「宇田川カフェ」系列を手がけるLD&Kの新店舗、”地産地消”を推進する炭火焼ジビエ専門店『焼山本店』が3/25(火)大分・都町にオープンします。

『狩猟』によって捕獲されたシカやイノシシなど低カロリー・高タンパク・鉄分など栄養豊富な野生鳥獣の食肉と、一品料理・焼酎や日本酒も大分産にこだわり提供いたします。

『宇田川カフェ』系列を手がけるLD&Kの新店舗、”地産地消”を推進する炭火焼ジビエ専門店『焼山』本店が3/25(火)大分・都町にオープン。
『狩猟』によって捕獲されたシカやイノシシなど低カロリー・高タンパク・鉄分など栄養豊富な野生鳥獣の食肉と、一品料理・焼酎や日本酒も大分産にこだわり提供いたします。
地元大分の農村地帯に被害を及ぼす害獣の駆除から、地元での消費を目的とし、これまで大分県内に無かったジビエ専門炭火焼店を出店致します。

 

この度、渋谷カフェブームの火付け役「宇田川カフェ」をはじめ様々な飲食業態を展開する株式会社LD&Kは、
全国25店舗目として炭火焼ジビエ専門店『焼山 本店』を大分・都町にオープン致します。


ジビエとは、フランス語で『狩猟』によって捕獲されたシカやイノシシなどの野生鳥獣の食肉のこと。

地元大分の農村地帯に被害を及ぼす害獣の駆除~地元での消費を目的とし、これまで大分県内に無かったジビエ専門炭火焼店を出店致します。
 

2016年2月にオープンし既に数々のメディアでも取上げられているジビエ専門炭火焼店「焼山 中目黒店」に続き、”地産地消”の現場、大分に満を持してのオープンとなります。


「焼山」が既存のジビエを扱うお店と一線を画すのが、大分県・湯布院に設立する「九州狩猟肉加工センター」の存在です。

九州中から集めた狩猟肉を、畜産の牛や豚でなされているような衛生的な生産ラインを通し効率的に食肉加工するため、品質の良い狩猟肉を適正価格でご提供することが可能となります。

 



ジビエ肉は低カロリー・高タンパク・鉄分などの栄養も豊富で、

その成分にも注目が集まっています。

使用肉は鹿(シカ)・猪(イノシシ)・穴熊(アナグマ)などをメインに、

時期により鴨(カモ)・雉(キジ)・鵯(ヒヨドリ)・鶉(ウズラ)など野鳥のご提供を予定しています。
また中目黒店で非常に好評をいただいております『鴉(カラス)』を常時提供いたします。

 

              <店舗で提供するカラスや野鳥のサンプル画像>

 

更に、ジビエの煮込み等の一品料理や焼酎・日本酒なども大分県産商品にこだわりご提供致します。

観光や出張でお越しになられる方には「ここでしか食べられない体験」をご提供できるように、
さらには地元の方々からも末長く愛されるお店となり、
ジビエが新たな地元名産として認められるよう精進して参ります。

 

【『焼山』本店 店舗概要】
オープン日:3/25(金)

店舗名:炭火焼ジビエ「焼山 本店」
営業時間:18:00~2:00
定休日:日曜
※月曜日が祝日の場合は日曜日営業、翌月曜日が休業となります
住所 870-0034    大分県大分市都町二丁目4-4 1F
電話番号 097-578-7929
HP:http://www.yakiyama.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社LD&K
  4. >
  5. 「宇田川カフェ」系列を手がけるLD&Kの新店舗、”地産地消”を推進する炭火焼ジビエ専門店『焼山本店』が3/25(火)大分・都町にオープンします。