「働く男の冬のニオイと対策調査」

忘年会シーズンは要注意!翌日までひきずるニオイで朝の電車でもニオう!しっかりケアを。

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。忘・新年会などの飲み会シーズンを直前に、男性会社員の冬のニオイについて、またそのニオイに対するOLや妻の意識について、全国の20代~40代の男性会社員、OL、会社員の妻 各150人、計450人を対象にアンケート調査を実施いたしました。
----------------------------------------------------------
男性会社員、OL、会社員の妻 各150人、計450人に聞いた
「働く男の冬のニオイと対策調査」
忘年会シーズンは要注意!翌日までひきずるニオイで朝の電車でもニオう!しっかりケアを。
----------------------------------------------------------

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。忘・新年会などの飲み会シーズンを直前に、男性会社員の冬のニオイについて、またそのニオイに対するOLや妻の意識について、全国の20代~40代の男性会社員、OL、会社員の妻 各150人、計450人を対象にアンケート調査を実施いたしました。

冬でも周囲は気づく働く男のニオイ。本人はニオってないと勘違い!?
男性会社員は、自分以外の男性のニオイは冬でも気になる(74.7%)のに、自分の冬のニオイを気にする率は夏の半分以下(34.7%)。
冬、ニオイ対策をする男性会社員はわずか26.0%。「汗をかかない」「衣服が洗濯しづらい」のがその理由。
OLも妻も、男性会社員のニオイが気になる季節は夏も冬もほぼ変わらず、通年気になる。

ニオイを気にするポイントも勘違い。OLは男性の洗えない衣服に臭さを感じる。
男性会社員自身は冬の衣服では「靴下」など見えないところのニオイを気にするが、
OLが臭さを感じるのは、「ジャケット」や「コート」など洗えないもの。

忘年会シーズン到来、通勤電車は臭勤ラッシュ!朝の電車でもニオう。
飲み会後に参加した男性会社員の衣服のニオイは、翌朝までがっつり臭い(OL63.3% 妻73.3%)。
飲み会帰りの男性のニオイは、帰宅中の電車だけでなく、翌朝の通勤電車内でも臭いと誰もが強く実感。

OLにとって、飲み会翌朝の衣服がニオう男性は「一緒にいるのも恥ずかしい」存在。
OLも妻も、男性のしっかりニオイケアを切望中。
飲み会の衣服がニオう男性会社員を、OLは「不潔」(88.7%)で、 「一緒にいると恥ずかしい」(81.3%)と断罪。
飲み会の後は、積極的にニオイケアをして欲しい(OL84.0% 妻78.7%)と女性陣は切望している。

妻は、夫の洗えない冬の衣服を、消臭スプレーなどで夫以上にしっかりケア。
男性会社員自身は、「消臭スプレー」をかけるか「何もしない」のに、
妻は「消臭スプレー」に「クリーニング」に「陰干し」に…としっかりケア。

調査結果概要
●調査の方法: 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した
WEBアンケート方式で実施
●調査の対象: アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20代~40代男女450人
(既婚の男性会社員150人、OL150人、会社員の妻150人)
●調査実施日: 2014年10月28日(火)~31日(金)

■「冬」でもクサイ男性会社員 女性の7割以上が男性会社員は夏も冬もクサイと思っている!
まず男性会社員のニオイが気になる季節を聞くと、季節差はあまりなく、OL73.3%、妻72.0%と女性の7割以上が、男性会社員は「冬」でもニオうと感じています。男性会社員自身も、74.7%が「男は冬でもニオう」と感じているのに、自分自身のニオイが気になる季節を聞くと、冬は夏の半分以下(冬34.7%<夏80.0%)となり、自分だけはニオわないと勘違い。ニオイ対策も、「夏」は70.0%が行うのに対し、「冬」は26.0%と夏の3分の1近くに減少しています。冬、ニオイ対策をしない理由を聞くと、「冬は汗をあまりかかないから」(56.8%)、「そもそもニオイが気にならないから」(20.7%)、「冬の衣服は洗濯しづらい・毎日の洗濯に適さないものが多いから」(17.1%)と、自分のニオイに鈍感なことと、洗濯がしにくく衣服のケアが面倒なことが、ニオイ対策をしない理由です。

