2017年プリンセス・クルーズ プロジェクト・アンバサダープレス発表会

~5名のプロジェクト・アンバサダーの初お披露目や、クルーズ代金が最大35%値下げとなる2017年日本発着クルーズパンフレットの第2弾を発表~

世界的なクルーズ会社であるプリンセス・クルーズは、12月1日に2017年のプロジェクト・アンバサダーとしてプリンセス・クルーズのプレミアムな旅の魅力を発信していく5名のアンバサダーの発表および、代表取締役社長 堀川悟による、内側客室の最大35%値下げキャンペーン等を含む、2017年日本発着クルーズのパンフレット第2弾の発表を行いました。

 

 

左)2017年のプロジェクト・アンバサダーとなる田中雅美さん、山本侑貴子さん、萬田久子さん、伊藤緋紗子さん、佐伯チズさん、カーニバル・ジャパン代表取締役社長 堀川悟。
右)乗船時に配布されるクルーズカードと共にポーズをとる5名のプロジェクト・アンバサダー
 



プレス向け発表会にて、2017年日本発着クルーズパンフレット第2弾の詳細を発表。2017年シーズンの前半には内側客室が最大35%値下げとなるキャンペーンや、海側客室以上をご予約の方に船内のおこづかいとして使用できるオンボード・クレジット(OBC)のプレゼントを実施。シーズンの後半には、最大2万円が割引となる早期予約割引特典や対象客室の予約で3~4人目のクルーズ代金が無料になる「3~4人目無料キャンペーン」等を発表しました。

左)30代代表のスポーツコメンテーターの田中雅美さん。「2017年は普段からサポートしてくれている母や姉妹3人でゆっくり旅をしたい」とコメント。また、たくさんの国のプールを経験してみたが、海を見ながら船上のプールで泳いでみたい、と乗船を楽しみにしている様子が伺えました。
右)40代代表の食空間プロデューサー兼ワインエキスパートの山本侑貴子さん。「来年20歳になる息子と、船上でお酒などを味わう息子との旅に出かけたい」と今からワクワクしていました。

50代代表の女優萬田久子さん。若い頃は飛行機で行く旅、大人になったらクルーズ旅と以前からイメージがあった萬田久子さん。「2017年は好きな女性や男性とゆっくりクルーズ旅を楽しみたい」とコメント。また、クルーズ旅でのファッションや、船内での出会いも体験してみたいとのことでした。
 

左)60代代表のエッセイスト兼翻訳家の伊藤緋紗子さん。「普段は忙しく、なかなか主人とゆっくり過ごせないため、2017年は夫婦でゆっくりクルーズ旅を楽しみたいです。またお部屋でゆっくり過ごしたり、エッセイを書いたりするのも楽しみ」とコメントしました。
右)70代代表の美容・生活アドバイザーの佐伯チズさん。「昔からのお友達と、3人で来年乗船し、初めての場所を訪れ、お互いの新しい一面も発見してみたいです。ダイヤモンド・プリンセスでは日本式の大浴場もあるとお聞きしましたので、美容観点からもぜひ体験してみたいと思います」とコメントしました。

プリンセス・クルーズについて
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在 17 隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供しています。世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のゲストを世界中の目的地に向けて、4 泊から 111 泊のクルーズを運航しています。プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社です。

プリンセス・クルーズの主な受賞歴
  • 神戸市におけるクルーズ振興に貢献した功績が評価され、神戸市より「Cruise Line of Excellence」を2016年11月に受賞
  • 英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2016」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」を三年連続で受賞
  • 米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」の「トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて「ベスト・クルーズ・ライン・イン・アラスカ」を2015年12月に
  • 受賞(9年連続の受賞)。米国でのベストクルーズラインであることが評価され「ベスト・ドメスティック・クルーズ・ライン」を同時に受賞
  • 米国のトラベル関連のウエブサイト「レコメンド」が主催する「リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて、ベストクルーズライン クルーズコース部門賞を2014年に引き続き2015年12月に受賞
  • 「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、2015年10月に受賞
  • 第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、観光関連産業部門の部門賞を、2015年8月に受賞
  • 日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、2015年6月に受賞
  • 日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞
  • 日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において2014年度、2015年度と、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」、「総合部門第3位」を二年連続で受賞
  • 英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2014」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」受賞
  •  一般社団法人日本旅行業協会主催「JATA ツーリズム大賞 2013」において、「運輸部門優秀賞」受賞
  • 米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」主催「トラベル・ウィークリー・マゼラン・アワード 2013」において、客船『ロイヤル・プリンセス』(新造船『リーガル・プリンセス』の同型姉妹船)が「ベスト・ラージ・クルーズ・シップ金賞」受賞
  • 米国トラベル誌大手「コンデナスト・トラベラー」主催「コンデナスト・トラベラー読者投票 2013」において、日本発着クルーズに就航している『ダイヤモンド・プリンセス』を含む客船6隻が「ベスト・クルーズ・シップ・イン・ザ・ワールド Top 20 ラージ・シップ」に選出
  • 日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2012」を、2013年6月に受賞
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カーニバル・ジャパン
  4. >
  5. 2017年プリンセス・クルーズ プロジェクト・アンバサダープレス発表会