ファーウェイ、MWC 2014で「クラウド・ソーシング・スモールセル」ソリューションを発表

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014で、革新的な「クラウド・ソーシング・スモールセル(Crowd-sourcing Small Cell)」ソリューションを発表しました。
同ソリューションは通信事業者の迅速かつ大規模なスモールセル展開を支援し、モバイル・ブロードバンド・ネットワークのキャパシティを短期間で向上させます。さらに、通信事業者の企業向けサービスの拡大をサポートすることで、収益増達成の一翼を担います。

スマートフォンの使用量やデータ・トラフィックの増加にともない、通信事業者は接続量などに関する難題に直面しています。通信事業者はスモールセル・ソリューション構築に着手しています。加えて、ホットスポットで通信容量を向上させる手法は、すでに業界のトレンドとなっています。しかし、従来のスモールセル・ソリューションでは、サイト取得やバックホールなどの問題解決には至りません。単一の収益モデルもスモールセルの展開を減速しています。

「クラウド・ソーシング」は、インターネット上の仕組みで、参加者の資源や能力を最大化します。

ファーウェイが発表した「クラウド・ソーシング・スモールセル」ソリューションは、通信事業者がスモールセル展開時に直面する課題に対応するソリューションです。同ソリューションでは、施設の管理者や建物の所有者、ネットワーク・インテグレーター、企業などが、スモールセルの設置および管理運用のパートナーとなります。通信事業者は、クラウド・ソーシング・パートナーとともに、最限までモバイル・ブロードバンドを享受できるよう、収益増強に向けたビジネス・モデルを共同で構築します。

公共の場で一般向けにスモールセル・ネットワークを構築する場合、街灯のポール、バス停、電話ボックス、広告看板などをスモールセルの設置場所として利用できます。これらの所有者は、通信事業者のクラウド・ソーシング・パートナーとなり、スポットの特長を生かして、通信事業者のためにバックホールや保守管理サービスを提供します。さらに、クラウド・ソーシング・パートナーも通信事業者の高品質なブロードバンド・ネットワークやサービスを利用できるため、その施設内の利用者に高品質なユーザー体験を提供することができます。

ファーウェイの「クラウド・ソーシング・スモールセル」ソリューションは、主に以下の3つのソリューションを含みます。

1. 室内外一連のマルチバンド/マルチモード・スモールセル・ソリューション

マルチバンド/マルチモード AtomCell、マルチバンド/マルチモードLampSiteが含まれます。クラウド・ソーシング・パートナーのUMTS、LTE、WiFiなど複数の無線アクセス技術におけるニーズをワンストップで解決します。LampSiteソリューションにより、通信事業者は高速モバイル・ブロードバンドの室内カバレッジを実現します。さらに異なる方式間のスムースな移行や柔軟なシステム拡張に対応します。

2. NFV(Network Function Virtualization)アーキテクチャに基づくService Anchor ™

このサービスで、室内の無線セルラー・ネットワークと企業向けアプリケーション・プラットフォームを接続します。Service Anchor ™ ソリューションにより、サード・パーティのインターフェースをサポートするオープン・プラットホーム上で、通信事業者は企業向けアプリケーションの紹介できると同時に、エンタープライズ・クラウド・サービスを提供できます。このモデルによって、通信事業者はクラウド・ソーシング・パートナーの所在地近辺の資源や活用手法における優位性を統合し、差別化できるアプリケーション・プラットフォームの形成が可能です。つまり、通信事業者は従来の一般向けのビジネスから法人向けビジネスへの参入機会を得ることができます。

3. 「クラウド・ソーシング・サービス」とSON(Self-Organized Network)やPlug&Playなどの機能を統合したパッケージサービス

このパッケージにより、通信事業者は、クラウド・ソーシング・パートナーと共同で、スモールセル・ネットワークの迅速な展開、インテリジェントな干渉制御や維持管理を実現し、高品質な通信サービスを提供します。

ファーウェイのスモールセル プロダクトライン ゼネラル・マネージャー 周 躍峰(ピーター・ゾウ)は、次のように述べています。「ファーウェイは、ヨーロッパやアジア・パシフィックなどの地域で、「クラウドソーシング・スモールセル・ソリューション」を用いた通信事業者向けの広域スモールセル・サイト構築に貢献した実績があります。さらにファーウェイは、業界の複数のクラウド・サービス・プロバイダーと共同でスモールセル・ネットワーク構築や企業向けサービス展開を実現しています。

通信事業者やパートナーが革新的なクラウド・ソーシングのビジネス・モデルを構築できるよう、ファーウェイがどのようにサポートできるか、周は次のように締めくくります。「パートナーの持続的な支援が強靭なビジネス・モデルを構築し、必勝のソリューションがより高くビジネスを飛躍させ、突出して優れた製品は通信事業者とそのパートナーを業界の牽引者の立場へと導きます」。

2014モバイル・ワールド・コングレスは、2月24日から2月27日まで、スペインの首都バルセロナで開催されています。ファーウェイの展示ブースの場所は、Fira Gran Via HALL 1とHALL 3です。詳細については、以下のサイトを参照ください。
http://www.huawei.com/mwc2014/.


※ 本参考資料は2014年2月24日(現地時間)にスペイン・バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳版です。


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:Huawei)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーです。お客様志向のイノベーションとお客様との強い信頼関係により、通信事業者向けネットワーク、端末、クラウド分野におけるエンド・ツー・エンドの競争優位性を確立しています。ファーウェイは通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく献身しており、競争力の高いソリューションおよびサービスを140か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。

詳しくは、当社ウェブサイト:http://www.huawei.com/jp/、ツイッター(英語):www.twitter.com/huaweipress、および、YouTube(英語):http://www.youtube.com/user/HuaweiPressをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ファーウェイ・ジャパン
  4. >
  5. ファーウェイ、MWC 2014で「クラウド・ソーシング・スモールセル」ソリューションを発表