@cosmeメンバー900名に調査した結果をまとめた「2014年アンチエイジングレポート」を発表

~ 顔のアンチエイジングはより身近になる一方、髪のアンチエイジングはまだ知識不足か? ~

株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:吉松徹郎 東証一部・コード番号 3660 以下、アイスタイル)は20歳以上の@cosme(※)メンバー900名を対象に、2014年4月24日から2014年4月30日の期間にかけてアンチエイジングに関する自主調査を実施いたしました。その結果、2014年では「アンチエイジング」に関して下記のような傾向があることがわかりました。
■ アンチエイジングはより身近になっていると考えられる。美容液などのアンチエイジングのための特別なアイテムに加え、化粧水、乳液、洗顔料、クレンジングなど普段使用する身近なアイテムにもアンチエイジング効果のあるアイテムを取り入れている。例えば、クレンジングにアンチエイジング効果のあるアイテムを使用したことがあるメンバーは2005年から20.2%増え、2014年では33.8%が使用経験ありと答えている。

■ 2011年7月から「乾燥による小ジワを目立たなくする」新しい効能が厚生労働省によって認められたことにより、アンチエイジング化粧品のラインナップがより充実した。そのため、2014年では肌老化の原因として「乾燥」が注目されるなど、より肌老化への知識が高まっている。

■ 髪や頭皮のアンチエイジングケアは美容意識の高い@cosmeメンバーにおいても後手に回っている。髪や頭皮の老化を実感するきっかけは「白髪」であり、老化現象が顕在化して初めてアンチエイジングを意識している。これは、髪や頭皮の老化に関する知識が行き渡っていないことを表している。

■ 化粧品消費行動に大きな変化はないものの、「高級感」へのニーズが高まり、アンチエイジング化粧品にかけられる上限金額が上昇するなど、単価上昇が期待できそうだ。例えば、アンチエイジング効果のある美容液にかけてもよい上限金額を見ると、2010年の全年代の平均金額が7,890円だったのに対して、2014年では8,814円に上昇している。

■ アンチエイジングに関して注目されているブランドは前回の2010年の調査から変わりなく、「ドモホルンリンクル」、「SK-II」の2強であった。50代以上においては、50代からのスキンケア「F.A.G.E.(エファージュ)」への注目度の高さがうかがえる。


※ @cosme(アットコスメ)とは
@cosmeは、1999年12月にサイトを開設。クチコミ投稿数1100万件以上、国内外2万7000ブランド・商品数24万点のデータベースと、クチコミ検索機能や新製品情報などのコンテンツを備えた、日本最大の化粧品・美容の総合サイトです。月間訪問者は930万人(全デバイス含む)、月間ページビュー数は、2.7億PV以上。サイトの開設以降、会員数・クチコミ件数・ページビューとも成長を続けております。(2014年5月現在)


※引用・転載時のクレジット表記のお願い
本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
<例>「アイスタイルが実施した調査結果によると」、「@cosmeメンバーにおける2014年アンチエイジングに関する意識調査によると」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アイスタイル
  4. >
  5. @cosmeメンバー900名に調査した結果をまとめた「2014年アンチエイジングレポート」を発表