オロ、中小・ベンチャー企業向けプロジェクト型ビジネス特化のクラウドサービス「ReformaPSA」を販売開始 欧米で普及のPSA領域で、従来の"基幹業務システム"とは一線を画する新しいサービスを提供

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、この度、中小・ベンチャー企業向けのプロジェクト型ビジネスに特化した、統合型クラウドPSA『Reforma PSA』(レフォルマ ピーエスエー)を10月1日より販売開始したことを発表いたします。
main image
■PSA(Professional Services Automation)とは
IT・コンサルタント・クリエイターなど、プロジェクトを中心とした知的サービスの事業者を支援するソリューション(ソフトウェア)。
21世紀に入ってから提唱された概念で、製造業から発達したERP(Enterprise Resource Planning)を、プロジェクト型ビジネスに特化させたものと言えます。
中心的な機能として「プロジェクト管理」「リソース管理」「工数+経費管理」「バックオフィス業務管理」「アウトプットレポート」があり、リアルタイムでの収益の可視化や、ドラスティックな業務の合理化・効率化、そして収益性の向上を実現させます。
既にPSAが普及している欧米では、クラウドサービスとしてのPSAも一般化しており、近年日本でもPSAが広がりを見せ始めています。


■Reforma PSAが出来ること
◆バックオフィス業務を自動化
従業員は入力だけ、経理担当者はその結果を処理するだけ。Reforma PSAが煩わしい作業を自動化します。
◆シンプルに数字を把握
売上も、利益も、外注費も、間接費も、リアルタイムで見える化。プロジェクトを成功まで導きます。
◆初期コスト"0" 月額6,000円から
プロジェクトの計画から、アサイン、見積書・請求書発行、債権入金管理までを月額6,000円からご利用可能です。
◆プロジェクト型ビジネスに特化
IT系や広告・Web制作業・コンサルティングなどの業界に特化。だから、かゆいところに手が届きます。
◆余った時間の有効活用
間接業務の自動化により、軽減されたリソースを未来への投資へ。迅速かつ柔軟な経営判断を可能とします。
◆企業の信頼性の向上
自社の経営状況をリアルタイムで知ることが可能に。金融機関やステークホルダーからの信頼を獲得します。

■Reforma PSA公式サイト
http://www.oro.co.jp/reforma-psa/


<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ
広報担当:西村 TEL:03-5843-0653/Mail:reformapsa@jp.oro.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. オロ
  4. >
  5. オロ、中小・ベンチャー企業向けプロジェクト型ビジネス特化のクラウドサービス「ReformaPSA」を販売開始 欧米で普及のPSA領域で、従来の"基幹業務システム"とは一線を画する新しいサービスを提供