■ニオイケアが面倒な冬の衣類 靴下臭を気にする男性会社員 ジャケットやコートなど洗濯できない衣服がニオうOL
ニオイが気になる冬の衣服は、男性会社員自身は「靴下」(45.3%)、「Yシャツ」(42.7%)、「インナー」(36.0%)の順ですが、OLは男性会社員の「Yシャツ」(49.3%)、「ジャケット」(44.7%)、「コート」(28.7%)が気になるとの回答。男性会社員は見えないところのニオイを気にしがちなのに対し、OLはジャケットやコートなど、洗濯しにくい衣服のニオイを特に気にしています。
OLがニオうと思う男性会社員の衣服「Yシャツ」「ジャケット」「コート」について、どのようなケアをしているのか、男性会社員本人と妻に聞くと、結果、男性会社員本人より妻の方が積極的にニオイケアしてあげていることが判明。特に差があるのは「ジャケット」や「コート」など洗えないもの。男性会社員は「消臭スプレーをかける」と「特になにもしていない」がほぼ同率なのに対し、妻は「消臭スプレーをかける」、「こまめにクリーニングに出す」、「陰干しする」と積極的なニオイケアをしています。

■翌朝までがっつりクサイ飲み会臭 OLは翌朝まで飲み会臭がする男性会社員に「好きな人でも冷める」とNG出し
これからの季節、忘・新年会などの宴席が増えてきます。帰宅中の電車で飲み会帰りの人のニオイが「気になる」のが約8割(男性会社員84.7%、OL79.3%、会社員の妻88.0%)、朝の電車内でも約7割が前日飲み会があった人が「ニオイでわかる」(男性会社員76.0%、OL70.0%、会社員の妻69.3%)と答えています。飲み会の強烈なニオイは衣服にもうつるようで、飲み会後の男性会社員の衣服のニオイが気になるOLは71.3%、夫の衣服のニオイが気になる妻は86.7%。飲み会翌日でも、OLの63.3%、妻では73.3%が男性会社員の衣服のニオイが気になると答えています。このようなニオイを飲み会の翌朝まで残している男性会社員に対してOLは、「不潔」(88.7%)、「だらしない」(86.7%)、「自己管理ができない」(86.0%)と思い、「一緒にいると恥ずかしい」(81.3%)、「好きな人でも冷める・がっかりする」(78.7%)と非常に辛口です。
妻は、夫のコートなど洗えない衣服のニオイ対策として、「消臭スプレー」(74.7%)や「陰干し」(48.0%)、「クリーニングに出す」(33.3%)などこまめにケアしています。しかし、妻ばかりがケアしてあげるのも困りもの。男性会社員に対し飲み会後のニオイ対策にもっと積極的になってほしいか聞くと、OL84.0%、妻78.7%が男性の積極的なニオイケアを望んでおり、タバコやお酒、焼き肉などの食べ物のニオイを消臭し、洗濯したようにさわやかにする消臭・芳香スプレーについては、OL88.0%、妻91.3%が、飲み会後に男性同僚に使用して欲しいと望んでいます。

ニオイケアは社会人としての身だしなみです。会社でも家庭でもクサイと敬遠されないよう、愛され会社員となるためにも、男性自身もまめなニオイケア習慣を身につけたいものです。

男性会社員のニオイと季節の関係

■OLや妻など世の女性は、男性会社員は夏も冬も変わらずクサイと思っている。
■当の本人は他人のニオイには敏感、でも自分のニオイには鈍感。
他人のニオイは冬も気になる(74.7%)のに、自分のニオイは気にならない(34.7%)。

