ヴイエムウェア、よりスマートで安全なデジタル ワークスペースを実現する最新版のVMware AirWatch® 8.3を発表

・統合アプリケーション カタログにより、ネイティブ モバイル アプリケーションへのシングルサインオン、ユーザ体験の向上、パスワード不要のアクセスを実現

・条件付きアクセス制御やVMware NSX™との連携により、アプリケーションへのアクセスの安全性を向上し、データ漏えいを防止

・インダストリー テンプレートの提供を通して、アプリケーション、設定、コンプライアンス ポリシーなど業界ごとのワークフローに沿ったインサイトを提供

・プライバシーに関する通知やエンドユーザ向けウェブサイトにより、エンドユーザのプライバシーに関する透明性を確保すると同時に、BYODの導入を促進
ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、業界をリードするエンタープライズ モビリティ管理(EMM)プラットフォームであるVMware AirWatch®の最新版を発表しました。最新版となるVMware AirWatch 8.3により、ユーザとIT管理者がビジネス モビリティの活用を通じたメリットをさらに向上することで、ヴイエムウェアが掲げるデジタル ワークスペースの提供に向けた戦略とそのプラットフォームとなるVMware Workspace ONE™をさらに強化します。ユーザ視点での信頼性と導入のしやすさのさらなる向上、パスワード入力の排除、そしてセキュリティをさらに強化した最新版のVMware AirWatchにより、企業がモバイル関連の取り組みをさらに進化させるためのプラットフォームを提供します。

ユーザの仕事の方法を変革
モビリティ活用の成功にはユーザが業務にそれを受け入れることが重要であり、また従業員は会社での業務にプライベートで使用しているようなシンプルさと使いやすさを求めています。VMware AirWatch 8.3はVMware Workspace ONEから提供されるアプリケーションと連携し、アプリケーションへのアクセス管理とパスワード不要のアクセス、プライバシーに関する透明性の確保によりエンドユーザの懸念を軽減するエンドユーザ向けウェブサイトとプライバシーに関する通知などAirWatch Privacy Firstプログラムの強化、再設計されたVMware AirWatch Content Locker™などを提供します。

アプリケーションへのアクセスを簡素化するモバイル ソリューションを提供するために、最新版のVMware AirWatchはコンシューマ製品のようなシンプルさと企業用アプリケーションのスムーズな利用体験を提供します。VMware AirWatch 8.3はVMware Workspace ONEから提供されるアプリケーションとの連携を念頭に設計されており、ユーザはあらゆるデバイスで使える単一のアプリケーション カタログを通じて、ネイティブ、ウェブまたはリモートなど種類を問わないあらゆるアプリケーションにアクセスできるようになります。業界初となるSATS(Secure App Token System)を活用したモバイル向けのワンタッチ シングルサインオン(SSO)により、ユーザはパスワードや複雑なPINを入力することなく、これらのアプリケーションにアクセスできます。ヴイエムウェアが開発し、特許出願中のSATSテクノロジにより、デスクトップ、モバイル ネイティブ、クラウドなどすべてのアプリケーションへの真のSSOが可能になります。この統合アプリケーション カタログにより、安全なモバイル アプリケーション管理(MAM)コンテナから提供される企業用アプリケーションへの一貫したアクセスを実現します。

また、モビリティ活用の成功に向けてユーザの信頼を獲得することも非常に重要になります。VMware AirWatch 8.3では、ユーザのプライバシーへの懸念に対応するために、プライバシーに関する透明性の高い教育を提供するユーザ向けウェブサイトやプライバシー確保のためのアプリケーションなど、AirWatch Privacy Firstプログラムを強化しています。この新しいウェブサイトであるWhatIsAirWatch.comの活用やプライバシー確保ためのアプリケーションをユーザのデバイスに導入することで、ユーザの効率性を高めるBYODのメリットについて学習できるとともに、VMware AirWatchのモバイル管理システムが業務とプライベートのデータを隔離し、テキスト、個人メール、写真などの個人情報を会社のIT担当者がキャプチャできないようになっていることをユーザに知らせることができます。特に会社支給のデバイスを使用する際のユーザの信頼をさらに高めるために、VMware AirWatchの管理者用コンソールにプライバシー ポリシーの管理権限を委譲するためのプライバシー オフィサー機能が新たに搭載され、プライバシー オフィサーのみがプライバシー ポリシーを編集し、エンドユーザ向けにセキュリティに関するレイヤを追加できます。

最新版のVMware AirWatchには、完全に再設計されたiOS向け AirWatch Content Lockerも含まれており、さまざまなストレージ レポジトリ全体で安全なコンテンツの集約が可能になります。この最新の使いやすいアプリケーションにより、直感的なナビゲーション、コンテンツ レポジトリ全体での検索機能の強化、ホーム スクリーンから重要なコンテンツへの直接かつ高速なアクセスを実現しています。

