みんなが選んだ入籍日ナンバーワンはやっぱりあの日? 入籍日を大調査

株式会社A.T.brides(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大崎恵理子)は、同社が運営する「すぐ婚navi」にて、入籍のタイミングについて調査したレポート(https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/176/)を公開しました。
もうすぐ「いい夫婦の日」11月22日ですね。今年は11月22日が土曜日の為、この日に挙式をされるカップルも多いのではないでしょうか。入籍日は、結婚式と異なり、ゲスト関係の縛りもなく、土日など関係なく好きな日にちに設定ができます。大切な日になる入籍日。365日から選べる中で実際にどの日を選択されるのでしょうか?

今回のすぐ婚navi×ラルーンウエディングレポートでは、人気の入籍日について調査しました!

【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法 :女性向けアプリ・サイト『ラルーン~女性の悩みケア~』会員様へアンケート調査を実施
調査期間 :2014年10月
サンプル数 :2,977名
調査結果URL:https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/176/

やっぱり不動の人気!11月22日!

Q1. 入籍日を教えてください。

圧倒的な人気11月22日!他の日にちに大きく差をつけて1位でした。さすが「いい夫婦の日」です。

それでは、実際に11月22日を選択された方の声を聞いてみましょう。

「二人にとっていつまでもいい夫婦でいられるように」
「いい夫婦の日は離婚が少ないって聞いたので私達も長く連れ合う夫婦になりたくて」
「ベタです。 いい夫婦。主人の子供の時からの夢だったそうです」

他にも「自分の両親と同じ日にしたかったから」という声もあり、親世代からいい夫婦の日は人気だったのかもしれません。

2位以降もゾロ目やイベントの日が多いですね!日本人はゾロ目が縁起がよいと信じられているということと、イベントごとは覚えやすいということもあるのでしょうか。2位以降のそれぞれの声をみてみましょう。

7月7日
「織姫と彦星は年に1回しかあえないけどずっと一緒におろうね!と願掛け」
「七夕にちなんで、1年に1回、お互いを思いやる日にしました!」
縁起がよい「7」という数字のゾロ目、七夕のロマンティックなエピソードにちなんでこの日を選択された方が多いようです。

10月10日
「2010年10月10日で、10が3つ揃ってるから!」
「2010年10月10日の三重に幸せ、大安の日だったから」

11月11日
「2011年11月11日、100年に1度の1がいっぱいつくゾロ目の日だったから!」
「平成11年11月11日、だから」
「ポッキーの日」

12月24日
「付き合った日がクリスマスイヴだったので、結婚する日も同じにしました」
「2人にとって特別。運命を感じる日だから」

3位もゾロ目とクリスマスイヴ!

2010年、2011年に10月10日、11月11日を選んだ方も多いようです。やはりゾロ目は根強い人気ですね。
七夕同様、ロマンティックなイベントの日は人気があるようです。クリスマスイヴはお付き合いをスタートした日という意見も多かったです。

その他、こんな記念日を選んだ方も。

1月19日「主人が消防署勤めなので、119」
3月10日「佐藤だから」
3月14日「円周率3.14は割り切れないから。2人はずっと割れないという意味で」
8月8日「ハチハチ、母、父の日=親孝行の日。365日の記念日を見て決めた」
11月11日「元々犬が好きだったのと動物看護師をしていたので、『わんわんわん』 の日に」

と、それぞれのエピソードがあるようです。

また「ひな祭りの日に入籍するつもりが、書類不備で出来なかったので翌週になった。とほほ」という意見も。この日にしたい!と思う特別な日があれば準備も前もってしっかり行わないといけないですね。

さらに、人気の月も調べてみました。月によって違いはあるのでしょうか?

1位は、11月。いい夫婦の日があるということもありますが、3位の10月と合わせて結婚式の多い月にもなります。「結婚式の約1ヶ月前に入籍したくて」「忘れないように結婚式当日にしました」と、いう声の通り、入籍日と結婚式を同日や近くの日にちにしたいと考える人も多いからかもしれません。

2位の3月は、手続きの関係で選択された方の声がよくありました。「仕事の都合上3月下旬に入籍することになった」、「新年度より名前を変えた方が手続き上、楽なため」多くの企業が4月から新しい期になり、手続きの関係で入籍をされる人が多いようです。

ちなみに日にちは「22日」が圧倒的に多く、他の日にちの約2倍の人気でした。

「6(睦まじい)22(夫婦)の日」と、11月22日でなくても、「夫婦の日」に入籍をしたという理由が多かったです。普通の何もない日よりも、せっかくであれば縁起のよいゴロ合わせの日を選びたいという傾向があるようです。

それぞれにこだわりのある入籍日。それでは、先輩カップルはどのように入籍日を決めたのでしょうか?


いい日柄(大安、友引など)や付き合った記念日を選ばれた方が多いようです。
籍を入れるなら、日柄にこだわりたいというのは新郎新婦だけでなくご両親の意見もあります。
また、2人の付き合った記念日を結婚してからも大事にしたいという思いで選択されているようですね。

2人にとっての第一歩の日。先輩カップルはそれぞれ様々な理由で入籍日を選択されているようです。今回は11月22日が1番人気、という結果になりましたが、どの日にちもその2人にとっては思いが詰まった大事な日ですね。365日の中で特別な1日、楽しみながら決めてみてはいかがでしょうか。

【すぐ婚naviについて】
URL:http://sugukon.com/
「すぐ婚navi」は、全国600以上の結婚式場および国内リゾート・海外リゾートなどの結婚式場情報を扱うWEBサイト。
「いい式場が、安くなる。」というタグラインのもと、結婚式費用が最大130万円OFFになるお得なすぐ婚特典をはじめ、利用者の下見や挙式のリアルな感想など、お得に賢く理想の結婚式を叶えるための情報を掲載中。
WEBサイトだけでなく、実際に専任アドバイザーと式場探しなどの相談ができる「すぐ婚naviブライズデスク」を全国10店舗以上展開している。


※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社A.T.brides(エイティブライズ)広報 西田
Tel: 052-462-9861
Mail: press@at-brides.co.jp
URL:http://at-brides.co.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社A.T.brides
  4. >
  5. みんなが選んだ入籍日ナンバーワンはやっぱりあの日? 入籍日を大調査