行政書士を目指すなら2月~5月が始めどきと判明。合格率13.1%の難関資格「行政書士」試験に合格した人の傾向を発表。

通信教育のフォーサイト、受講生へのアンケート調査を実施

行政書士や社労士などの難関資格の取得を目的とした講座を運営する通信教育の学校 株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は2015年度「行政書士通信講座」の受講生に対してアンケート調査を行いました。調査の結果判明した合格者・不合格者の傾向を3月18日(金)に発表いたします。フォーサイトでは今後も効果的な学習法や合格に繋がる習慣などを研究し、資格や試験に挑戦される方のためになる情報を発信してまいります。

【調査概要】
■調査方法 :インターネットリサーチ ■調査地域 :全国 ■調査機関 :株式会社フォーサイト(自社調査)
■調査対象 :フォーサイト 2015年度「行政書士通信講座」受講生 ■有効回答数 :合計回答数 591件
内訳:合格者102名(17.26%、未受験生を除くと20.86%)、不合格者387名(65.48%)、未受験者102名(17.26%)
■調査日時 :2016年1月27日(水)~2016年2月15日(月)
 ※行政書士試験は2015年11月8日に実施

 

■全ての調査詳細はこちら(PDF)
http://prtimes.jp/a/?f=d10596-20160317-1704.pdf

 

傾向:2月~5月に勉強を開始する人が多い

 

Q:今回の試験に向けて、どれくらい前から勉強を開始しましたか?(合格者)

 

 

1ヶ月未満:0%
1~2ヵ月前:2.0%(2名)
2~4ヵ月前:5.9%(6名)
4~6ヵ月前:25.7%(26名)
6~9ヵ月前:30.7%(31名)
9~12ヵ月前:25.7%(26名)
1年~1年半前:4.0%(4名)
1年半~2年前:4.0%(4名)
2年以上前:2.0%(2名)
勉強していない:0%

合格者の多くが4~12カ月前に勉強を始めている。
特に6~9カ月前がボリュームゾーンで、11月の行政書士試験から逆算すると、2月~5月の勉強開始が適切と考えられる。

 

傾向:合格者は応援してくれた人がいる

 

Q:受験勉強を実際に応援してくれた人はいますか?

 

 

■いた
合格者: 90.4%(75名)
不合格者:72.8%(217名)
未受験者:49.3%(35名)

■いない
合格者:  9.6%(8名)
不合格者:27.2%(81名)
未受験者:50.7%(36名)

合格者は身近に応援してくれる人がいる割合が高いことが判明。
逆に応援してくれる人がいないと、受験までに挫折してしまい未受験となる傾向。
この傾向は「宅地建物取引士」試験でも同様で、難関資格を取得するには周囲の応援・協力が欠かせないと言える。
受験することを周囲に宣言して協力・応援を仰ぐことと、自分にプレッシャーをかけることも効果的と考えられる。

 

傾向:平日1日2~4時間の学習習慣が合格に繋がる

 

Q:平日(仕事や学校のある日)の1日当たりの平均学習時間を教えてください。
 

 

 

合格者の大部分が平日は1日1~4時間程度の学習習慣があった。
学習時間1~2時間のゾーンは不合格者も多く属しているが、学習時間が2~4時間になると合格者の割合が増加する。
合格者の28.7%が「何をしながら学習することが一番多かったか」の問いに「通勤・通学」と答えている。
難関試験に合格するためには、まとまった学習時間を取るだけでなく、隙間時間も有効活用して学習時間を確保することが非常に重要。

 

 

傾向:合格者は夜22時前から学習を開始する

 

Q:何時ごろから学習を開始しましたか?(主に夜に学習すると答えた方)
 

 

 

「夜に学習を開始」する場合でも、合格者の半数が22時前には学習を開始していた。
深夜にならないうちから勉強を開始する習慣が合格に繋がる可能性がある。

 

■全ての調査詳細はこちら(PDF)
http://prtimes.jp/a/?f=d10596-20160317-1704.pdf

 

