ゲームギフトとMMD研究所との共同によるスマホゲーマー実態調査を実施~月間平均課金額に一般スマホユーザーと20倍の差~

株式会社AppBroadCast[アップブロードキャスト](代表取締役:小原聖誉、本社:東京都港区、以下:ABC)は、MMDLabo株式会社(代表:吉本 浩司、本社:東京都渋谷区、以下:MMD)が運営するMMD研究所と、ABCが運営する、Android390万DLのスマートフォンゲーム向けメディアプラットフォーム「ゲームギフト」にて共同調査を行い、第1弾としてスマートフォンゲームをプレイする10代以上の男女1,014人を対象に「スマートフォンゲーマーに関する実態調査」を実施致しました。
本調査ではゲームギフトユーザーに対して調査を実施しており、自身をゲーマーであると回答したスマートフォンゲームを積極的に楽しむ方を対象としています。
また、一般スマートフォンユーザーとスマートフォンゲーマーのゲームに対する態度の違いを検証するため、2015年12月にMMD研究所で実施した一般スマートフォンユーザーを対象にした調査である「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」との比較を行っています。
  • スマートフォンゲーマーの9割超は「毎日遊ぶ」と回答
  • 同時に遊んでいるタイトル数「5~6個」が最多、「0個」は3.2%に留まる
  • 1ヶ月のゲーム平均課金額、一般のスマホユーザーは「1~500円」に対し、スマートフォンゲーマーは「5,001~10,000円」が最多
  • スマートフォンゲーマーの69.1%が「攻略サイト」を利用 

■   スマートフォンゲーマーの9割超は『毎日遊ぶ』と回答

スマートフォンでゲームをする10代以上の男女1,014人に対し、自身のゲーマー度合いを尋ねたところ、53.7%が「一般的なゲーマー」と回答し、続いて「そこそこハードなゲーマー」という回答が20.2%となった。「超ヘビーゲーマー」と「そこそこハードなゲーマー」という回答を合わせて、約1/4を占め、「ややライトなゲーマー」と「かなりライトなゲーマー」という回答も同じく約1/4を占め、残りの約半数が「一般的なゲーマー」という回答に分かれる結果になった。

●自身をゲーマーだと思うかどうか(N=1,014)

 

 また、スマートフォンゲームを遊ぶ頻度について聞くと、92.0%が「毎日遊ぶ」と回答し、続いて「週5~6日遊ぶ」という回答が4.2%となった。尚、一般スマートフォンユーザーを対象にした「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」では、「毎日遊ぶ」という回答は49.6%に留まり、スマートフォンゲーマーのアクティブなゲーム頻度が伺える結果となった。

●スマートフォンゲームで遊ぶ頻度の比較

左:本調査(N=1,014)スマートフォンゲーマー、右:「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」(N=280)一般スマートフォンユーザー
 

 

※一般のスマートフォンユーザーとの比較の為、2015年12月10日~12日に実施した「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査(N=280)」と比較

 
■  同時に遊んでいるタイトル数「5~6個」が最多、「0個」は3.2%に留まる

スマートフォンでゲームをする10代以上の男女1,014人に対し、同時に遊んでいるタイトル数について尋ねたところ、「5~6」が39.5%で最多となり、7個以上の回答と合わせると、約7割のユーザーが「5個以上」のゲームを平行して遊んでいる結果となった。尚、一般スマートフォンユーザーを対象にした「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」では、「0個」という回答が37.5%で最多となっていて、スマートフォンゲーマーが複数のゲームを同時に楽しんでいる結果が明らかになった。

 ●スマートフォンゲームで平行して遊ぶタイトル数の比較

左:本調査(N=1,014)スマートフォンゲーマー、右:「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」(N=280)一般スマートフォンユーザー
 

※一般のスマートフォンユーザーとの比較の為、2015年12月10日~12日に実施した「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査(N=280)」と比較


 
■  1ヶ月のゲーム平均課金額、一般のスマホユーザーは「1~500円」に対し、ゲーマーは「5,001~10,000円」が最多

スマートフォンでゲームをする10代以上の男女1,014人の中で、アプリへの支払いをすると回答した519人に対し、1ヶ月のアプリの平均支払額を聞いたところ、「5,001円以上10,000円」が17.3%で最多となった。続いて、「3,001円~5,000円」が14.6%、「10,001円~30,000円」が12.9%という回答となった。合わせると、半数以上のゲーマーが月3,000円以上ゲームアプリへ支払いを行っている事がわかった。尚、一般スマートフォンユーザーを対象にした「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」と比較すると、「1円~500円」が43.5%で最多となり、合わせて3,000円以上は、1割弱に留まっており、一般のスマートフォンユーザーとゲーマーの間に違いが見られた。

 ●一ヶ月のスマートフォンゲームアプリへの平均支払額の比較

左:本調査(N=519)スマートフォンゲーマー、右:「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」(N=108)一般スマートフォンユーザー
 

※一般のスマートフォンユーザーとの比較の為、2015年12月10日~12日に実施した「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査(N=108)」と比較


