1月31日「生命保険の日」にちなむ保険加入の実態調査 毎月の保険料は世帯平均32,701円

“結婚=保険”のイメージ?保険をしっかり考えていそうなタレント 男性1位「堺雅人」さん 女性1位「吹石一恵」さんに

40 社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者にとってぴったりなプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、1月31日の「生命保険の日」にちなみ、保険加入の実態や考え方、見直しについて意見を知るための調査を実施いたしました。
【保険加入に関する実態調査】

■主な調査結果は以下の通りとなります。
① 毎月の平均保険料は1世帯32,701円
2世帯に1世帯以上が3種類以上の保険に加入
⇒ 設問1
② 就職や結婚を機に考える保険は入院や万が一のための保障
出産時にはこどもの教育資金が圧倒的大多数に
一方でライフスタイルの変化にもかかわらず「加入していない」が3割以上も
⇒ 設問2
③ およそ半数が保険に対し不安や不満を持ち、
内容は「保険料の負担」「保障内容が不明確さ」がトップ
満期前に保険解約も35%、理由は「保険料の負担」「他社への乗り換え」
⇒ 設問6
④“保険見直し”は60%が経験
「保険料の負担」を感じるケースが多い一方、家族構成の変化がきっかけも
⇒ 設問7
⑤ 結婚=保険もしっかり考えている”イメージ?
堺雅人さんや吹石一恵さんがしっかり保険考えていそうなタレント1位
⇒ 設問8
⑥ 近年トレンドの“ミニ保険” 気になる1位は「終活関連費」
いじめやリストラ対策の費用保障も次いで人気
⇒ 設問9

【調査結果サマリー】
多くの世帯が複数の保険に加入しており、その額は月平均32,701円と手厚く加入している実態がうかがえました。しかしライフスタイルが変化する結婚や出産のタイミングでは「加入していない」を選ぶ割合も多く、家族構成の変化という保険加入・見直しの“ベストタイミング”に適切な保険選びができていない可能性も。またその一方で、“結婚=保険についてきちんと考える”という意識の表れか、近年結婚した堺雅人さんや吹石一恵さんが「保険についてしっかり考えていそう」なタレント1位に選ばれる結果となりました。
今回の調査では、「保険料の負担が大きい」ため解約したという回答も見られ、保険の見直しや乗り換えが広まりつつある一方で、不必要に加入していたり、お金がないから保険料を減らしたりと、まだまだ保険との上手な付き合い方が浸透していない状況もうかがえました。

■調査概要
【名称】 保険に関する意識調査
【調査対象と回収サンプル数】
20歳-29歳、男女各200人
30歳-39歳、男女各200人
40歳-49歳 男女各200人
50歳-59歳 男女各200人
60歳-69歳 男女各200人   計2000人
【調査地域】 全国
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】 2016年1月9日(土)~2016年1月11日(月・祝)



1.  毎月の平均保険料は1世帯32,701円
    2世帯に1世帯以上が3種類以上の保険に加入


【考察】

加入している保険で多いのは、入院した時の保険や死亡保障にという回答が多い結果になりました。
2世帯に1世帯以上は3種類以上の保険に加入しており、6種類という回答も10%に。

◆現在あなたが世帯で加入している保険の種類は何ですか?
1位. 入院したときのための保険                    :77.0.%
2位. 万が一のための保険(死亡保障)            :73.6.%
3位. 損害への備え(家・自動車、他)のための保険   :50.6%
4位. 働けなくなったときのための保険(収入保障)   :29.7%
5位. 貯蓄のための保険(強制的に貯められる)      :22.7%
6位. 老後の資金(年金)のための保険                 :19.0.%
7位. 子どもの教育資金のための保険           :8.7%
8位. 働けなくなったときのための保険(収入保障)  :8.7%
9位. 投資のため(利殖目的)の保険                    :2.9%
10位. 相続のための保険                 :1.9.%
11位.その他                                              :2.0%

◆世帯(独身の場合は個人)で支払っている保険費用はどれくらいですか?
最小値     :100円
最大値     :700,000円
平均値     :32,701円

