cloudpack初のユーザーイベント「cloudpack User Group Meetup 2015」開催クラウドサービス事業に加えIoTやゲームなどへの事業領域拡大を宣言

cloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)は、最新のクラウド活用事例にフォーカスした情報提供の場として、cloudpackのお客様と同社のパートナー企業を迎えた初のイベント「cloudpack User Group Meetup 2015」を、2015年10月15日(木)に虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催いたしました。

     ▲アイレット株式会社 代表取締役 齋藤 将平

     ▲セッションの様子


 当日は、cloudpackパートナー企業の出展ブーススペース、講演スペースを設け、アイレットの新たな取り組みや最新のcloudpack活用事例、AWS re:Invent 2015最新レポート、パートナー各社の最新情報を紹介しました。

■設立から13年目を迎えたアイレット、事業領域拡大を表明

     ▲エバンジェリスト 後藤 和貴


 cloudpack User Group Meetup 2015では、cloudpackの最新情報を紹介する基調講演のほか、cloudpackを導入しているユーザー企業のセッション、パートナー企業各社によるクラウドに関する最新技術解説など、計10種類のセッションが開催されました。
 今年で設立13年目を迎えたアイレットの基調講演では、成長の著しいクラウドマネージドサービス事業を核にしながら、アイレットグループとしてIoT分野・ゲーム分野・スポーツ&メディア分野への事業領域拡大を進めていくことを表明しました。
 セッションでは、NTTドコモ社やバンダイナムコエンターテインメント社などcloudpackを導入しているユーザー企業や、ソラコム社などのcloudpackと協業を進めているパートナー企業が登壇しました。また先日ラスベガスで開催されたAWS re:Invent 2015に関する最新情報の解説も行われました。イベントの来場者数は250名を超え、企業の枠を超えて多くの活発な情報交換が交わされる場となりました。

■アイドルがクラウドを知るトークショーを開催

cloudpack User Group Meetup 2015の締めくくりにタレントを招いたトークショーが開催されました。cloudpackからエバンジェリストの後藤和貴をナビゲーターとして、お笑い芸人「Hi-Hi」の進行で、アイドル「アキシブ project」がトークショーに参加しました。アキシブprojectのメンバーが頻繁に使っているスマホアプリを披露し、クラウドがアイドルの日常にも深く関わっていることをクイズ形式で解説しました。芸人とアイドル、そしてクラウドといった意外な掛け合いに珍回答が続出し、会場は笑いに包まれました。
 

【cloudpack User Group Meetup 2015について】

             ▲ブース出展:cloudpack
 

■実施日時         :2015年10月15日(木)
■実施会場         :虎ノ門ヒルズ森タワー4F/虎ノ門ヒルズフォーラム
■ブース出展パートナー企業一覧:

■セッション登壇企業一覧:

cloudpack / 株式会社NTTドコモ / 日本経済新聞社 /株式会社バンダイナムコエンターテインメント /リムレット株式会社 / 新日本有限責任監査法人 /アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 /株式会社ソラコム

【参考:cloudpackについて】
cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後4年連続で認定されています(※2)。

運営会名:アイレット株式会社 http://www.iret.co.jp/
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、Androidアプリ開発事業、システム開発、システム運用・保守事業、サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の4年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。







 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アイレット株式会社
  4. >
  5. cloudpack初のユーザーイベント「cloudpack User Group Meetup 2015」開催クラウドサービス事業に加えIoTやゲームなどへの事業領域拡大を宣言