体験者10万人超にして初“生還者”現る! 超難関『バイオハザード・ザ・リアル』

~新シューティング型サバイバルホラー・アトラクション期間限定開催中~

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが2013年7月19日(金)に期間限定アトラクションとしてオープンし、その超高難易度も話題となっている『バイオハザード・ザ・リアル』に、オープンから22日目の本日11時40分頃、初めての“生還者”が現れました。これまでの総体験者数は10万人を超え、連日ゲストでにぎわう超人気アトラクションとなっています。
main image

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

 

銃を手に、ありえないほどのスリルと生き残りをかけた緊迫感を体験し、ゾンビによるウィルス感染から無事に初生還したのは4名。京都府から遊びに来た女性(19歳)は、「初生還者になれてうれしい。喉が枯れるほど叫んだ。銃で撃つとか、感染していくとか、これまでにないリアルな体験」、千葉県在住の女性(19歳)は「ゾンビが出てきたら撃ちまくりました。弾が切れてしまったので、一緒になった男性に撃ってくれるよう頼みました」と興奮冷めやらぬ様子で語りました。「恐怖感と緊張感の中で、ゾンビが何度も襲ってくるところが難しい。生還のポイントは“みんなで生還しよう”というチームワークだと思います」(大阪府在住・男性15歳)。

 

『バイオハザード・ザ・リアル』 アトラクション概要 
開催期間 / 2013年7月19日(金)~2013年11月10日(日)※9月9日~9月12日は休止。9月13日以降は金~月、祝、10/31の

開催場所 / ニューヨーク・エリア内 パレスシアター

利用制限 / R12(未就学児・小学生利用不可)

体験時間 / 約5分~約10分(※プレイヤーにより異なる)

アトラクション構成 / ステージ1、ステージ2(最終ステージ)の全2ステージ構成のウォークスルー形式アトラクションゲストは店員から銃と感染度がわかるインジケーターを受け取り、恐ろしいゾンビやクリーチャーに挑戦する。
【ステージ1】:R.P.D.ルートとHospitalルートの全2ルートに振り分けられる。ルートの選択は不可。
【ステージ2】:ステージ1を無事クリアしたゲストは、ステージ2のアンブレラ社研究所で最後の闘いに挑む。

ストーリー / 荒廃したラクーンシティで、銃を受け取り、生死をかけた脱出を開始。ゾンビやクリーチャーと闘う中、感染度数はみるみる上昇し、残弾数は急速に減少。ウィルスに感染せずに生き残れる確率は“ほぼ0%”。

エクスプレス・パス / この夏グランドオープンした世界最高映像技術「4KHD×3D」を搭載した「NEW アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」を含むエクスプレス・パスに、「バイオハザード・ザ・リアル」を加えたエクスプレス・パス「ブックレット8」(5,600円)と「ブックレット5」(3,900円)を販売します。
【販売場所】:オフィシャルWEBサイト、パーク内ショップ「バックロット・アクセサリー」

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ユー・エス・ジェイ
  4. >
  5. 体験者10万人超にして初“生還者”現る! 超難関『バイオハザード・ザ・リアル』