訃報 現代フランス絵画の巨匠アイズピリ逝去

  

 

弊社契約作家である、ポール・アイズピリ(Paul AÏZPIRI、享年96歳)につきましては、2016年1月22日老衰のため逝去致しました。葬儀は1月26日午後3時よりNotre Dame des Champs(ノートルダム・デ・シャン)にて執り行われます。
ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでご通知致します。

アイズピリは1919 年パリに生まれます。父親はバスク人の血をひく彫刻家で、息子を象嵌学校に入学させますが、アイズピリは画家になる夢を捨てきれず、1936 年にパリ国立美術学校に再入学します。1943 年パリで初個展を開催してからは、具象画家として実績を積み重ね、1945 年サロン・ドートンヌ会員となり、1946 年にはパリの新人画家の登竜門として名高い、権威ある「青年絵画展」で受賞。さらに、1951 年ベニスのビエンナーレでナショナル大賞を受賞し、フランス画壇に確固たる地位を築き、名声を高め現在に至ります。日本におきましては、1963年の第2回国際形象展に初出品、以後は毎回同展に出品。1969 年より当画廊(パリ、東京、大阪店)で定期的に個展を開催しておりました。

作品は、フランスではパリ市立美術館をはじめとする美術館、そしてベルギー、オランダなど欧米各地の美術館に所蔵され、日本では山形美術館(山形)、ニューオータニ美術館(東京)、なかた美術館(別称:アイズピリ美術館、尾道)など、有数の美術館に蒐集されております。また、人々の目を楽しませるパブリックスペースにも作品を収め、ホテル二ューオータニ東京のメインバーの壁面を彩る7部作の油彩『カプリ島シリーズ』、ホテルニューオータニ博多のロビーを飾る全長12メートルの巨大フレスコ画『博多の祭り(博多どんたく)』などが有名です。2014年、ギャルリーためながパリ店にて開催しました個展では、フランスはもとより世界の多くの方々より賛辞を頂戴致しました。

※弊社では故人を偲び、追悼展を開催致します。日時につきましては、改めてご連絡させて頂きます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ギャルリーためなが
  4. >
  5. 訃報 現代フランス絵画の巨匠アイズピリ逝去