「竹下景子親善大使が見た国連WFPの食糧支援~母と子の絆、子どもたちの未来~」

写真展&トークショー

国連WFPは、8月13日(水)~17日(日)、東京都内・三越銀座店で、写真展「竹下景子親善大使が見た国連WFPの食糧支援~母と子の絆、子どもたちの未来~」を開催します。
main image
本写真展では、竹下景子国連WFP協会親善大使が、2012年に干ばつにより食糧危機が発生したセネガルと、2013年11月のフィリピン台風被災地を訪問した際の写真を中心に、現地の状況や母親と子ども達の様子、国連WFPの食糧支援活動を紹介します。写真は主に写真家・関口照生氏の撮影によるものです。また初日の8月13日(水)には、竹下親善大使によるトークショーも開催します。

世界では8人に1人が飢えに苦しんでいます。特に社会的に弱い子どもや女性は最も飢餓に陥りやすい存在です。
そこで国連WFPは、乳幼児や妊婦・授乳中の女性に栄養強化食品を提供し、子ども達の健やかな発育と母親の健康を支えています。また、学校では給食を提供し、子どもたちの健全な成長を促すと共に教育の機会を広げています。

この度の写真展では、このような国連WFPの活動や現地の様子を、親子の憩いの場ともなっている三越銀座店の「銀座テラス」で展示することで、より多くの方の理解・共感を得て、支援の輪を広げたいと考えています。


<開催概要>
【タイトル】 写真展「竹下景子親善大使が見た国連WFPの食糧支援~母と子の絆、子どもたちの未来~」
【日時】 2014年8月13日(水)~17日(日) 10:30~20:00
【場所】 三越銀座店 9階 銀座テラス「テラスコート」 (東京都中央区銀座4-6-16)
【主催】 特定非営利活動法人 国連WFP協会
【後援】 WFP 国連世界食糧計画 日本事務所
【協力】 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス、ローランド ディー.ジー.株式会社、株式会社 アイ・バーグマン
【撮影協力】 関口照生氏
【関連イベント】 竹下景子親善大使トークショー、8月13日(水) 14:00~, 16:00~の2回
※入場無料

■国連WFPとは
国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。
WFP 国連世界食糧計画は、飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関です。自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養不良の子ども、孤児、病人など最も貧しい暮らしを余儀なくされている人々を対象に食糧を提供しています。
国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。
詳細はwww.wfp.org/jp をご覧ください。

■竹下景子さんプロフィール
女優。2005年9月より国連WFP協会顧問として、国連WFPをサポート。2010年11月1日より国連WFP協会の親善大使に就任し、世界の飢餓への関心を高め、支援を広げるための様々な活動に参加くださっています。

■関口照生さんプロフィール
写真家/日本写真家協会会員。倉敷芸術科学大学客員教授。コマーシャルや雑誌・写真集の撮影を中心にフリーフォトグラファーとして活動。世界の辺境を訪ねるTV番組の取材をきっかけに、以後ライフワークとして世界各地で人々の取材を継続。作品集に「支倉の道」、「地球の笑顔」等多数。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 国連WFP
  4. >
  5. 「竹下景子親善大使が見た国連WFPの食糧支援~母と子の絆、子どもたちの未来~」