“国民的”広告コピーコンテスト「宣伝会議賞」いよいよグランプリ決定!!

「総広告費6兆円突破」が追い風・応募数過去最高 52 万点の頂点!

応募作品点数52万3392点の頂点が決定
~第52回 宣伝会議賞 贈賞式開催~
ブルーリボン賞新人賞受賞・小芝風花さん登場&ファイナリストにエールも

株式会社宣伝会議(東京都港区、代表取締役会長 東英弥)は、日本最大規模の公募型広告賞である「第52回宣伝会議賞」の贈賞式を、3月12日(木)開催いたします。これまでの過去最高を記録した合計52万3392点の応募作品(コピー・CM)の中から各賞を決定・表彰します。

入賞作品は、同日に開催する最終審査会にてグランプリを含む主要賞11点を決定。日本を代表するトップクリエイター100人による、厳正なる審査を経て選ばれた上位作品の中からグランプリが誕生します。
 

広告市場が6年ぶりに6兆円を突破し(電通2月24日発表)東京五輪開催に向け今後ますます活性化していきます。 「伝え方」をテーマとした書籍も書店店頭で好調、 コピーの力を日常に生かそうという社会の気運が高まる中、 ぜひとも本アワードを取材賜りたく宜しくお願い申し上げます。 

■今年の栄冠は誰の手に!?コピーに賭ける挑戦者のドラマがあります

 

52万3392点の中から厳正なる審査を経て通過した上位作品はどれも秀逸なものばかり。 その中から15名の最終審査員によってさらに作品が厳選され、 グランプリ含む主要賞11点が決定します。 当日、 会場にはファイナリストに選出されたコピー、 そして言葉に対する熱い気持ちを持った挑戦者が全国から集結します。 中には10年以上に渡り挑戦し続ける応募者の姿も。 先行きが見えない時代の中、 それぞれがコピーに賭ける思いとは?
 

■ブルーリボン賞新人賞受賞・映画『魔女の宅急便』主人公キキ役を好演!

第52回 イメージキャラクター 小芝風花さんも贈賞式に登場

 

贈賞式では第52回宣伝会議賞イメージキャラクターを務め、 映画『魔女の宅急便』では主人公のキキ役を好演、 テレビドラマではKTV『GTO』や、 現在放映中のテレビ朝日『セカンド・ラブ』など、 数々のドラマや映画に出演し注目を集める、 現役女子高生女優の小芝風花さん(オスカープロモーション)がプレゼンテーターとして登場。 演技そして勉学を通じ“言葉の力”を知る小芝さんが、 ファイナリストに対しお祝いとエールの言葉を送ります。 

■コンテスト詳細

 

1962 年に始まり今年 52 回目を迎える日本最大規模の広告賞。2014年に創刊60周年を迎えた広告マーケティングの専門誌「宣伝会議」の創刊100号を記念し創設されました。エステー・キヤノンマーケティングジャパン・サントリー・パナソニック(一部抜粋・協賛企業は下記参照)など、日本を代表する 41 社の実在する商品や企業を課題として、キャッチフレーズやテレビ・ラジオ CM 企画のアイデアを募集する“誰でも参加できる”公募型コンテストです。これまで糸井重里氏や林真理子氏といった著名な書き手に加え、広告界を牽引する一流クリエイターを多数輩出。長年に渡り“コピーライターの登竜門”として知られてきました。業界関係者にとどまらず、学生や主婦層からの支持も厚く、例年日本全国・海外から応募があります。受賞作品が実際の広告として利用された実績も多数。メディアと教育事業で61年間、広告界の発展に寄与してきた宣伝会議の、人材育成の志を象徴するコンテストです。


【募集内容】協賛企業から出題される、商品・サービス・企業広告などの広告課題に対して、キャッチフレーズもしくはCM企画の作品を募集します。

【課題企業】41社(※うち1社特別協賛・以下50音順)
アイリックコーポレーション/旭化成/アソビズム/アットホーム/ECC/エスアールジータカミヤ/SMBC コンシューマーファイナンス/エステー/小田急不動産/キッコーマン/キヤノンマーケティングジャパン/
牛乳石鹸共進社/霧島酒造/クラシエフーズ/クレディセゾン/相模屋食料/サントリー/Shutterstock/
松竹/セコム/セメダイン/ダイキン工業/大建工業/ディーエムソリューションズ/トゥ・ディファクト/
東燃ゼネラルグループ/東洋ゴム工業/西日本高速道路/日本公文教育研究会/日本レジストリサービス/
パナソニック/FIXER/不二家/マスメディアン/三菱ケミカルホールディングス/ヤマハミュージックジャパン/ヤンマー/ゆうちょ銀行/リビタ/和田興産/日本放送協会(特別課題) 

【贈賞関係】
グランプリ(1点):賞状・賞杯・賞金100万円、コピーゴールド(1点):賞状・賞杯・賞金30万円、CMゴールド(1点):賞状・賞杯・賞金30万円、シルバー(7点):賞状・賞金5万円、協賛企業賞(各社1点、計41点):賞状・賞金3万円、眞木準賞(1点):賞状・賞杯・賞金 30万円

 
【受賞者・作品通過者発表】
協賛企業賞、二次・三次審査通過者、ファイナリスト発表 『宣伝会議』2015年4月号(3月1日発売)
グランプリほか主要賞発表『宣伝会議』2015年4月号(3月1日発売)
 

株式会社 宣伝会議 について
1954年に創業したマーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク。
マーケティングに関わる全ての人に向け、雑誌・書籍の出版や教育講座を全国展開。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社宣伝会議
  4. >
  5. “国民的”広告コピーコンテスト「宣伝会議賞」いよいよグランプリ決定!!