■  スマートフォンゲーマーの69.1%が「攻略サイト」を利用

スマートフォンでゲームをする10代以上の男女1,014人に対し、スマートフォンゲームアプリを遊ぶにあたり利用するサービスを聞いたところ、「攻略サイト」という回答が69.1%で最多となった。尚、一般スマートフォンユーザーを対象にした「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」と比較すると、「攻略サイト」は同じく最多であるものの、31.8%に留まり、スマートフォンゲーマーがゲームを進めるにあたり、積極的に攻略サイトで情報を集めている事がわかった。

●スマートフォンゲームアプリを遊ぶにあたり利用するサービスの比較

左:本調査(N=1014)スマートフォンゲーマー、右:「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」(N=280)

※一般のスマートフォンユーザーとの比較の為、2015年12月10日~12日に実施した「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査(N=280)」と比較


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■調査概要 「スマートフォンゲーマーに関する調査」
・ 調査期間:2016年1月7日~1月14日
・ 有効回答:1,014人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:10代以上男女
・ 設問数:11問

■今回調査した全設問
・ あなたは自分をゲーマーだと思いますか?
・ あなたは1日どれくらいの時間、スマートフォンに接触していますか?
・ 以下のSNSサービスで、現在利用しているものを全て選択してください。(複数回答)
・ あなたが遊んだことのあるスマートフォンゲームアプリのジャンルを教えてください。(複数回答)
・ あなたが遊んだことのあるスマートフォンゲームアプリのジャンルの中で、課金経験があるジャンルを教えてください。(複数回答)
・ スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけとして当てはまるものを、下記の中から選んでください。(複数回答)
・ 現在あなたのスマートフォンにあるゲームアプリの数を教えてください。
・ あなたは1週間のうち、どれくらいの頻度でスマートフォンゲームアプリで遊びますか?
・ あなたが現在並行して遊んでいるスマートフォンゲームアプリは何タイトルありますか?
・ スマートフォンゲームアプリでの1ヵ月の平均課金額を教えてください。
・ あなたがスマートフォンゲームアプリで遊ぶ上で利用しているものを教えてください。(複数回答)

データは以下のページにてダウンロード可能です(無料)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1527.html

 【本調査に関するお問い合わせ】
配信元 : MMD研究所  https://mmdlabo.jp/
所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東3-25-11 TANGO33ビル4F
担当者 : 妹尾
連絡先 : 03-6427-6990 / info@mmdlabo.co.jp

 ■   「ゲームギフト」とは

「ゲームギフト」は、ABCが提唱するスマホゲームライフサイクル「PIPAS(*2)」を最大化するために提供されるゲームファンプラットフォーム™です。最新ゲームの事前予約や独占先行プレイ、Google Play™ランキングで上位にある人気スマホゲームのアイテムギフト配信やゲームファンのためのファンページなど、ゲームをもっと楽しむための仕掛けを揃えたゲームファン向けサービスを、au・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルの提供するAndroid™搭載スマートフォン向けアプリ、およびiOS WEBにてご提供中です 。※auのAndroid™搭載スマートフォンには、「ゲームギフト」アプリ並びにショートカットアイコンがプリインストールされています。

「ゲームギフト」アプリはDL数390万、有効インストール数260万を超え、ゲームを専門的に紹介するアプリメディアでは、国内最大級(*1)の規模となります。スマホゲームを週1回以上プレイし課金する10-30代の男性Androidユーザーの認知度は43%に上ります。(*3) また、約40%が毎月スマホゲームに課金するなど、アクティブなパワーユーザーが多数集まっています。(*4)

ゲームギフトが展開する事前予約サービス「ハヤトク」は、月間予約件数で有償事前予約受付サービスの総予約数に対するシェア75%(*5)、βテストサービス「サキプレ」は、βテストを実施するGoogle Playタイトルの採用率80%(*6)を獲得しています。

 Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gamegift
iOS/WEB:http://gamegift.jp/
*1:ABC調べ
*2:「PIPAS」とは、P=Pre、I=Install、P=Play、A=Action、S=Sleep、の頭文字より成り、スマートフォンゲームのユーザーライフサイクルを表したABC独自の概念。
*3:マクロミル調査(事前調査20,000、本調査100サンプル)
*4:ゲームギフトユーザーの内約40%がスマホゲームに毎月課金※アンケート調査(N=40,000)より
*5:2015年9月 ABC調べ
*6:2015年10月 ABC調べ

※ 注
・「Android」および「Google Play」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
・「ゲームギフト」「PIPAS」「ゲームファンプラットフォーム」「ハヤトク」「サキプレ」は、株式会社AppBroadCastの登録商標です。
・その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

【株式会社AppBroadCast】
会社名:株式会社AppBroadCast
代表者:代表取締役 小原 聖誉
所在地:東京都港区南青山5-11-5 住友南青山ビル7F
ホームページ:http://www.appbroadcast.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社AppBroadCast
  4. >
  5. ゲームギフトとMMD研究所との共同によるスマホゲーマー実態調査を実施~月間平均課金額に一般スマホユーザーと20倍の差~