────────────────────────────────────────────────
 

■株式会社フォーサイト 会社概要
【本社所在地】東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
【事業内容】教育・学習支援業(資格の通信教育講座、書籍出版、販売)
【取扱資格】行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
【資本金】7,267万円(資本準備金2,767万円)2015年7月現在
【設立】1993年4月 【代表者名】山田浩司 【従業員数】90名(パート・アルバイト含む)

────────────────────────────────────────────────

【フォーサイトとは】

■成長を続ける「通信教育」に特化した学校
フォーサイトは、行政書士や社会保険労務士など主に難関資格の取得を目的とした講座を運営する通信教育の学校です。「通信教育」に特化することで、学習環境で問題になる、経済的問題、時間の制約、地域格差、教育の質の偏り、それらをすべてクリアにし、多くの方へ学びの機会を提供しています。

★ポイント
・通信・通学講座受講者調査で利用率第2位…行政書士の勉強をしていた方を対象としたアンケート調査で、ユーキャンに続く利用率となりました。
・10年間で受講者数が10倍に増加…2005年受講者数2,035人、2015年受講者数23,371人

■高い合格率とリーズナブルな価格の実現
毎年受講生に行う合格率の調査ではどの講座も、全国平均よりも高い数字をマークしています。「上質な教育の“リーズナブルな価格”での提供」は、厳しい金銭的制約の中過ごした苦学生時代に、数々の夢をあきらめてきた苦難の経験を持つ代表山田の強い想いが込められています。

★ポイント
・最大で全国平均の4.25倍の合格率…2014年度宅建・宅地建物取引士試験では全国平均合格率17.5%に対してフォーサイト合格率74.46%。行政書士は全国平均の2.04倍、社会保険労務士は3.29倍 ※当社調べ
・通学講座に比べて50%以上安い価格設定…社会保険労務士講座は、他社通学講座約21万円に対してフォーサイト通信講座は約8万円。 ※当社調べ

■「教育のプラットフォームに」
資格講座で培ったノウハウを活かし、今後は大学受験業界に参入します。全年齢を対象とした学びを提供することを目標に、「人生を変える通信講座 」として、多くの方の学習環境を支えていきます。

────────────────────────────────────────────────

【フォーサイトの講座が高い合格率を誇る理由】

■学習効率を最大限に高めるテキスト・問題集
科学的根拠に基づき、計算して作られた教材が学習効率を高め、合格への一歩を後押しします。

 


★覚えやすく、思い出しやすい
豊富な色使いと、たくさんの図表やイラストが脳に刺激を与え、白黒のテキストよりも記憶に残りやすく、思い出しやすい。

★圧倒的にコンパクトな学習量
「試験で問われる重要事項」だけに学習範囲を絞っているので、知識を整理しやすく、反復学習で素早く理解が深まります。

★解答力を鍛える問題集

難易度・解答目安時間・解説だけでなく、解答時間を記録できるので、繰り返すことで処理能力のスピードトレーニングにも。

 

■まるでマンツーマン!臨場感あふれる講義
DVDやeラーニングで見られる講義動画は、自分のペースで「いつでも」「どこでも」「何度でも」受講できます。

★どこにいても専用の教室に
ハイビジョン撮影の講義は、音質・画質ともに非常に上質。まるで本当に講義を受けているかのように講師の熱意が伝わります。

★スマホやタブレットからいつでも

講義に集中できるよう、テキストを電子黒板に映して講義が進みます。テキストがない外出先や移動中でも学習を進められます。

★わかるまで何度でも受講できる

テキストの全範囲を網羅している講義動画は、わからないところもすぐに見直せるので、理解が早く進み、学習がはかどります。

 

────────────────────────────────────────────────

『本件に関するお問い合わせ』
株式会社フォーサイト 広報課 担当:千葉
E-mail:y.chiba@foresight-inc.co.jp
URL : http://www.foresight.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社フォーサイト
  4. >
  5. 行政書士を目指すなら2月~5月が始めどきと判明。合格率13.1%の難関資格「行政書士」試験に合格した人の傾向を発表。