 

◆現在あなたは世帯で何種類の保険に加入していますか?
1種類      :12.7%   4種類    :14.6%
2種類      :17.2%   5種類    :12.2%
3種類      :25.0%   6種類    :10.5%
 

 


2. 就職や結婚を機に考える保険は入院や万が一のための保障
出産時にはこどもの教育資金が圧倒的大多数に一方でライフスタイルの変化にもかかわらず「加入していない」が3割以上も 


【考察】

就職や結婚、出産などの人生の節目においても半数以上の方が「そのタイミングでは保険の加入をしていない」と回答。ライフスタイルの変化は保険の加入時、見直し時であるにもかかわらず、まだまだ適切なタイミングで保険を意識していないことがわかります。

◆あなたが成人や就職を機に加入した保険はありますか?

1. 貯蓄のための保険(強制的に貯められる)     :11.6%
2. 入院したときのための保険                      :31.6%
3. 万が一のための保険(死亡保障)            :33.1%
4. 損害への備え(家・自動車、他)のための保険   :10.8%
5. 老後の資金(年金)のための保険                :8.0%
6. 子どもの教育資金のための保険                   :2.7%
7. 働けなくなったときのための保険(収入保障)       :2.5%
8. 投資のため(利殖目的)の保険                       :0.7%
9. 相続のための保険                                      :0.5%
10. 成人のタイミングでは加入していない               :43.6%
11. その他                                                    :1.8%                                                 

◆あなたが結婚を機に加入した保険はありますか?
1. 貯蓄のための保険(強制的に貯められる)       :6.3%
2. 入院したときのための保険              :20.7%
3. 万が一のための保険(死亡保障)                  :21.4%
4. 損害への備え(家・自動車、他)のための保険         :5.7%
5. 老後の資金(年金)のための保険               :4.3%
6. 子どもの教育資金のための保険                              :5.4%
7. 働けなくなったときのための保険(収入保障)           :2.3%
8. 投資のため(利殖目的)の保険                  :0.5%
9. 相続のための保険                        :0.4%
10. 結婚のタイミングでは加入していない                  :43.3%
11. まだ結婚していない                                          :43.3%
12. その他                         :2.2%
 
◆あなたが出産を機に加入した保険はありますか?
1. 貯蓄のための保険(強制的に貯められる)         :2.7%
2. 入院したときのための保険             :5.5%
3. 万が一のための保険(死亡保障)                      :5.2%
4. 損害への備え(家・自動車、他)のための保険         :1.9%
5. 老後の資金(年金)のための保険               :1.3%
6. 子どもの教育資金のための保険                              :28.0%
7. 働けなくなったときのための保険(収入保障)           :1.1%
8. 投資のため(利殖目的)の保険                :0.4%
9. 相続のための保険                      :0.2%
10. 出産のタイミングでは加入していない                 :32.8%
11. まだ出産していない                     :30.9%
12. その他                         :3.0%
 


3. 保険の加入経路は「保険代理店の窓口や営業職員」
一方で友達や親族経由の「義理保険」も15%も

【考察】

3人に1人は保険代理店での加入をしていることがわかり、代理店が保険の加入がしやすい場所になっていることがわかります。一方で友人や親族経由で保険に加入している「義理保険」の割合も少なくありません。

◆保険の加入の主な経路は何ですか?

1位. 保険代理店の窓口や営業職員                :31.9%
2位. 友達・親族を除く保険会社の営業職員     :17.9%
3位. 保険会社で働いている友達                   :8.5% 
4位. インターネット                                 :7.9%  
5位. 保険会社で働いている親族                   :6.9%
6位. 来店型保険ショップの窓口                 :4.7%
7位. 銀行・証券会社の窓口                        :4.1%
8位. ファイナンシャルプランナー                :4.1%
9位. テレビ・新聞・ラジオの通信販売         :2.1%
10位. その他                                        :8.7



4. 保険の目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」特に「入院したときのため」は8割以上が回答 

【考察】
保険に加入している目的は「入院したときのため」「万が一のときのため」「損害への備え」がトップ。
特にほとんどの世帯で医療保険に加入していることが分かりました。

◆あなたが保険に加入している主な理由は何ですか?

