ファッションを通じた支援活動でコラボレーション 南三陸町の子供たちが描いた未来への想いをブレザーに

~ サクラ・ブレザー発売により、植樹を支援 ~

東日本大震災を受け、雇用創出や地域の復旧復興支援を幅広く継続的に行うことを目的に設立された一般社団法人LOOM NIPPON(以下、ルームニッポン)と三陽商会が全国百貨店と直営店にて紳士服と婦人服を展開するブランドの「Paul Stuart(以下、ポール・スチュアート)」は、同法人が展開する被災地に桜を植樹する「SAKURA PROJECTS(以下、桜プロジェクト)」の活動において、桜が咲きほこる南三陸町を取り戻したいという子供たちの未来への想いを多くの方に伝えていくための施策として、特別仕様のブレザーを昨年より共同で企画しています。

 


【 取組みについて 】

ポール・スチュアート(紳士服) サクラ・ブレザー

 ルームニッポンが展開する桜プロジェクトでは、震災によって多くの木々が流されてしまった被災地の子供たちに、桜の木を植えることで将来に希望をもたらしたいと願い、桜の植樹に取組んでいます。ポール・スチュアートはこの活動に感銘を受け、「桜」をテーマにした特別企画の「サクラ・ブレザー」を作り、全国百貨店で展開する紳士服・婦人服の各売場と直営店において発売いたします。


 被災地の子供たちが抱いている、南三陸町に桜をよみがえらせたいという未来への想いを少しでも多くの方に伝えていきたいと考え、昨年よりルームニッポンと共同で独自の取組みを実施しています。 [テキスト ボックス: ポール・スチュアート(紳士服) サクラ・ブレザー] ルームニッポンでは、桜プロジェクトを開始する際、南三陸町の小・中学生に20年後に咲く桜をテーマにした絵を描いてもらいました。その絵をモチーフにした裏地を作成し、サクラ・ブレザーに使用することで桜の優しさを表現した素敵なブレザーが仕上がりました。ポール・スチュアートでは、このプロジェクトの意義と子供たちの想いを伝えていき、これからも桜プロジェクトを支援してまいります。

【 ブレザーについて 】
 このたび発売する特別企画の「サクラ・ブレザー」は、表地にルームニッポン理事長の加賀美由加里氏が代表を務める「ドーメル・ジャポン㈱」の英国製高級紳士服地を使用し、上質な深みのあるネイビーのジャケットに仕上がっています。また、桜の絵をモチーフにした裏地を使用しました。紳士服は2月11日から発売を開始し、婦人服は3月4日より発売いたします。


紳士服・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


デザイン:  サクラ・ブレザー
素材:    毛100%
色展開:   ネイビー
サイズ:   R44~R50、 L44~L50
価格:    本体価格 ¥100,000 + 税
当社型番:  J1D45-171
発売日:   2月11日 ※発売中









婦人服・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


デザイン:  サクラ・ブレザー
素材:    毛100%
色展開:   ネイビー
サイズ:   6、8
価格:    本体価格 ¥79,000 + 税
当社型番:  K1E16-142
発売日:   3月4日 ※発売予定







【 裏地について 】
 裏地に採用された桜の絵は、桜プロジェクトによって集まった205名の小・中学生による絵の中から、及川 夏稀さん(当時、中学1年生)が描いた桜吹雪の絵が選ばれました。

ブレザーの裏地に採用された 及川夏稀さん(当時、中学1年生)の桜吹雪の絵

 

紳士服・婦人服とも桜吹雪の裏地を採用


 

【 特別企画サクラ・ブレザー販売について 】
展開場所: 全国百貨店ポール・スチュアート売場(紳士服・婦人服)
      ポール・スチュアート 青山店
      ポール・スチュアート 銀座サロン(紳士服のみ)
      サンヨー・アイストア


【 桜プロジェクトのイベントについて 】
店舗: ポール・スチュアート 青山店
期間: 3月25日(水)~4月7日(火)
概要: 南三陸町の小・中学生が未来への希望を込めて描いた桜をテーマにした絵をポール・スチュアート 青山店の店内に展示いたします。

ポール・スチュアート 青山店の 店内にて実際の桜の絵を展示します


ポール・スチュアート公式ウェブサイト
http://www.paulstuart.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社三陽商会
  4. >
  5. ファッションを通じた支援活動でコラボレーション 南三陸町の子供たちが描いた未来への想いをブレザーに