施いたしました。
  

 

 TGCは、「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションイベントです。ジェクスでは、鈴木奈々さんを応援委員長とし、コンドーム使用による感染リスクのない“LOVE”を応援する啓発活動「ラブ活」を実施しており、TGCのファッション感度の高い来場者とターゲット層がマッチングしていることから、ブースを出展いたしました。

  当日は、コンドームや性感染症に関心を持っていただくためのパネル掲示や、女子トイレを広告ジャックし、
本商品のサンプル設置、お土産袋のサンプル提供を行いました。その他、ブースで撮影した写真をSNS投稿して参加できる抽選会も実施いたしました。

 今後もジェクスは、性に関する正しい情報をとどける啓発活動のみならず、性と正しく向き合える幸せな社会づくりに貢献してまいります。

■当日の様子
当日は、約300名の方が啓発ブースの前で撮影を行い、SNSに投稿する抽選会にご参加くださいました。
参加者のみなさまにコンドームの使用する大切さを広めていただき、多くの方に性への正しい知識について関心を持っていただけた一日となりました。
また、ラブ活応援委員長である鈴木奈々さんの後輩のヴィエンナさんも応援に駆けつけてくれました。
 

 

■「グラマラスバタフライ」シリーズについて
SEXの若年化と言われているなか、「正しい避妊」や「コンドームの必要性」などの情報は若年層になかなか届いていないのが現状です。コンドームの準備に関しては、相手の男性まかせにしているケースがほとんどですが、実際は、女性の方がリスクが高いということに関して認識が低いといえます。そこで、若年層の女性が自分自身の身を守るためのコンドームとして「グラマラスバタフライ」シリーズを開発いたしました。2007年に発売以降、女性向けコンドームカテゴリーで売上No.1を誇っています。

 ■「ラブ活」とは
「ラブ活」とはジェクス商品の「グラマラスバタフライ」発信で、コンドームを正しく使用し、男女が性と正しく向き合うことを啓発する活動です。お互いの心とカラダを思い合える、幸せなLOVEを広げる目的で2013年より鈴木奈々さんが応援委員長を務めています。

 
■ジェクス株式会社
名         称:ジェクス株式会社                                                                                  
U    R    L :http://www.jex-inc.co.jp/
設         立:昭和35年12月7日
資   本   金:3億円
代         表:代表取締役 辻 正照
所   在   地:〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目3番12号
事 業 内 容:医薬部外品・医療機器・化粧品・育児用品・生活関連用品等の製造販売
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジェクス株式会社
  4. >
  5. 【ジェクス】東京ガールズコレクション2016にてブース出展とサンプリングを実施