1位. 入院したときのため                          :82.6%
2位. 万が一のための保険(死亡保障)         :54.8%
3位. 損害への備え(家・自動車、他)のため :48.3%
4位. 老後の資金(年金)のため                  :25.7%
5位. 貯蓄のため(強制的に貯められる)       :21.6%
6位. 子どもの教育資金のため                     :18.1%
7位. 働けなくなったときのため(収入保障)  :10.3%
8位. 投資のため                                     :2.2%
9位. 相続のため                                     :1.7%
10位. その他                                         :2.4%



5. 教育資金のための保険は子どもが0歳時での加入がおよそ70%
一方で返礼率の恩恵が少ない2歳時以降が15%も


【考察】
7割以上が子どもが0歳以前に教育資金のための保険に加入しており、これは定期預金より高い利率や保障内容などにメリットを感じているようです。一方で返戻率の恩恵が少ない2歳以降の加入も少なくなく、まだ加入のタイミングが適切でない場合、ライフスタイルの変化のタイミングで加入できていない実態もうかがえます。
   
◆「子どもの教育資金のため」の保険はいつ頃加入しましたか?
1. 妊娠前               :2.7%
2. 妊娠中               :5.5%
3. 子どもが0歳        :68.4%
4. 子どもが1歳        :8.8%
5. 子どもが2歳以降   :14.4%

◆教育資金の準備に保険を利用した主な理由は何ですか?
1. 定期預金の利率より高い返戻率だから                                  :34.3%
2. 親に万一があった際も安心だから(死亡保障がついているから) :31.0%
3. 自動的に引き落としされて確実に貯められるから                    :25.7%
4. みんなが入っているから                                                  :4.7%
5. その他                                                                        :4.1%



6.およそ半数が保険に対し不安や不満を持ち、内容は「保険料の負担」「保障内容が不明確さ」がトップ満期前に保険解約も35%、理由は「保険料の負担」「他社への乗り換え」など

【考察】
保険に関して半数の方が不満や不安を感じているという結果に。特に保険料の負担の大きいことや保険選びがめんどう、保険の内容のわかりづらいという点での不満が多いことが分かります。
また、保険料の負担により満期になる前に解約するケースが多く見られ、加入時の予見通りにはいかない事情がうかがえます。

◆現在あなたは保険に関する不安や不満はありますか?
1. ある                   :15.0%
2. ややある              :32.2%
3. あまりない           :33.0%
4. ない                   :19.8%

◆前問で「ある」、「ややある」と答え方、それは何ですか?
1位. 保険料の負担が大きい                      :64.7%
2位. 類似商品の違いが分からない             :17.7%
3位. 保障内容がわかりづらい                   :38.3%
4位. どの保険が自分に必要か分からない     :27.1%
5位. 保険選びがめんどうくさい                :23.1%
6位. 損するのではないかと不安                :19.4%
7位. もしものときに支払われるか不安        :18.3%
8位. 類似商品の違いが分からない             :17.7%
9位. 加入条件が複雑                            :11.0%
10位. どこで加入すればいいかわからない   :3.3%
11位. その他                                       :2.2%

◆あなたは現在ご加入中の保険について、保険料は適切だと思いますか?
1. とても思う            :8.5%
2. まあまあ思う         :59.1%
3. あまり思わない       :26.7%
4. まったく思わない    :5.8%

 


7. “保険見直し”は60%が経験
「保険料の負担」を感じるケースが多い一方、家族構成の変化がきっかけも


【考察】
6割以上のが保険の見直しをしたことがあると回答しており、その理由の半数が保険料に負担を感じてということが分かりました。

◆あなたはこれまでに保険の見直しをしたことはありますか?
1. ある 60.6%
2. ない 39.5%

◆前問で「ある」と答えた方にお聞きします。それはなぜですか?
1位. 保険料が負担と感じるようになったため   :43.3%
2位. 保障を手厚くしたかったため                 :28.0%
3位. 家族構成が変わったため                       :26.3%  
4位. 収入に変化があったため                       :15.7%
5位. 保障が不要になったため                       :12.2%
6位. その他                                             :6.0%



