ロンジンがJRAとのパートナーシップ契約を更新 ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第35回ジャパンカップ(GⅠ)(国際招待)を発表

東京(日本)/サンティミエ(スイス)、- ロンジンは日本中央競馬会と共同で、2015年11月29日に東京で開催されるジャパンカップについて、ロンジンのパートナーシップ契約更新を発表します。この契約の一部として、ロンジンはレースの公式パートナー、公式タイムキーパー、および公式時計となり、今年はロンジン エレガンスアンバサダーであるアンドレ・アガシが出席します。ロンジンはさらに、最もエレガントな女性に与えられる、ロンジン エレガンス賞のコンテストで、エレガンスとスタイルを称えます。
ロンジンは日本中央競馬会と共同で、ロンジンがジャパンカップのパートナーシップを務めることについて、契約更新を発表。これにより、ロンジンは再び、2015年11月29日、日曜日に開催されるこのレースの公式パートナー、公式タイムキーパー、および公式時計となります。その折、ロンジン エレガンスアンバサダーであるアンドレ・アガシを東京に迎えることは、ロンジンにとって大変光栄です。さらに、ロンジンのブランドカラーであるブルーの衣装を身に付けた、最もエレガントな女性にロンジン エレガンス賞が与えられます。

1981年に創設され、今回、ロンジンのパートナーシップのもと開催されるジャパンカップは2400メートルの芝コースで行われる3歳以上の競走馬を対象とした国際G1レースです。当日行われるこの最も重要なレースにちなんで、開催日の正式名称が決定されました。この国際的に重要な乗馬イベントに参加できることは、ロンジンにとって大きな栄誉です。

ロンジンがパートナーを務めるジャパンカップは、公式時計としてロンジン マスターコレクションの良さを理解していただく、最高の機会になります。3世紀にわたって積み重ねてきた、時計製造の専門知識と経験がロンジン マスターコレクションを支えています。この時計は、本質的な質の高さと均整のとれたデザインがもたらすスタイルで有名です。ロンジン マスターコレクションの時計は洗練されたシルバーの文字盤にクロノグラフとムーンフェイズのディスプレイ、ステンレススティールのケースと自動巻にメカニカルムーブメントが見えるシースルーのケースバックを装備しています。
 
ロンジンは1世紀以上にもわたり乗馬スポーツのパートナーとなってきました。今日におけるロンジンと乗馬界との関わりはフラットレース、障害馬術、総合馬術競技、エンデュランス競技に及びます。
 
ロンジンは、ロンジン ディアヌ賞、カタール凱旋門賞、ロイヤル アスコット、ロンジン香港国際競走、ロンジン シンガポール ゴールドカップ、ドバイワールドカップ、ロンジン提供アミル殿下トロフィー、ロンジン クイーン エリザベス ステークス、メルボルン カップ カーニバル、ロンジン バーデン大賞、ブリーダーズカップ、ロンジン ケンタッキー オークス、三冠のひとつであるケンタッキーダービー、南米ロンジン グラン プレミオといった世界で最も権威あるレースのパートナーを務めていることから、このパートナーシップによってフラットレースにおけるロンジンのプレゼンスはさらに高まります。

ロンジンはまた、国際競馬統括機関連盟(IFHA)の公式パートナー兼公式時計でもあり、「ロンジン ワールドベストレースホースランキング」、「ロンジン ワールドベストレースホースタイトル」のほか、「ロンジン ワールドベストジョッキー賞」にブランド名をつけています

1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。「翼の砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチ マニュファクチュア スウォッチグループのメンバーであり、現在、140カ国以上でビジネスを展開しています。
 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ロンジン事業本部
  4. >
  5. ロンジンがJRAとのパートナーシップ契約を更新 ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第35回ジャパンカップ(GⅠ)(国際招待)を発表