男性会社員のニオイが気になる季節を、同僚の男性会社員、OL、会社員の妻にそれぞれ聞くと、みな「夏」が高めですが、季節によってほとんど差はなく、「冬」でも男性会社員のニオイが気になるという回答が7割(会社員74.7%、OL73.3%、妻72.0%)を越えています。【グラフ1】。
ところが、男性会社員自身に自分自身のニオイが気になる季節を聞くと、「夏」は80.0%と高いのに対し、「冬」は34.7%と半分以下に減少【グラフ2】。
男性会社員は、男性が冬もニオうことには気づいているのに、自分自身への評価は甘いことがわかります。

■冬、男性会社員がニオイ対策をする率は、夏の1/3しかない。
ケアしない理由は「汗をかかない」「ニオイが気にならない」「衣服が洗濯しづらい」から。


ニオイ対策をする季節も、「夏」は70.0%となっていますが、「冬」は26.0%と夏の3分の1近くに減少しています【グラフ3】。冬、ニオイ対策をしない男性会社員(111人)にケアしない理由を聞くと、「冬は汗をあまりかかないから」(56.8%)が最多で、次いで「そもそもニオイが気にならないから」(20.7%)。冬の自分はニオわない(と思い込んでいる)からケアしない、ということのようです。
また、「冬の衣服は洗濯しづらい・毎日の洗濯に適さないものが多いから」(17.1%)、「衣服の種類によってはクリーニングに出さねばならないから」(11.7%)など、洗濯がしにくく衣服のケアが面倒なことも、ニオイ対策をしない理由のようです【グラフ4】。

男性会社員の冬の衣服のニオイと対策

■冬服のニオイ 男性会社員自身が気になるのは「靴下」など見えないところ。
でも、OLが気になるのは「ジャケット」や「コート」などの洗えないもの。

ニオイ対策が面倒な冬の衣服。冬、ニオイが気になることがある衣服をあげてもらうと、男性会社員自身は「靴下」(45.3%)、「Yシャツ」(42.7%)、「インナー」(36.0%)の順ですが、OLは男性会社員の「Yシャツ」(49.3%)、「ジャケット」(44.7%)、「コート」(28.7%)が気になるとの回答。男性会社員は見えないところのニオイを気にしがちなのに対し、OLはジャケットやコートなど、ニオイのケアをしにくい 衣服のニオイを特に気にしています【表1】。

■洗えない冬服、男性会社員自身は、「消臭スプレー」をかけるか「何もしない」のに、
妻は「消臭スプレー」に「クリーニング」に「陰干し」に、としっかりケア。

OLがニオうと思う男性会社員の衣服ワースト3にあげられた「Yシャツ」「ジャケット」「コート」について、どのようなケアをしているのか、男性会社員本人と妻それぞれに聞きました。結果、男性会社員本人より妻の方が積極的にニオイケアしてあげていることが明らかになりました。特に差があるのは「ジャケット」や「コート」などで、「ジャケット」については男性会社員は「消臭スプレーをかける」(32.7%)と「特になにもしていない」(31.3%)がほぼ同率なのに対し、妻は「消臭スプレーをかける」(48.7%)、「こまめにクリーニングに出す」(30.7%)、「陰干しする」(20.0%)と様々なケアをしています。「コート」も男性会社員は「消臭スプレーをかける」(31.3%)、「特になにもしていない」(30.7%)が拮抗。
一方妻は「消臭スプレーをかける」(48.7%)、「こまめにクリーニングに出す」(28.0%)、「陰干しする」(24.0%)となり、男性会社員自身は消臭スプレーをかけるか何も手入れをしない冬の衣服を、妻は消臭スプレーはもちろん、さまざまなケアをしてあげていることがわかります【グラフ5】。

忘年会シーズン 飲み会後のニオイ、衣服のニオイ

■飲み会のニオイは強烈!飲み会のあとは翌朝までがっつりクサイ。
帰宅時の電車内はもちろん、翌朝の通勤電車は臭勤ラッシュ!

