ゲインキャピタルによるシティインデックス買収 および「第3四半期決算(速報値)」の発表

・本買収により、入金済口座数は23万5000を超え、顧客資産額は12億ドル、年間取引高は3.1兆ドルとなり、FX/CFD取引におけるグローバルリーダーが誕生する。
・ゲインキャピタルのリテール取引は本買収により大幅な規模の拡大が見込まれる。
・今後2年間で、両社統合のシナジー効果により、4,500万ドル~5,500万ドルの業績への寄与を見込む。
・2014年度第3四半期の営業収益は、過去最高の69%増の1億300万ドルを見込む。
・調整済EBITDA(税引前利益に特別損益、支払利息および減価償却を加算した値)は、120%増の2,660万ドルを見込む。調整済EBITDAマージンは、26%を予想。
・純利益は1,470万ドル、1株当たり利益は0.32ドルを見込み、前年の数字(純利益560万ドル、一株当たり利益0.14ドル)から大幅に増加。

GAIN Capital Holdings, Inc.(所在地:ニュージージー州 ベッドミンスター、ニューヨーク証券取引所上場、以下「ゲインキャピタル」)は本日、CFD取引に特化した先進のオンライン取引会社であるCity Index (Holdings) Limited(以下、「CI」)を買収することで最終合意したと発表した。買収合意金額は約1億1,800万ドル、購入価格はバランスシート上の現金3,600万ドルを含め、総額8,200万ドルとなる見込みである。

ゲインキャピタルとCIの統合により、リテールFXのグローバル・ブランドであるゲインキャピタルの「FOREX.com」と、プレミアCFD並びにスプレッド・ベットの「シティインデックス」という、2大ブランドを組み合わせたオンライン取引のグローバルリーダーが誕生する。統合後の新会社は、180ヶ国に及ぶ235,000の顧客にサービスを提供し、年間取引額は3兆ドルを超えると見込まれる。

「CIの買収は、当社の成長戦略を飛躍的に進化させ、リテール取引の規模を拡大し、取引テクノロジー開発の戦略的イノベーションに繋がると確信しています」と、ゲインキャピタルCEO のグレン・スティーブンスは述べている。また、「この統合により、FXのリテール取引が61%を占め、残り39%を個別株、株価指数、商品先物などのCFD取引およびスプレッド・ベッティング(英国)が占めるという均整のとれた業務バランスとなります。私たちは、この統合により世界の主要市場でCIブランドを活かし、CIと協働し、顧客のために卓越した取引環境を提供できるでしょう」と期待を膨らませている。

「今回の統合は、リテール取引中心のCIの30年に亘る歴史上、画期的な出来事です」と、CI 会長兼最高責任者マーク・プレストンは語っている。さらに続けて、「ゲインキャピタルの世界に類を見ないグローバルFX取引でのリーダーシップと、すでに世界で認知されているCIのCFDブランドが連携することで、更なるワールドクラスの業界リーダーが誕生することになります。即ち、我々の顧客に対して二社が生み出すスケール感と知見に基づいた究極の取引環境を提供できることを意味しており、CIの経営者とスタッフにとってもグローバル・ビジネスへと発展する好機会になります」と述べている。

CIは、1983年にロンドンで英国初のスプレッド・ベット会社の一社として創設された。現在、CFD並びにスプレッド・ベット分野におけるグローバルなリーディングカンパニーに成長しており、10,000種類以上の個別株、株価指数、FX、商品先物、債券などのCFDやスプレッド・ベットを提供している。CIは、ICAP plc創始者であり最高責任者であるマイケル・スペンサーの資産管理会社のIPGL社が保有している会社である。「私は、皆に恩恵をもたらす本取引において合意に至ることができ、たいへん嬉しく思います。ゲインキャピタルは極めて優れた企業であり、保有する取引商品群や多種多様なサービスをグローバルな基盤で活用することにより、CIをより高いレベルのビジネスに飛躍させる機会と捉えています。二社の相乗効果によって顧客および出資者に対し大きな価値を生み、ゲインキャピタルをFX/CFD業界におけるさらなるリーダーへと押し上げると確信しています。一方、このことが、IPGL社がより積極的に、更なる成長と発展のために長期的視点を持ってビジネスへの投資ができる最新の好事例であると思います。」とスペンサー氏は述べている。

CIの2014年9月までの12ヶ月の業績は、営業収益1億2,480万ドル、調整済EBITDAは1,070万ドルであった。また、入金済リテール口座は104,000口座、顧客資産は2014年9月末時点で3億4,400万ドルであった。

両社あわせた顧客資産の概算は、12億ドルとなる見込みである。また、2014年9月までの12ヶ月の営業収益および調整済EBITDAは、それぞれ4億6,200万ドル及び6,100万ドルとなる見込み。ゲインキャピタルにおける、本買収による営業費用へのシナジー効果は、直近12カ月の費用を勘案したうえで、4,500万ドル~5,500万ドルに及ぶことが判明している。これらの数字は、本件買収が最終的に統合化される今後18ヶ月~24ヶ月後から効果が出てくるものと想定しているが、前倒しで買収後の2014年第4四半期からも増加傾向で効果は出てくると予測している。

