「Multi-View Calendar」がSalesforceのアプリマーケットからの導入1000件を突破。世界でもっとも人気のあるアプリに!

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)が提供する企業向けカレンダーアプリコンポーネント「Multi-View Calendar」のSalesforce組織へのダウンロード数が、提供開始より6ヶ月間で1000件を超え、SalesforceのアプリマーケットAppExchangeでもっともダウンロードの多いコンポーネントになっています。

Multi-Viewカレンダー


「Multi-View Calendar」は、Salesforceの新しいテクノロジー「Lightning」で開発したモバイルでの操作性に優れたカレンダーアプリです。企業ごとに開発したアプリケーションの部品としても利用可能なコンポーネント形式で提供しています。世界中のSalesforceユーザーに向けてアプリケーションを提供するAppExchangeには、現在約3,000のアプリケーションが登録されています。そのコンポーネントカテゴリで、「Multi-View Calendar」はMost Popularに位置づけられています。

■AppExchangeサイト:
https://appexchange.salesforce.com/components/popular
■Multi-View Calendarページ:
https://appexchange.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N30000000q4PvEAI

 <テラスカイのLightningの取り組みについて>
Salesforce Lightningは、セールスフォース・ドットコムが提供する革新的なユーザーインターフェースとアプリケーションの構築プラットフォームです。「Multi-View Calendar」は、テラスカイが新技術であるLightningをいち早くキャッチアップしサービス化することを目的に開発・リリースしたLightningコンポーネントです。
また、テラスカイは将来的なLightningの普及とユーザーニーズを見越し、Lightningコンポーネントの開発ツールである「SuPICE」を開発し、国内では来春より提供開始予定です。

■「SuPICE」についてのプレスリリース:
http://www.terrasky.co.jp/news/2015/09/supice-salesforce-lightning--.php

 
<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創世記からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず2,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
設立:2006年3月
資本金:4億5,403.5万円
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: http://www.terrasky.co.jp/
東証マザーズ 証券コード:3915

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. テラスカイ
  4. >
  5. 「Multi-View Calendar」がSalesforceのアプリマーケットからの導入1000件を突破。世界でもっとも人気のあるアプリに!