これからの季節、忘・新年会など、なにかと宴席が増えてきます。そこで、飲み会とニオイの関係について調べてみました。
帰宅中の電車で、飲み会帰りの人のニオイが気になることがあるかと聞くと、男性会社員84.7%、OL79.3%、会社員の妻88.0%と、ほとんどの人が「気になる」と回答【グラフ6】。また、朝の電車内で前日飲み会があった人がニオイで わかるかと聞くと、男性会社員76.0%、OL70.0%、妻69.3%が「ニオイでわかる」と答えました【グラフ7】。
飲み会のニオイは、飲んだ直後はもちろん、翌朝まで残ってしまう強烈なニオイであることがわかります。

■男性会社員の飲み会あとの服は翌朝までクサイ!OLにとっても妻にとっても、飲んだあとの男の服はニオイが気になる鼻つまみ服

飲み会の強烈なニオイは衣服にうつるようで、飲み会後の男性会社員の衣服のニオイが気になるOLは71.3%、夫の衣服のニオイが気になる妻は86.7%【グラフ8】。飲み会翌日でも、OLの63.3%、妻では73.3%が男性会社員の衣服のニオイが気になると答えています【グラフ9】。
忘年会が始まる前に、男性会社員は衣服のニオイ対策を真剣に考えておいた方がよいのかもしれません。

OLから見た衣服がニオう男性会社員への評価

■飲み会臭を翌朝まで残している男性は、不潔でだらしなくて、一緒にいると恥ずかしい
と、OLからは大NG。好きな人でも冷めるし、がっかりすると非常に辛口。

男性会社員の飲み会後の衣服のニオイが気になると答えたOL(107人)に、何がニオイの原因になっていると思うかを聞くと、「たばこのニオイ」(86.0%)、「会社員の汗や体臭」(62.6%)、「お酒のニオイ」(61.7%)などがあげられました【グラフ10】。
このようなニオイを飲み会の翌朝まで残している男性会社員に対してどんな印象を持つかと聞くと、「不潔に思う」(88.7%)、「だらしない」(86.7%)、「自己管理ができない」(86.0%)そして、「一緒にいると恥ずかしい」(81.3%)と非常に辛口で、「好きな人でも冷める・がっかりする」(78.7%)とまで言われ、百年の恋もニオイで冷めてしまうようです【グラフ11】。

OLも妻も望む男性会社員の衣服のニオイケア

■男性会社員に告ぐ! 会社でも家庭でも、飲んだ後はしっかりニオイケアを。
飲み会の後は、もっと積極的にニオイケアをして欲しい(OL84.0% 妻78.7%)と女性陣は切望中。

前述【グラフ5】の通り、夫である男性会社員以上に衣服のニオイケアをしてあげている妻たち。夫の飲み会の後、コートなど洗えない衣服のニオイ対策として、約8割(74.7%)が「消臭スプレーをかけ」ており、ほかにも「陰干しする」(48.0%)、「こまめにクリーニングに出す」(33.3%)などの対策を講じています。飲み会後のしっかりニオイのケアをしてあげている、妻のけなげな姿が浮かび上がります【グラフ12】。
しかし、妻ばかりケアしてあげるのも困りもの。男性会社員に対し飲み会後のニオイ対策にもっと積極的になってほいしかと聞くと、OL84.0%、妻78.7%が男性の積極的なニオイケアを望んでおり【グラフ13】、タバコやお酒、焼き肉などの食べ物のニオイを消臭し、洗濯したようにさわやかにする消臭・芳香スプレーがあったら、飲み会後に男性会社員に利用して欲しいと思うかと聞くと、OL88.0%、妻91.3%が使用して欲しいと望んでいます【グラフ14】。
ニオイケアは社会人としての身だしなみです。会社でも家庭でもクサイと敬遠されないよう、男性自身もまめなニオイケア習慣を身につけたいものです。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ネオマーケティング
  4. >
  5. 「働く男の冬のニオイと対策調査」