8. “結婚=保険もしっかり考えている”イメージ?
堺雅人さんや吹石一恵さんが「保険をしっかり考えていそうなタレント」1位 


【考察】
「保険のことをしっかり考えていそうなタレント」では、男女共に近年の結婚のイメージが強い「堺雅人」さんや「吹石一恵」さんがトップに上がりました。“結婚する=保険のことを考える”とイメージしている人が多いのかもしれません。

◆保険のことをしっかり考えていそうなタレント(男)は誰ですか?
1位. 堺雅人               :22.5% 
2位. 松岡修造            :18.4%
3位. 向井理               :11.8%
4位. 西島秀俊            :9.4%
5位. 福山雅治            :9.0%
6位. 東出昌大                  :6.9%
7位. とにかく明るい安村    :6.3%
8位. 千原ジュニア            :6.2%
9位. 竹野内豊                  :4.6%
10位. DAIGO                 :3.7%
11位. 斎藤工                   :1.4%

◆保険のことをしっかり考えていそうなタレント(女)は誰ですか?
1位. 吹石一恵            :17.8%
2位. 大久保佳代子      :16.3%
3位. 吉田羊               :15.8%
4位. 杏                      :14.5%
5位. 菅野美穂            :14.0%
6位. 綾瀬はるか               :7.5%
7位. 北川景子                  :5.7%
8位. 小島瑠璃子               :2.9%
9位. 鈴木奈々                  :2.6%
10位. ローラ                   :1.8%
11位. おかずクラブ           :1.5%



 9. 近年トレンドの“ミニ保険” 気になる1位は「終活関連費」
いじめやリストラ対策の費用保障も次いで人気


◆.あなたが最近気になっているミニ保険を教えてください。
※ミニ保険:保障の上限が1,000万円で、契約期間が1年と短い保険、少額短期保険のこと

1位. 葬儀や遺品整理などの終活関連費を補償                                                    :28.1%
2位. リストラやいじめなどの日常生活でのトラブルに際し弁護士費用を補償              :14.6%
3位. 旅行先で雨が降った場合に旅行代金を補償                                                  :14.1%
4位. 痴漢に間違われた際の弁護士費用を補償                                                     :10.4%
5位. 病気や急用でイベントに参加できなくなった際のチケット代金を補償                 :9.5%
6位. 自身の入院や死亡の際にペットを老犬ホームやホテルに預ける費用を補償            :9.0%
7位. 不妊治療中に新たに生命保険や医療保険に加入できる保険                               :7.9%
8位. 登山やスキーなどで遭難時に請求されたヘリコプター費などを補償                     :7.5%
9位. その他                                                                                               :25.4%



□株式会社保険見直し本舗について
「保険選びをもっと自由に」という理念のもと、消費者ごとに異なるニーズに対応するため、40社以上の保険会社の商品から必要なものを比較・検討し、プランを提案する保険ショップです。保険見直し本舗では相談スタッフである保険コンサルティングアドバイザーが、プロの目線からアドバイスを無料で提供。全国200以上の店舗を拠点に、保険プランの提案から販売まで行っており、月間新規申込件数は約10,000件となっております。

□会社概要
会社名: 株式会社保険見直し本舗(URL:http://www.hokepon.com/
所在地: 東京都渋谷区桜丘町20 番1 号 渋谷インフォスタワー6F
代表者: 代表取締役 大谷 寛           設 立: 2001 年12 月18 日
株  主: 株式会社ウェブクルー          資本金: 1 億円




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社保険見直し本舗
  4. >
  5. 1月31日「生命保険の日」にちなむ保険加入の実態調査 毎月の保険料は世帯平均32,701円