【偉人がもし、本気の講演をしたら?】現代人の悩みを解決する「偉人教室」開講!

オトナのための エンターテイメント ビジネス書!

株式会社文響社は2016年1月29日(金)に、「もしも偉人が講演会をしたら?」というコンセプトをもとに企画された『退屈な日常を変える偉人教室』(著者・五百田達成)を発売します。







✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛

書 名:退屈な日常を変える偉人教室
著 者:五百田達成
価 格:1,380円+税
頁 数:248頁
判 型:四六判並製
ISBN:978-4-905073-29-1
✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛




 本書は、偉人たちのエピソードを集めた「偉人伝」ではありません。「講演会スタイル」で、さながらTEDトークのような刺激的な講演が次々と始まります。
 たとえば、
「本物の自信のつけ方」…ナポレオン
「何歳になっても第一線で活躍する方法」…徳川家康
「努力すれば夢は叶うはウソ」…エジソン
などなど、各々がその人生を振り返りながら、時には反省の思いを込めながら、現代人に生き方のヒントを教えてくれます。
 名前だけは知っているけど……というあの人、世間のイメージとは実は違う事実……「オトナのためのエンターテイメント」として楽しめる新感覚のビジネス書です。

■なぜ今、偉人なのか?
 偉人の成功体験を語るだけではなく、いいことも悪いことも、人間くさい部分も隠していないのが大きな特徴の一つです。
 たとえば、バチカン宮殿・システィーナ礼拝堂に「最後の審判」を描いたミケランジェロは、「絵の仕事はつらくてつらくて仕方なかった」と語ります。また、千円札の顔でおなじみの野口英世は、借金地獄で婚約詐欺寸前だった経験も告白しています。さらに、失恋続きで一生日の目を見ないまま人生を終えたゴッホなど……「偉人」と呼ばれる人もすべて人間であり、悩みがあったのです。
 けれど、そんな偉人が私たちと決定的に違ったのは何か……。それは、どんな絶望的な状況でも、決してあきらめず、全力で生涯を駆け抜けたということです。
 世の中は、聞くだけで気が重くなるようなニュースばかり。「安定」を求めようとしても、なかなかその通りにいきません。そんな時代の中で、「一生懸命生きていれば、人生はなるようになる!」そんなことを、偉人たちはその身をもって教えてくれるのです。

 

✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛
五百田 達成(いおた たつなり)
 株式会社五百田達成事務所代表。東京大学教養学部卒業後、角川書店・博報堂を経て独立。玉石混交の情報が氾濫する現代において、大切なことをわかりやすく伝える「情報の翻訳家」として、執筆・講演を行っている。モットーは「大人でも知らないことを、子どもでもわかる言葉で」。「スッキリ!!」(日本テレビ系)レギュラーコメンテーター。
 著書に『なんで水には色がないの? 大人も知らない世の中の仕組み』(文響社)、『察しない男 説明しない女』シリーズ ( ディスカヴァー・トゥエンティワン )、『アラン先生と不幸な8人』(ワニブックス)、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』( クロスメディア・パブリッシング ) など多数。
[公式サイト] http://www.iotatatsunari.com/
✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛✛
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 文響社
  4. >
  5. 【偉人がもし、本気の講演をしたら?】現代人の悩みを解決する「偉人教室」開講!