【アニマックス】「宇宙兄弟」大ファンの吉木りさが、ついに“日々人”とご対面!? 「宇宙アニメ特集」:「宇宙兄弟」、「プラネテス」を放送! -オリジナルナビ番組のMCに吉木りささんを起用-

main image
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アニメ専門チャンネル・アニマックス

「宇宙兄弟」大ファンの吉木りさが、ついに“日々人”とご対面!?
天文ショーの当たり年の2012年、“金星食”が起きる8月に
「宇宙アニメ特集」:「宇宙兄弟」、「プラネテス」を放送!

-オリジナルナビ番組のMCに吉木りささんを起用-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年、2012年は“天体ショーの当たり年”と言われ、8月にも「金星食」が起こります。アニメ専門チャンネル<アニマックス>では、この8月に「宇宙アニメ特集」を企画、展開し、8月18日(土)昼12時から本作のレギュラー放送に先駆け「宇宙兄弟」1話から8話までを先行放送、さらに18日(土)と25日(土)深夜0時から2週に渡って「プラネテス」を一挙放送いたします。それに伴い、この「宇宙アニメ特集」の放送にあわせてオリジナルのナビ番組も制作、本日番組制作発表記者会見を開催しました。この会見には、番組MCで「宇宙兄弟」の大ファンでもあるタレントの吉木りささん、鼎談相手の
広島大学大学院准教授の長沼毅先生、声優のKENNさんが登壇しました。

「宇宙兄弟」は、幼いころ宇宙飛行士になるという約束を兄弟でかわし、宇宙飛行士になった弟と、無職ながら宇宙飛行士への夢を捨てきれず、再び宇宙を目指しだす兄を主人公にした兄弟の物語です。一方、「プラネテス」は、宇宙ステーションでデブリ(宇宙ゴミ)の回収を仕事にしている職業宇宙飛行士を主人公にしたテレビアニメで、いずれの作品も宇宙をテーマにした人気テレビアニメシリーズです。

ナビ番組では、宇宙飛行士候補のセミファイナリストに選ばれた実績を持ち、“宇宙”について研究する長沼先生には、“宇宙”や宇宙飛行士採用試験などについてお話し頂き、テレビアニメ「宇宙兄弟」で南波日々人役を演じるKENNさんには、作品の世界観や日々人役を演じた感想などをお話し頂きました。アニマックスのオリジナルナビ番組を通じて、宇宙の魅力を感じて頂きながら、「宇宙兄弟」、「プラネテス」をお楽しみください。

 ©小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【当日レポート】


■吉木りささん
「宇宙兄弟の大ファンで、今回の収録ではKENNさんと長沼先生のお話を聞けて、ファンとしてはたまらない感動の時間でした。KENNさんは収録現場でのエピドードを、JAXAの試験を経験された長沼先生は実体験に基づくお話をしていただき、漫画とリンクしていてリアリティがありました。

「宇宙兄弟」、「プラネテス」ともに家族で見るのにとても良い作品だと思います。宇宙の壮大な話や、家族・仲間の絆、成長物語など様々な要素が詰まった奥が深い作品です。

小さいころからアニメ、漫画が大好きだったので、アニメに関われるのはとても幸せで胸いっぱいです!

また、もし宇宙に行けるとしたら、地球外生命体と話したいです!」

■長沼先生
「自分がJAXAの試験を受けた当時の緊張感や悔しさを思い出しました。宇宙兄弟は、設定から受験者の感情の動きまで、宇宙飛行士について非常に忠実に再現されていて、とても面白いアニメだと思います。」

■KENNさん
「ナビ番組は、収録時間外でも話が絶えなかったくらい楽しくお話ができました。今回、宇宙兄弟の役作りでは特に声を作ることはせず、そのままの声で演じました。日々人の心の動き、兄との関係をよりリアルに演じられたと思っています。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【番組概要】

■放送作品・日時:
①「宇宙兄弟」#1~8     8月18日(土)昼12:00~午後4:00
②「プラネテス」#1~13   8月18日(土)深夜0:00~翌朝6:00
③「プラネテス」#14~26   8月25日(土)深夜0:00~翌朝6:00

■作品紹介:
『宇宙兄弟』
2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「2人で宇宙飛行士になろう」と約束した南波六太(なんば むった)、日々人(ひびと)兄弟。時は流れ2025年、その時に交わした約束通り日々人はNASAの宇宙飛行士となって月に向かおうとしていた。その一方、弟の悪口を言った上司に頭突きして自動車開発会社を退職し無職となった六太。再就職もうまく行かず、意気消沈していた六太の元に、事情を聞いた日々人からメールが届く。「あの日のCDを聴け。」メールに書かれているまま、幼い日に録音したカセットテープを聴く六太。するとそこには、六太が置き去りにしていた「約束」が鮮明に刻まれていた。
©小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures


『プラネテス』
主人公のハチマキ(星野八郎太)はサラリーマン。宇宙ステーションでデブリ(宇宙ゴミ)回収を仕事にしている職業宇宙飛行士だ。自分の宇宙船を手に入れるため、同僚のユーリやフィー、新人のタナベとデブリを回収する日々。今年で4年目を迎えた25歳、そろそろ自分の生き方を考え始めてきた。 2075年。地球、宇宙ステーション、月の間を、旅客機が普通に行き交う世界で、ハチマキはどう想い、成長していくのか。ハチマキは今日も仕事に出掛けていく。
©幸村誠・講談社/サンライズ・BV・NEP
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
  4. >
  5. 【アニマックス】「宇宙兄弟」大ファンの吉木りさが、ついに“日々人”とご対面!? 「宇宙アニメ特集」:「宇宙兄弟」、「プラネテス」を放送! -オリジナルナビ番組のMCに吉木りささんを起用-