本買収は、ゲインキャピタルが2013年9月に実施した、約4,000万ドルのコスト・シナジーを見込めるGFT社の買収の成功に続くものとなる。

CIの顧客は、引き続き従来通りの口座管理、取引が可能だが、二社の統合が完了次第、サービス内容に関する詳細情報を受け取ることになる。

買収取引額諸条件について
本買収価格として、現金2,000万ドル、約530万株のゲインキャピタルの株式と6,000万ドル相当の転換社債の発行が見込まれている。合計買収額、1億1,800万ドルの内訳として、2014年9月30日付CI簿価評価額に2,800万ドルのプレミアムを上乗せした金額が入っている。

なお、2014年9月30日時点で計上されている現金3,600万ドルに加えて、CIは6,500万ドルの営業損失が計上されており、これは買収手続き終了後もキャリーオーバーされることになっている。

当該買収については、ゲインキャピタル株主と当局の承認、顧客契約の終了が必要となる。本取引は、2015年第1四半期に終結する見込みである。

Jefferies LLCがゲインキャピタルへ単独金融アドバイザーを務めた。KBWは、IPGLへの金融アドバイザリーを務めた。Davis Polk & Wardwell は、ゲインキャピタルへの米国法および英国法に関する法務アドバイザリーを務めた。MacfarlanesはIPGL及びCIに対する英国法に関するアドバイザー役、Kirkland & Ellisは、同社に対する米国法に関するアドバイザー役を務めた。

CI社買収に関する説明会について
ゲインキャピタルは、本日、2014年10月31日(金)午前8時米国東部時間に説明会を開催する。
電話会議への参加方法:
米国 +1-866-652-5200
米国外海外 +1-412-317-6060

説明会のライブ音声(ウェブキャスト)及びプレゼンテーション資料については、ゲインキャピタルのウェブサイト( http://ir.gaincapital.com )の「インベスター・リレーション」にて入手可能。業績・収益に関するPDF資料についても同ウェブサイトにて入手可能。

説明会の録音音声(会議開催2時間後より1ヶ月間):
米国 +1-877-344-7529
米国外海外 +1-412-317-0088
パスコード 10055502#

第3四半期決算(速報)発表について
ゲインキャピタル社は、2014年9月末日第3四半期の決算(速報)についても、本日公表した。
営業収益は、前年の6,080万ドルに比べ69%増の1億280万ドルと、記録的な数字となった。調整済EBITDAは、2,660万ドルとなり、前年の1,210万ドルと比べて120%増であった。純利益は、前年の560万ドルから163%増の1,470万ドルとなり、また、調整後の1株あたり利益は、0.14ドルから0.32ドルへ増加した。なお、1株当たりの現金収益については、1株あたり利益から減価償却費や負債償却費、また無形資産償却費や非現金に対する金利等の影響を差し引いた上で、調整済ベースで0.40ドルとなり、これは、昨年比124%の増益となっている。ゲインキャピタルは、2014年11月6日(木)米国東部時間の午前8時に第3四半期決算の説明会を予定している。

第3四半期決算(速報)に関する説明会について
ゲインキャピタルは、2014年11月6日(木)午前8時米国東部時間に説明会を開催する。
電話会議への参加方法:
米国 +1-866-652-5200
米国外海外 +1-412-317-6060

説明会のライブ音声(ウェブキャスト)及びプレゼンテーション資料については、ゲインキャピタルのウェブサイト( http://ir.gaincapital.com )の「インベスター・リレーション」にて入手可能。業績・収益に関するPDF資料についても同ウェブサイトにて入手可能。

ゲインキャピタルについて
ゲインキャピタルは、革新的なトレーディングテクノロジーや取引執行サービスを通じ、世界中のリテール顧客や機関投資家へFX、コモディティ、外国株式等、多彩かつ豊富なアセットクラスのグローバルな店頭取引マーケットへのアクセスを提供している。ゲインキャピタルはニュージャージー州のベッドミンスターに本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域等を結ぶ世界的なビジネスネットワークを展開している。
http://www.gaincapital.com

CIについて
CIは、スプレッド・ベッティング(英国)、CFD、FXを含むリテール取引サービスを世界各国へ提供。
1983年に設立され、「City Index」、「Finspreads」、「FX Solutions」、「IFX Markets」のブランド名で英国、中近東、アジア太平洋地域を中心に展開してきている。
http://www.cityindex.co.uk

インベスター・リレーションズ お問い合わせ先
MBSヴァリュー・パートナーズ
担当:ヒュー・コリンズ、リン・モルゲン
電話:+1-212-750-5800

メディア関係 お問い合わせ先
【米国】
イーデルマン・ニューヨーク内 ゲインキャピタル窓口
担当:サマンサ・ネルソン
電話:+1-212-704-4589
メール:pr@gaincapital.com

【英国】
イーデルマン・ロンドン内 ゲインキャピタル窓口
担当:ロージー・モリス
電話:+44(0)203-047-2424
メール:gain@edelman.com

メイトランド内 IPGL、CI窓口
担当:ニール・ベネット、アンディー・ドナルド
電話:+44-(0)20-7379-5151
メール:nbennett@maitland.co.uk 、 adonald@maitland.co.uk

※買収取引見積額は、買収発表日の前日のゲインキャピタル普通株の終値に基づくことになっている。会計上の取得価格は、買収終了時に決定されるということになっており、また、その時点におけるゲインキャピタルの株式価格にも左右されることになる。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ゲインキャピタル・ジャパン株式会社
  4. >
  5. ゲインキャピタルによるシティインデックス買収 および「第3四半期決算(速報値)」の発表