モナコ ロイヤルウェディング展 日本橋三越本店 

本館・新館7階 ギャラリー  7月23日(水)~8月4日(月)

「地中海の宝石」と謳われる世界で2番目に小さな国・モナコ公国。2011年7月にアルベール2世公(故グレース・ケリー妃のご子息)とシャルレーヌ公妃がご成婚され、それを記念してモナコ海洋博物館で開かれた「ロイヤル ウェディング展」がこの夏、日本橋三越本店で開催されます。

main image
この展覧会では、シャルレーヌ公妃が身に着けられた、ジョルジオ・アルマーニによる長さ5mのヴェール付きウェディングドレスや、特別オーダーされた豪華なティアラ「エキューム」をはじめ、ウェディングセレモニーで使用された品々、モナコ公国の歴史資料、今なお人気の高い故グレース・ケリー公妃の関連資料等が華々しく展示されます。

■名 称: モナコロイヤルウェディング展 (L’Histoire du Mariage Princier)
■会 期: 2014年7月23日(水)~8月4日(月)
■会 場: 日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー
       午前10時~午後6時30分(午後7時閉場) ※最終日は午後5時まで
■入場料: 一般・大学生1,000円、高校・中学生800円 (小学生以下無料・税込み)
■主 催:  NHKプロモーション
■後 援: 駐日モナコ公国大使館、モナコ政府観光会議局
■協 力: エールフランス航空、三菱商事
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス
  4. >
  5. モナコ ロイヤルウェディング展 日本橋三越本店