IT部門向けのインテリジェントかつ安全なデジタル ワークスペース
ビジネスがモバイル環境へと移行するなか、IT部門にとってその可用性とセキュリティは最優先事項となっており、EMMソリューションの選択はモビリティ実現のための単なる1段階に過ぎません。モビリティの実現に向けてIT部門はその他にもアプリケーション、設定、ポリシー、セキュリティ要件などを選ばなければなりません。VMware AirWatch 8.3は、IT部門が獲得したインサイトとモバイル関連の取り組みの前進を両立できるよう、インダストリー テンプレート、モバイル アプリケーションへの条件付きアクセスに加え、VMware AirWatchとヴイエムウェアのネットワーク仮想化プラットフォームであるVMware NSX™とのさらなる連携による、モバイル デバイスからデータセンタまでを保護する最先端のセキュリティを備えています。

モバイルを通じたビジネス プロセスの変革には、企業ごとにアプリケーション、設定、ポリシーに関する特定の組み合わせが求められます。ヴイエムウェアは、エンドユーザ コンピューティング分野で62,000社以上の顧客を有しており、そして数千を超えるモバイルの導入プロジェクトの実績から得られたインサイトを活用し、業界特有のワークフローを構築するための最適な方法を検討してきました。VMware AirWatch 8.3では、匿名で集約されたデータ、インテリジェンス、Apple社との協業により、インダストリー テンプレートやインテリジェントなウィザード主導型ワークフローを提供し、デジタル ワークフローの最適化に向けて、その複雑性を取り除きます。これにより、あらゆるIT管理者は、それぞれのビジネスに最適なiOSアプリケーション、設定、ポリシーをデータに基づいて特定・推奨してくれるシンプルかつスマートなテンプレートにアクセスすることができます。

VMware AirWatch 8.3では、VMware Identify Manager ™を活用した、業務アプリケーションへの条件付きアクセスも提供します。この認証モジュールは、ポリシーに準拠し、管理されているモバイル アプリケーションにのみ、組織の業務システムへのアクセス権を付与します。IT管理者は、特許出願中のSATSテクノロジとネイティブなOS制御を活用することで、ソフトウェア開発キット(SDK)や必要とされるアプリケーションのラッピングまたはコード変更が無くても、アプリケーション ストア内のあらゆるアプリケーションに条件付きアクセスを提供できるようになります。このモジュールにより、セキュリティを強化しながら、アプリケーションへのアクセスにはパスワード入力が不要になるため、より優れた利用体験を提供できます。

IT部門は、アプリケーションに加え、データセンタやモバイルから社内リソースへのアクセスを保護する必要があります。VMware AirWatch 8.3では、VMware NSXとの連携をさらに強化し、VMware AirWatchが管理するデバイスとVMware NSXのマイクロ セグメンテーションで保護されたクラウドやデータセンタの間の接続に最先端のセキュリティを提供します。IT管理者はVMware AirWatchとVMware NSXの間のポリシーを単一コンソールから動的に設定でき、モバイル アプリケーション、データ、デバイス、ネットワークのデータセンタ内での接続を制限することで、組織のデジタル ワークスペースの安全性をさらに高めることができます。

VMware NSXとVMware AirWatchの組み合わせは、ヴイエムウェアの優れたテクノロジを次世代のセキュリティ モデルを構築するために活用した好例となります。

VMware Inc. エンドユーザ コンピューティング部門モバイル製品担当 上級副社長 ノア・ワズマー(Noah Wasmer)のコメント:
「AirWatch 8.3はデジタル ワークスペースの実現に主要な役割を担います。従業員は、プライバシー保護に重点を置いた新しいモバイル体験を通じて、わずかワンクリックであらゆるアプリケーションに仮想的にアクセスできるようになります。そして管理者は、世界水準のセキュリティと管理機能を備えたヴイエムウェアのプラットフォーム上に新たなビジネス ワークフローを構築できます」

■ご購入および価格について
VMware AirWatch 8.3は、2016年第1四半期(1~3月)より一般提供を開始する予定です。VMware AirWatch 8.3 スイート製品の1デバイス/12ヶ月間(サブスクリプション)の市場想定価格は6,400円(税抜)からです。
製品の詳細はヴイエムウェアのパートナまでお問い合わせください。

製品の詳細や30日間の無償トライアルをご希望の方は、下記URLもご参照ください。
http://www.air-watch.com/lp/ja/free-trial/

ヴイエムウェアでは、2016年3月1日(火)に目黒雅叙園(東京都目黒区)で、これら新製品の紹介とともに国内の先進的なユーザをお招きするプライベートイベントを開催します。イベントへのご参加は、下記URLよりお申し込みいただけます。
https://vm-event.jp/bm/

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアの年間売上高66億ドル(2015年度)で、50万社を超える顧客と7万5,000社を超えるパートナを有しています。シリコンバレーに本社を置き、全世界にオフィスを展開しています。VMwareの詳細はwww.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、AirWatch、AirWatch Enterprise Mobility Management、VMware Workspace、Workspace ONE、NSX、VMware Identity Manager、Content Lockerは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヴイエムウェア株式会社
  4. >
  5. ヴイエムウェア、よりスマートで安全なデジタル ワークスペースを実現する最新版のVMware AirWatch® 8.3を発表