BPO放送人権委員会、フジテレビの「ストーカー事件再現ドラマへの申立て」事案で、人権侵害(名誉毀損)を認める「勧告」を公表

 対象となったのは、フジテレビのバラエティー番組『ニュースな晩餐会』(2015年3月8日の放送)で、「ストーカー事件」の被害の問題について、その一例を伝える目的で放送し、職場の同僚の間で行われたつきまとい行為やこれに関連する社内いじめを取り上げたもの。この中で、役者による事件の再現映像と、申立人の職場の人物のインタビュー映像や隠し撮り映像、申立人自身の会話の隠し録音などが随所に織り込まれた映像が放送された。
 申立人は、この放送について、申立人を社内いじめの「首謀者」、「中心人物」とし、つきまとい行為を指示したとする事実無根の放送を行ったものであるとし、この放送によって名誉を著しく毀損されたとして委員会に申し立てた。
 委員会は、申立てを受けて審理し、本件放送には申立人の名誉を毀損する人権侵害があったと言わざるをえないと判断した。

 


決定の概要は以下のとおり。


 本件放送は、関係者の映像等にボカシを入れ音声を加工したこと、役者による再現には「イメージ」とのテロップを付し、「被害者の証言に基づいて一部再構成しています」とのテロップも付したことから、フジテレビは、本件放送が特定の人物や事件について報道するものではないとしている。しかし、現実にあった事件の関係者本人の映像や音声を随所に織り込み、再現の部分も含めて一連の事件として放送している以上、視聴者は、現実に起きた特定の事件を放送しているものと受け止める。

 本件放送には一定のボカシがかけられるなどしているものの、職場の駐車場の映像や、申立人の職場関係者に関する情報が含まれていること、取材協力者でもあった事件関係者らが、本件放送が行われることを予め職場などで話して回ることも十分予想できる状況下であったことなどから、本件放送内容は、職場の同僚にとって、登場人物が申立人であると同定できるものであった。
 
 以上を前提とすると、本件放送は、申立人を社内いじめの「首謀者」、「中心人物」とし、実行者に「ストーカー行為をさせ」ていたなどと指摘するものであることになるが、これらの点が真実であるとはおよそ認められず、真実と信じたことに相当性もない。したがって、本件放送は、申立人の名誉を毀損するものであった。

 フジテレビは、本件放送が基本的には現実の事件を再現するものとして視聴者に受け止められるにもかかわらず、「被害者の証言に基づいて一部再構成しています」等のテロップを付したことなどから、本件放送が現実の事件の真実から離れても問題はないと安易に思い込み、取材においても一方当事者への取材のみに依拠して職場内での事件の背景や実態を正確に把握する努力を怠り、真実とは認めがたい申立人に関する事実を放送して申立人の名誉を毀損してしまうこととなった。
 したがって、委員会は、フジテレビに対し、本決定の趣旨を放送するとともに、再発防止のために、人権と放送倫理にいっそう配慮するよう勧告する。

■ 委員会決定の全文はこちら
http://www.bpo.gr.jp/?p=8534&meta_key=2015

■ 委員会決定の「勧告」とは
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1124#gradatio

「申立てから『委員会決定』までの流れ」
 http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1124

「放送人権委員会」運営規則
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1141

■    放送倫理・番組向上機構 概要
名称: 放送倫理・番組向上機構[BPO]
    放送事業の公共性と社会的影響の重大性を踏まえて、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを
    目的とした非営利・非政府の団体。言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するた
    め、放送への苦情や放送倫理上の問題に対応する独立した第三者機関で、民放連およびNHKによって
    設置され、以下の三委員会から構成される。

委員会:    放送倫理検証委員会
      放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)
      放送と青少年に関する委員会(青少年委員会)
住所:     東京都千代田区紀尾井町1-1 千代田放送会館
理事長:     濱田 純一
URL:     http://www.bpo.gr.jp/

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 放送倫理・番組向上機構
  4. >
  5. BPO放送人権委員会、フジテレビの「ストーカー事件再現ドラマへの申立て」事案で、人権侵害(名誉毀損)を認める「勧告」を公表