イケアの「難民キャンプに明かりを届けよう」キャンペーン UNHCRに1080万ユーロ(約14億円)の寄付

難民の保護と支援を行なう国連機関であるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、世界規模の支援キャンペーンである「難民キャンプに明かりを届けよう」キャンペーンをイケアのお客さまとコワーカーがサポートしたことに対して感謝を表明します。今年はこのキャンペーンに1080万ユーロ(約14億円)の寄付が寄せられました。キャンペーンは世界各国のイケアストアで2015年2月1日~3月28日にかけて行われ、キャンペーンの期間中、イケアストアでLED電球を1つお買い上げいただくごとに、IKEA Foundationは1ユーロをUNHCRに寄付しました。キャンペーンで集まった寄付金は、バングラデシュやチャド、エチオピア、ヨルダンで暮らす38万人の難民の生活改善を目的として、教育の機会や、太陽電池式の街灯、ソーラーランタン、その他の再生可能エネルギーソリューションの提供に役立てられます。
2014年に初めてキャンペーンが開始されて以来、その寄付金が支えた活動をいくつかご紹介します。
· ヨルダンのアズラック難民キャンプで暮らす1万1000人のシリア難民は、約500本の太陽電池式の街灯とLEDの街灯が設置されて以来、夜間も安全に外出できるようになりました。

·エチオピアのドロアド地域にある難民キャンプで暮らす4万以上の家族が、日没後も通常の生活を送れるようにするために、4万個のソーラーランタンと240本の街灯を現在届けているところです。

·チャドでは1万3000人以上の子どもたちが小学校に通い、学習を続けられるようになりました。

「世界中で家を追われ難民となった人の数は、第二次世界大戦以降初めて5000万人を超えました。そのうち1300万人の難民がUNHCRの保護を必要としています。このような状況においては、UNHCRの長年のパートナーであるIKEA Foundationの活動を通して得られる、世界中の一般の方からの支援がより一層重要になっています。このグローバルキャンペーンに参加してくださったイケアのコワーカーの努力と、イケアのお客さまの支援に心からの感謝を述べたいと思います。皆さまのおかげで、何万もの難民の人々に明かりを届け、暮らしを改善することができます」(T. Alexander Aleinikoff、国連難民副高等弁務官)

「イケアのコワーカーとお客さまのおかげで、何万もの難民の子どもたちと家族が持続可能なエネルギーと明かりを手に入れます。地球上でもっとも弱い立場にある難民の一部の人々が、家族で一緒に食事をしたり、宿題をしたり、コミュニティーの人々にとって重要な、親睦を深める集まりを開いたりなど、ごくあたりまえの活動ができるようになります」(Per Heggenes、IKEA Foundation、CEO)

イケアグループについて
イケアのビジョンは「より快適な毎日を、より多くの方々にご提供すること」。イケアはこのビジョンのもとで、優れたデザインと機能性、手ごろな価格、高い品質を兼ね備え、環境と社会に配慮して製造されたホームファニッシング製品を提供しています。イケアグループは現在、世界28カ国に300以上のイケアストアを展開しています。イケアグループの店舗のほかにフランチャイズのイケアストアの数も40を超えています。2014事業年度のイケアストアへの来店者総数は7億1600万人、イケアのウェブサイト(IKEA.com.)の訪問者数は15億人です。http://www.ikea.com

 IKEA FOUNDATIONについて
IKEA Foundationは、スウェーデンのホームファニッシング企業であるイケアの慈善部門として、世界中のもっとも貧しいコミュニティーで暮らす子どもと若者の機会の向上を目的として、根本的かつ永続的な変化をもたらすことができる、包括的で長期的なプログラムに資金提供を行っています。IKEA Foundationは、力強く戦略的なパートナーとともに、子どもの生活の基本となる4つの分野(家と呼べる場所、健康な人生のスタート、質のよい教育、継続的な家族の収入)において大きな成果を達成するために、革新的なアプローチに力を注いでいます。詳しくは、http://www.ikeafoundation.org および http://www.facebook.com/IKEAfoundation をご覧ください。

 UNHCRについて
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR:United Nations High Commissioner for Refugees、The UN Refugee Agencyとしても知られる)は国連総会決議によって1950年12月14日に設立され、翌年1月1日に活動を開始しました。UNHCRは人道的見地から紛争や迫害によって故郷を追われた世界の難民の保護と難民問題の解決へ向けた国際的な活動を先導、調整する任務を負っています。難民の権利と尊厳を守り、すべての人が庇護を求める権利を行使し、安全に庇護を受け、延いては自主的に帰還、あるいは庇護国に定住、または第三国に定住できるために努力します。設立以来この60年以上にわたり、数千万人以上の生活の再建を支援し、現在は約8,600人の職員が世界約125か国で3390万人の支援に従事しています。詳しくは、http://www.unhcr.or.jp または http://www.facebook.com/unhcrorjp をご覧ください。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イケア・ジャパン株式会社
  4. >
  5. イケアの「難民キャンプに明かりを届けよう」キャンペーン UNHCRに1080万ユーロ(約14億円)の寄付