ニフティとコムニコ、共同でソーシャルメディアに対する“終活”の意識調査を実施 ~ソーシャルメディア上の“終活”は「重要」、50代が最も高く47.0%、20代でも39.0%~

main image

 ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下ニフティ)と株式会社コムニコ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 雅之、以下コムニコ)は共同で、ソーシャルメディアに対する“終活”の意識調査を行いました。
※“終活”=人生の終わりをより良いものとするために事前に準備すること。

<調査概要>
・調査対象:自身およびその家族がソーシャルメディア(Facebook、Twitter、mixi、LINE、
      Google+、ブログなど)を利用する20歳以上の男女
・サンプル数:500人 性年代均等割付(20代、30代、40代、50代、60代以上)
・調査期間:2013年7月31日(水)~8月 5日(月)
・調査方法:インターネットによるアンケート調査
※調査結果の数値は、小数点第2位以下を四捨五入して表示しています。

<調査結果トピックス>
1.全体の62.8%が“終活”という言葉を知っている
2.万が一の場合ソーシャルメディアで事実を「伝えたい」「伝えてほしい」は、家族の場合も自分の場合も30%以上
3.家族の情報は「残したい」49.2%、自分の情報は「残したくない」71.6%
4.ソーシャルメディアの“終活”は「重要」、50代が最も高く47.0%、20代でも39.0%


<調査の要旨>
1.全体の62.8%が“終活”という言葉を知っている
 「“終活”という言葉を知っていましたか」に対し、全体の62.8%が「知っていた」と回答した。年代別にみても、20代59.0%、30代64.0%と比較的若い年代においても認知されていることがわかる。
 また、全体の19.0%が「自分の死後のソーシャルメディアの扱いについて考えたことがある」と回答した。特に40代は23.0%と最も高くなった。

2.万が一の場合ソーシャルメディアで事実を「伝えたい」、「伝えてほしい」は、家族の場合も自分の場合も30%以上
 「(仮に家族が亡くなった場合)その友人・知人たちに対してソーシャルメディアを通して亡くなった事実を伝えたいと思うか」に対し、34.6%が「伝えてほしいと思う」と回答し、自分の場合にも、31.2%が「ソーシャルメディアを通して伝えてほしいと思う」と回答した。「事実を伝えてほしいと思う」人のうちお通夜や告別式等の連絡については、家族の場合も自分の場合も60%以上が「伝えたい(伝えてほしい)と思う」と回答した。

3.家族の情報は「残したい」49.2%、自分の情報は「残したくない」71.6%
 「ソーシャルメディアの情報(投稿された記事や写真、コミュニケーションの記録など)を残したいか」に対しては、家族の情報は「残したい」「どちらかと言うと残したい」が合わせて49.2%であるのに対し、自分の情報は「残したくない」「どちらかと言うと残したくない」が合わせて71.6%となった。
 家族の情報を「残したい」「どちらかと言うと残したい」と回答した人の情報の残し方については「インターネット上にそのまま残す」46.7%、「データの形式で手元に残す」43.5%、「本・アルバムなどの形式で手元に残す」9.8%となった。

4.ソーシャルメディアの“終活”は「重要」、50代が最も高く47.0%、20代でも39.0%
 「ソーシャルメディアの“終活”は重要だと思う」と回答したのは全体の39.0%。年代別では、50代が47.0%と最も高く、次いで40代の42.0%、20代の39.0%となった。
 今後、ソーシャルメディアの“終活”について「考えていこうと思う」と回答したのは22.6%となり、理由には「今からの時代では必要」や「残された者に迷惑をかけたくない」などが挙げられた。50.4%は「まだ考えられない」と回答し、その理由には「実感がわかない」「これからゆっくりと考えていきたい」などが挙げられた。


 ニフティはこれまでお客様のライフスタイルに合わせたサービスを提供してきました。また、本年6月からは、お客様の“終活”を支援する「暮らしづくり 終活」を提供しています。今後はインターネット上の情報についても“終活”に取り組む必要が出てくると考え、本調査の結果をもとにした情報の発信やサービスの提供などもしていく予定です。

 ニフティとコムニコは、今後も継続してソーシャルメディアに関する調査を実施し、公開していきます。

■ニフティ株式会社( http://www.nifty.co.jp/
ニフティ株式会社は、インターネットサービス「@nifty(アット・ニフティ)」を運営するインターネットサービス事業者です。“ニフティとなら、きっとかなう。 With Us, You Can.” をコーポレートメッセージとし、高品質で安心・安全なサービスの提供を通じて、お客様の日々の生活をより便利で豊かにするための支援をしています。

■株式会社コムニコ( http://www.comnico.jp/
株式会社コムニコは、企業の「Facebook ページ」の開設や運営で多数の実績があり、今後もその経験を活かし、企業のソーシャルメディア上の活動をさまざまな形で支援してまいります。

以上


●本調査結果を報道以外の目的でご利用になる場合は、事前にご連絡ください。
 E-mail:pr@nifty.com

●本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
 ・ニフティ株式会社 コーポレートコミュニケーション室 神代(かしろ)、柴崎
  Tel:03-6807-4513 E-mail:pr@nifty.com
 ・株式会社コムニコ 後藤
  Tel:03-6364-9431 E-mail:info@comnico.jp

※「Facebook」はFacebook,Inc.の登録商標です。
※「Twitter」はTwitter,Inc.の商標または登録商標です。
※「mixi」は、株式会社ミクシィの登録商標または商標です。
※「LINE」は、NHN Japan株式会社の商標または登録商標です。
※「Google+」は、Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他、製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社コムニコ
  4. >
  5. ニフティとコムニコ、共同でソーシャルメディアに対する“終活”の意識調査を実施 ~ソーシャルメディア上の“終活”は「重要」、50代が最も高く47.0%、20代でも39.0%~