世界のクリエイターが参加する『国際広告祭』を東北で始動 東日本大震災からの復興を目指して2017年春開催

『東北国際広告祭(Tohoku International Creativity Festival)』実行委員会4月発足

パソナグループで東北におけるインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開する株式会社VISIT東北(本社:宮城県仙台市、代表取締役 齊藤良太)は、クリエイティブディレクターの木田広大(株式会社インスピレート)とともに、次世代のグローバルクリエイターの発掘・育成と、東北ブランドの国際イメージの向上を目指して、国際広告祭『東北国際広告祭(Tohoku International Creativity Festival)』の開催に向け、実行委員会を4月に発足し、2017年春の開催に向けて準備を開始します。
世界では、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル(仏・カンヌ)をはじめ、ニューヨークフェスティバル(米・ニューヨーク)、アジア太平洋広告祭(タイ・パタヤ)など、さまざまな国際広告祭が開催され、現地には世界の一流クリエイターによる最先端の作品が集まるだけでなく、世界中から多くの人が集まることにより大きな経済効果をもたらしています。

そこでこの度、VISIT東北は国際広告祭を東北で開催することにより、次世代のグローバルクリエイターの発掘・育成とともに、地域創生と東北ブランドの国際イメージの向上を目指して、4月に東北国際広告祭実行委員会を発足し、2017年春の開催を目指して準備を開始してまいります。

東北国際広告祭では、世界に誇れる東北の魅力を伝える「東北創生部門」を設け、世界のトップクリエイター達による東北を舞台としたオリジナルCM映像制作のコンペティションの実施を企画しています。最先端のドローンなど撮影ツールを使用し、各国クリエイター達の独自の視点から今の東北を捉え、言語の壁を超えた映像表現により、そのクリエイティビティを競い合います。制作したCM映像は、VISIT東北が運営する外国人観光客向け訪東北WEBメディア『TOHOKU365.com(http://tohoku365.com)』で発信するとともに、東北の自治体向けに提供することで、東北の魅力を世界に発信し、東日本大震災からの復興に貢献してまいります。
本件を含めた、東北国際広告祭のスケジュールや募集部門等詳細に関しては、今後実行委員会にて都度情報を発信してまいります。 

■  東北国際広告祭 概要 
名称 : 東北国際広告祭 Tohoku International Creativity Festival
スケジュール : 
2016年 4月~ 実行委員会発足、協力企業募集
    7月~  事務局設立
    12月~ 募集開始、予備選考
2017年 4月  イベント開催
発 起 人 : 
株式会社VISIT東北(代表取締役 齊藤良太)
クリエイティブディレクター 木田広大(株式会社インスピレート)
主催 : 東北国際広告祭実行委員会
企画協力 : 
株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス
株式会社フロンティアインターナショナル
株式会社インスピレート
後援 : 宮城県丸森町、AD懇談会 (他、今後拡充予定)
スポンサー :  今後、実行委員会にて募集を行ってまいります
 

 


<参考> 発起人 企業概要 

【株式会社VISIT東北】
所在地: 宮城県仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン18階
設 立:  2016年1月5日
資本金: 2,000万円
代表者: 代表取締役 齊藤 良太
事業内容: 観光開発DMO事業、WEBメディア運営事業、インバウンドイベント運営事業、インバウンドマーケティング事業、インバウンドセミナー事業

【株式会社インスピレート】
所在地: 東京都港区芝公園4-4-7東京タワーメディアセンター内
設 立:  2015年11月18日
資本金: 1,000万円
代表者: 代表取締役社長 大日向 由香里
事業内容: プロデュース事業、エンターテイメント事業、クリエイティブ事業、コンサルティング事業

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社パソナグループ
  4. >
  5. 世界のクリエイターが参加する『国際広告祭』を東北で始動 東日本大震災からの復興を目指して2017年春開催