寺田倉庫と誠勝、貴重書籍のデジタル化・保管サービス「T-Archive」 の提供を開始

寺田倉庫と株式会社誠勝は、2015年12月22日より、日本古来の文献といった貴重な文書、書籍を裁断せずにデジタル化し、運用、管理、原本保管する新サービス「T-Archive(ティー・アーカイブ)」の提供を開始いたします。
寺田倉庫(東京都品川区 社長執行役員:中野 善壽)と株式会社誠勝(東京都新宿区 代表取締役:山本 大視)は、2015年12月22日より、日本古来の文献といった貴重な文書、書籍を裁断せずにデジタル化し、運用、管理、原本保管する新サービス「T-Archive(ティー・アーカイブ)」の提供を開始いたします。

「T-Archive」は、保管するものの本質を学び、極めて最適な条件で保存・保管する事業を展開する寺田倉庫と、年間 100 万ページにおよぶ貴重書籍のデジタル化を行い、クラウド上でデータ管理できるデジタルアーカイブシステムを保有する誠勝の業務提携により誕生。書籍を裁断しない高度なスキャニング、高精細拡大機能、閲覧・共有環境の設定が可能なアーカイブシステム、原本保管までをワンストップで提供いたします。また、来春をめどにシステムの英語対応、公開可能なデータをスマホより閲覧できるアプリを拡充予定です。両社は本サービスを通じて貴重書籍や重要文化財の価値を未来に繋ぎ、文化、芸術の発展に貢献することを目指します。

【T-Archiveサービス概要】

T-Archiveは、書籍を裁断せずにデジタル化し、クラウド上でデータ管理、最適な環境で原本を保管することで、日本古来の文献といった貴重な文書、書籍を永続的に保管・活用するためのサービスです。ワンストップ提供で効率化を図り、スピーディーかつ適正な価格を実現します。
①裁断しない高度なスキャニング技術
貴重書のデジタルアーカイブ用に開発され、国立国会図書館電子化プロジェクトにも採用されている「オーバーヘッド型スキャナー」を使用。書籍を裁断・分解することなく、最高品質のスキャニングが可能です。
②デジタルアーカイブシステムの提供
デジタル化した資料の保存・閲覧・共有環境を利用シーンに合わせて運用できるデジタルアーカイブシステムをご提供します。
このシステムはコンテンツを高精細に拡大でき、WEBで簡単に自社内のみ、一般公開といった設定が可能です。
③貴重書籍の原本保管
保存・保管のノウハウを活かし、書籍が傷みにくくセキュリティの万全な環境で、安全に貴重書籍をお預かりします。また、預けていただくことで、お客様のスペースが有効活用できるようになります。
ウェブサイト:http://t-archive.terrada.co.jp/ja/(2015年12月25日より公開予定)
【会社概要】
社   名:寺田倉庫(Warehouse TERRADA)
事業内容:保管保存業、不動産業
代 表 者:社長執行役員 中野 善壽
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10
設    立:1950 年 10 月
U  R  L : http://www.terrada.co.jp/ja/ 

社   名:株式会社誠勝
事業内容:デジタルアーカイブ構築業務
代 表 者:代表取締役/デジタルアーキビスト 山本 大視
所 在 地:〒162-0055 東京都新宿区余丁町 11-5 藤井ビル 2 階
設     立:2012 年  
U  R  L : http://sei-syou.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 寺田倉庫
  4. >
  5. 寺田倉庫と誠勝、貴重書籍のデジタル化・保管サービス「T-Archive」 の提供を開始