オプロ、帳票クラウドサービス「OPROARTS」のマイクロソフト「Microsoft Azure」でのサービス提供開始を発表

OPROARTSからプリンターへの直接印刷、Windowsフォントを埋め込んだPDF生成を実現

日本オプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:里見 一典、以下オプロ)は、帳票クラウドサービス「OPROARTS」のデータセンターとして、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下マイクロソフト)が提供する「Microsoft Azure」上で稼働するサービスの提供を開始することを発表しました。

「OPROARTS」は、8年間の実績がある帳票クラウドサービスです。これまで、2つの異なるデータセンターを連携し、冗長性・可用性を高めることで、BCP対策、および、99.99%の高い稼働率を実現して参りました。今回、新たなデータセンターとして、マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」上での稼働を開始し、3つのデータセンターを連携させることによって、全体の最適化を行います。また、Windows Serverの利用により、新たなサービスの提供が可能になりました。
 

 

*Windowsフォントを埋め込んだPDFドキュメント生成
Windows標準のフォントを埋め込んだPDF生成が可能になります。機種に依存することなく、スマートフォン・タブレットでも、PDFの表示を統一できます。

*OPROARTSから直接、指定されたプリンターへ印刷
これまでのプリンター直接印刷は、パソコンにOPRO X Browser(※1)をインストールすることで実現していました。Microsoft Azure連携によって、アプリケーションのインストールが不要になり、スマートフォン・タブレット等、モバイル環境からの印刷が可能になります。また、現場にWindows Serverが無くても指定されたプリンターで印刷できますので、より幅広い業務への対応が可能になります。

※1 「OPRO X Browser」は「OPRO X Server」によって生成されたXMLをベースとしたオリジナルフォーマット(OXR/OPR)を表示・印刷・編集するためのクライアントソフトウェアです。

※2 「OPRO X Server Print Edition」はWindowsプリンタドライバーを利用したサーバ印刷機能に特化したそうとウェアライセンスです。

 ※3 価格及び提供時期につきましてはお問い合わせください。

オプロについて
オプロは創業以来「make IT simple」を製品のコンセプトとして捉え、「Less is More」を開発の主眼として推し進めてきた結果、クラウドの時代にふさわしい、帳票という概念を超えた製品・サービスを提供しています。
オプロの製品・サービスは「帳票という概念を超え、様々なビジネスドキュメントをノンプログラミングで実現できる」ことが最大の特徴です。PDF印刷というコアの製品だけでなく、電子メール・FAX等の配信に加え、外部への封入投函も含めた配信のアウトソーシング等、必要なビジネスドキュメントを、必要な時に、必要な場所に配信でき、活用できる仕組みこそがビジネスの加速に不可欠であると考え、多種多様な配信手段も併せて提供しています。
オプロの提唱する「Cloud Enhanced Service」はお客様の事業にあわせて、あらゆるプラットフォームを最適な形での利用を可能にするサービスです。大量のデータ処理と複数のプラットフォームの同時­利用を可能にし、お客様が必要な機能だけをフレキシブルに利用することができます。

【イベント出展・セミナー情報】
2015年3月18日(水) 帳票システム入れ替えキャンペーンセミナー
Windows Server 2003のサポート切れにより、帳票ソフトの入れ替えを検討しているお客様必見です!
2000社以上の導入実績のあるOPRO X Serverをご紹介いたします。OPRO X Serverは、クラウド帳票実績NO.1であるOPROARTSで使われている帳票ソリューションです。
OPROARTSは8年間の稼働率が99.99%誇るクラウド帳票サービスで、そのエンジンであるOPRO X Server を大変お得な金額でご利用頂けるキャンペーンをご用意いたしましたので、皆様のご参加をお待ちしております。
http://www.opro.net/event/20150318.html

2015年3月3日(火) AppExchange EXPO 東京 2015
株式会社セールスフォース・ドットコムと特定非営利活動法人アップエクスチェンジコンソーシアムが共催する「AppExchange EXPO 東京 2015」に出展いたします。
作成した見積書から商談を連携し、仕入先に対する発注、納品、請求、入金管理ができるAppExchage アプリ「見積・請求オプション」はもちろん、Chatterフィードの投稿を絞り込み、ユーザ毎やタグ(#)毎等をまとめてレポート作成できるSalesforce1アプリ「オプレコ for Chatter」、新たな顧客コミニュケーションを実現するマーケティングソリューション「パーソナルドキュメンタイズサービス」を一挙にご紹介しますので、是非ご参加ください。
http://www.opro.net/event/20150303.html


日本オプロ株式会社概要
社名:日本オプロ株式会社
社長:里見 一典
設立:1997年4月4日
所在地:東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6階
URL:http://www.opro.net/

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

 本件に関するお問い合わせ先

日本オプロ株式会社
e-mail:sales@jp.opro.net
電話:03-5765-6510 / FAX:03-5765-6560


本発表に伴い、日本マイクロソフト株式会社様からエンドースメントを頂戴しております

日本オプロ株式会社による「Microsoft Azure」での「OPROARTS」のサービス提供開始の発表を心から歓迎いたします。日本オプロ社は帳票クラウドサービスを8年にわたり安定して提供されている№1帳票クラウドベンダーであり、今回の「Microsoft Azure」でのサービス提供開始により、帳票システムのクラウド化がより一層促進できるだけでなく、幅広いビジネスコミュニケーションを求めるお客様のニーズに応えていただけるものと期待しています。

日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー エクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部長 伊藤 かつら
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本オプロ株式会社
  4. >
  5. オプロ、帳票クラウドサービス「OPROARTS」のマイクロソフト「Microsoft Azure」でのサービス提供開始を発表