「朱熹修養論の研究」麗澤大学出版会より発売

麗澤大学出版会では麗澤大学 外国語学部助教 宮下和大 氏による「朱熹修養論の研究」を刊行致しました。

中国南宋の朱熹(しゅき・1130~1200)は、誰もが聖人になりうるとし、聖人へ到達するための修養論の完成に力を入れていた、と言われています。
「修養」が何らかの実践を含む言葉である以上、そこには到達目標にどれだけ接近あるいは到達しえたかという効果が、修養の意義に係わる事柄として常に問われることになります。
では朱熹はいかなる修養法を構想し、その意味づけや効果の検証を行っていたのか。東アジア広域に伝播した「朱子学」の起点に位置する朱熹その人の思想を修養の実効性という新たな視座から解き明かす興味深い一冊となっております。
 

 

 

【朱熹修養論の研究】
著者:宮下 和大(みやした・かずひろ)
価格:3,024円(税込)
目次:
緒 言 問題意識と目的
第一部 朱熹における知の修養
第一章 知と行とその実効性
第二章 知の修養における「疑」の位置づけ
第三章 「所當然」「所以然」における三つの関係性
第四章 修養論としての「所以然」説とその挫折
第二部 朱熹における心の修養
第五章 程頤の敬について
第六章 朱熹の敬について
第七章 朱熹における程頤説の受容と捨象
第三部 修養論的視座からの朱熹思想再考
第八章 朱熹の欲望観
第九章 朱熹の「理」と「心」
結 言 修養の実効性という視座
注/主要資料・引用論文一覧
あとがき

 【宮下 和大 氏 略歴】
1972年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科東洋哲学専攻博士後期課程修了、博士(文学)。現在、麗澤大学助教、公益財団法人モラロジー研究所道徳科学研究センター廣池千九郎研究室室長、主任研究員。翻訳書に張榮發(述)・陳俍任(インタビュー・文)『本心―張榮發の本音と真心』(邱瑋琪共訳、麗澤大学出版会、2015)、杜維明「21世紀の儒学」(土田健次郎編『21世紀に儒教を問う』早稲田大学出版部、2010)。

【麗澤大学について】

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業が予定されております。

 

【取材などのお問合せ先】

麗澤大学 入試広報グループ 担当:野村・田中
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp  URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 麗澤大学
  4. >
  5. 「朱熹修養論の研究」麗澤大学出版会より発売