Dlifeにてジェニファー・ロペス総指揮の新ドラマ「フォスター家の事情」が日本初放送

同性婚カップルと子どもたち・・・家族のあり方や絆を描いた最新ドラマ。ディズニー・チャンネル出身アイドルも多数出演

“フォスター家”を通して見えてくる、家族の素晴らしさや愛、そして絆を描く最新ドラマシリーズ「フォスター家の事情」を、2月27日(金)9:00より全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて日本初放送!
全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)は、ジェニファー・ロペスが制作総指揮し、同性婚カップルとその子どもたちを主人公に、現代の家族のあり方や絆を描く最新ファミリードラマシリーズ「フォスター家の事情」を、2月27日(金)9:00より日本初放送します。
 

© ABC Family

 

◆“フォスター家”を通して見えてくる、家族の素晴らしさや愛、そして絆を描く最新ドラマシリーズ

「フォスター家の事情」は、ある同性カップルの両親とその子どもたちという、複雑な一組の家族を通して、アメリカが抱えているさまざまな家族問題が丁寧に描かれた話題のファミリードラマです。
警察官ステフ・フォスターと、そのパートナーである副校長のリーナは、ステフの実子と養子に迎えた双子の3人を育てている同性愛カップルです。ある日、リーナが施設から、キャリーという少女の一時預かりをすることに。しかしキャリーは、養家で問題を起こして施設に入れられた問題児だったのです。

 養子や里親から見た家族の姿やお互いを思いやる気持ち、ティーン世代が抱える繊細な心情や思春期らしい悩みなど、複雑な家庭環境や社会だからこそ、改めて感じる家族の大切さや絆の深さは、必見です!

◆ジェニファー・ロペス製作総指揮。ディズニー・チャンネル出身アイドルも多数出演!
製作総指揮は、世界中から注目される人気女優のジェニファー・ロペス。このドラマがきっかけとなり、エンターテインメント業界でLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)コミュニティの地位向上に著しく貢献した人に贈られるGLAADメディア賞のヴァンガード賞を受賞しました。また主要キャストには、ディズニー・チャンネルのドラマシリーズやオリジナル・ムービーなどで活躍しているディズニー・チャンネル スターズが多数登場します。映画「ティーン・ビーチ・ムービー」でヒロインを演じたマイア・ミッチェルが問題児キャリーを、「ウェイバリー通りのウィザードたち」のマックス役であるジェイク・T・オースティンは、養子で双子の兄ヘスースを演じ、成長した彼らの新たな一面が見られる、ファンにはたまらない共演となっています。

 家族の暖かさを教えてくれる最新作「フォスター家の事情」に、是非ご期待ください。

 

© ABC Family

「フォスター家の事情」 2月27日(金)スタート
(字)毎週月曜~金曜9:00~10:00

■第1話『ごちゃまぜの家族』ストーリー
警察官ステフ・フォスターと、そのパートナーである副校長のリーナは、ステフの実子ブランドンと、養子に迎えた双子のマリアナ、ヘスースの3人を育てている同性愛カップル。ある日、リーナが施設から、キャリーという少女の一時預かりをすることに。キャリーは、養家で問題を起こして施設に入れられた問題児で・・・。

詳細は公式サイト(Dlife.jp)まで。公式Twitter(@Dlife_BS258)、公式Facebook(Dlife.BS258)もご確認ください。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  4. >
  5. Dlifeにてジェニファー・ロペス総指揮の新ドラマ「フォスター家の事情」が日本初放送