ペットの安全確保は大丈夫!? ペットが車に乗る際に 約3割の飼い主が工夫をしていると回答!

main image
 T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:仲尾 孝)は、ペットを飼っている20~70代の男女1,183人を対象に、『ペットオーナーの車に対する意識調査』(インターネット調査)を実施しました。

 「ペットが車に乗りやすいように普段から工夫などはしていますか?」と質問をしたところ、全体で約3割(28.6%)の方が「工夫をしている」と回答。犬オーナーは3割以上(34.1%)と多くの犬オーナーがペットを車に乗せていることがうかがえます。

 具体的にどんな工夫をしているか質問したところ、第1位「ペット用シートカバーを敷く(27.7%)」、第2位「クッションなどで足場を固める(15.0%)」、第3位「キャリーバッグ・専用ケースの設置(12.6%)」となりました。第1位・第2位の意見を中心にペットの車内における居住性や自由に行動できるように配慮した意見が多く見られたことが特徴的です。一方、安全性を意識した意見が比較的少ない傾向が見られ、ペットオーナーにとって「ペットの車内における安全性の確保」が、今後の課題のひとつかもしれません。

 また、同時に今後欲しいと思っている車種についてアンケートを行ったところ、トヨタの「プリウス」が1位、トヨタの「アクア」が2位、ホンダの「N-BOX」が3位となり、ハイブリッドカーや軽自動車を中心に低燃費で経済的な車にペットオーナーが興味を持っていることがうかがえます。
 さらに、車に乗る際に普段ペットを乗せている場所について聞いたところ、約半数(44.5%)の方が「後部座席(犬オーナー:46.3%・猫オーナー:39.4%)」と回答。季節も暖かくなりペットを乗せてドライブに出かけたくなるシーズンですが、ペットの乗車環境によっては大きな事故に繋がる危険性もあります。専用リードや専用シートベルトなどでペットをしっかりとサポートするといった安全への意識を高め、ペットと安心して楽しくドライブに出かけられるよう、準備していきましょう。


【調査概要】
●調査対象 :全国の20~70代の男女 (ペットを飼っている方)
●有効回答数:1,183サンプル (男性・800サンプル、女性・383サンプル)
●調査方法 :インターネットリサーチ
●調査期間 :2014年3月25日(火)~2014年3月28日(金)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ペット&ファミリー少額短期保険株式会社
  4. >
  5. ペットの安全確保は大丈夫!? ペットが車に乗る際に 約3割の飼い主が工夫をしていると回答!