最先端の製造技術を活用したGEパワー&ウォーター初の専用施設

「アドバンスト・マニュファクチャリング・ワークス」着工

*本資料は世界で配信されたGEリリースを抄訳としてご紹介するもので、当内容は6月10日に配信されました。
main image
(2014年6月10日、米国サウス・カロライナ州グリーンビル)

GEは本日、ガスタービンやガスエンジン等発電機器の事業部門であるGEパワー&ウォーターでは、3Dプリンティング等を活用した最先端で高度な製造技術(アドバンスト・マニュファクチャリング)を導入した初めての施設の建設とその施設がサウス・カロライナ州グリーンビルで着工したことを発表しました。GEはアドバンスト・マニュファクチャリング技術強化のため、今後10年間にわたり4億ドルを投資予定です。この新しい施設「アドバンスト・マニュファクチャリング・ワークス」は2015年に開所し、80名以上のハイテク技術者の雇用を創出します。

GEパワー&ウォーターの社長兼CEOスティーブ・ボルツ、サウス・カロライナ州知事のニッキー・ヘイリー、リンジー・グラハム上院議員、ティム・スコット上院議員、そしてグリーンビル州議会長のボブ・テイラー博士は新しい施設が併設される、GEのグリーンビル工場内にて開催された着工式に出席しました。

当該施設はGEパワー&ウォーター初のアドバンスト・マニュファクチャリング技術を導入した施設となります。アドバンスト・マニュファクチャリング技術を活用した革新的な製造プロセスやスピーディーに試作品を生み出し、風力タービンや大型ガスエンジン、分散電源用ガスエンジンや原子力関連サービス、水処理などパワー&ウォーターの全事業に活用されます。本施設での新しい技術や製造過程を開発することによって、GEパワー&ウォーターの各事業は製品の設計とテストを繰り返し、従来よりさらにスピーディーに市場に製品を投入することが可能となります。

GEパワー&ウォーター社長兼CEOスティーブ・ボルツは「グリーンビルはGEパワー&ウォーターのアドバンスト・マニュファクチャリング技術拠点として理想的な場所です。新たな施設ではこれまでよりさらに画期的な製品やサービスを開発し、社内やお客様とより強く連携しながら最先端技術を短期間で市場導入することができるでしょう。私たちはヘイリー州知事、スコット上院議員、そしてテイラー州議会長の懸命な努力と継続的なパートナーシップのおかげで、本日を迎えることができました。」と述べました。

GEは40年以上前にグリーンビルに340,000平方フィートの施設を建設し、それから世界中のお客様のために製品を生産する工場やオフィスなど増え、グリーンビル工場は現在1,500,000平方フィートにもおよぶ拠点へと発展しました。グリーンビル工場では、GEの社員が3,000名以上働いており、過去5年間で重要な製造活動を強化するため、この拠点に約5億ドルを投資してきました。また、新しい技術を開発し、産業の発展と成長を共にすることを望む方たちを支援するため、地域の学校や大学、技術プログラムなどと貴重なつながりを育んできました。

サウス・カロライナ州知事のニッキー・ヘイリーは、「グリーンビルのコミュニティはGEとは長年の関係があり、GEパワー&ウォーターのアドバンスト・マニュファクチャリング・ワークスの開設を歓迎します。製造業におけるイノベーションは経済成長に不可欠であり、GEが製造業の新しい姿を形づくるためのインフラと優れた労働力を保有するサウス・カロライナ州を誇りに思います。」と述べました。

リンジー・グラハム上院議員は「本日のアドバンスト・マニュファクチャリング・ワークス施設着工はサウス・カロライナ州とグリーンビル両方にとって、とても素晴らし出来事です。」「州内におけるGEの継続的な取組みはサウス・カロライナ州がビジネスに非常に適した場所であることを証明しており、私たちは今日の困難な課題を解決するために革新的なソリューション開発をともに進めてまいります。」と述べました。

ティム・スコット上院議員は「本日の発表は、グリーンビルとGEの強固な関係性のうえで成立しました。」「サウス・カロライナ州は、世界に通用する製品を生産することに情熱的で熟練した労働力を誇っており、州北部はこれからもサウス・カロライナ州の製造ルネッサンスの中心地であり続けるでしょう。GEのコミットは、この州の経済の未来をさらに輝かしいものにしています。」と述べました。


●GEパワー&ウォーターについて
GEパワー&ウォーターは国や地域ごとの課題を解決する、幅広い発電設備や水処理技術をお客様に提供しています。パワー&ウォーターは風力や太陽光などの再生可能資源、バイオガスと代替燃料、および石炭、石油、天然ガス、原子力エネルギーを含むすべてのエネルギー産業に関わっています。また水の供給とその品質に関して、世界で最も難しい課題を解決する先進的技術の開発も行っています。パワー&ウォーターには分散型電源、原子力、パワー・ジェネレーション・サービス、再生可能エネルギー、火力発電向け機器、およびウォーター&プロセス・テクノロジーの6つの事業部が属しています。パワー&ウォーターはニューヨーク州スケネクタディに本社を置き、GEとして最大の産業部門です。

●GEについて
GEは、世界が直面している困難な課題に取り組む企業です。人材とテクノロジーを最大限活用して、インフラ構築、電力供給、運輸や医療、金融に関わるソリューションを提供しています。日本においてGEは、より安全でクリーンなエネルギーの供給や、急速に進む高齢化に対応する医療サービスなどに取り組んでいます。これらの課題を解決するために、技術革新を進め、ステークホルダーと協働して、日本の再生と持続的な成長を目指しています。エジソンを創始者とするGEは、イマジネーションを大事にするとともに、実行する会社でもあります。課題解決のために行動を起こす、それがGEです。日本におけるGEの活動については、http://www.ge.com/jp/ をご覧ください。

※本リリースに関する映像をYouTubeでご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=vtO_VVE2NEI
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本GE株式会社
  4. >
  5. 最先端の製造技術を活用したGEパワー&ウォーター初の専用施設