ついに日本一の朝ごはんの宿が決定!

~800宿の頂点に君臨する朝ごはんは、東海地区代表「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」~

楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R) 2013」頂上決戦を開催し、ついに日本一の朝ごはんの宿が決定しました。第2回を迎えた「朝ごはんフェスティバル(R)2013 ~頂上決戦~」において、見事、日本一の朝ごはんに輝いた東海地区代表「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」は、彩り鮮やかな盛り付けが特徴的なヘルシー朝ごはんが高い評価を獲得し、優勝の栄冠を勝ち取りました。
main image

楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本 考伸、以下 楽天トラベル)は9月3日(火)、東京ガス新宿ショールームにて、「朝ごはんフェスティバル(R)2013 ~頂上決戦~」を開催しました。

厳正なる審査を経て、頂上決戦の結果は以下の通りとなりました。
※審査基準は、以下のイベント概要をご参考ください

  優勝:東海地区代表
 「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」

  2位:神戸地区代表
 「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」

  3位:北関東地区代表
 「那須温泉 ホテルエピナール那須」 


第2回を迎えた「朝ごはんフェスティバル(R)2013 ~頂上決戦~」において、見事、日本一の朝ごはんに輝いた東海地区代表「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」は、彩り鮮やかな盛り付けが特徴的なヘルシー朝ごはんが高い評価を獲得し、優勝の栄冠を勝ち取りました。
審査員を務める日本料理人・全日本調理師協会名誉会長 神田川俊郎氏は、「地元の素材をうまく生かした本当においしい朝ごはん。薄めの味付けも絶妙で素晴らしい逸品だった。」と高く評価しました。また、料理研究家の浜内千波氏は、「お魚のクオリティの高さに驚いた。やさしい味付けで健康についても考え抜かれた見事な構成」と評価しました。
 
 第2位に輝いた「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」に対しては、「素材の良さはもちろんのこと、ドレッシングなどの調味料もバランスが良く、いくらでも食べられる逸品」(株式会社タニタ 総務部社員食堂担当 栄養士 荻野菜々子 氏)との評価が、また第3位の「那須温泉 ホテルエピナール那須」の朝ごはんには「美しい盛り付けで視覚で楽しませてくれるのみならず、フレンチトーストの絶妙な食感が確かな美味しさを生んでいる」(フードコラムニスト 料理雑誌『あまから手帖』編集顧問 門上武司氏)との評価が寄せられました。
 
 約4ヶ月にわたる熱戦を繰り広げた朝ごはんフェスティバル(R)2013も、西日本予選第2位から勝ち上がった「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」の優勝をもって、成功裏に幕を閉じることができました。

楽天トラベルは、今後もホテル・旅館の朝ごはんの魅力を伝えるとともに、「朝ごはん」を旅のきっかけにしていただくため、様々な企画を提供してまいります。

 

~ 優勝 ~
東海地区代表: 「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」

湯葉と地野菜の7色しゃぶ

野点
(煮物・焼魚・出汁巻き等)

下呂産
健康トマトジュース

 

~ 第2位 ~
兵庫地区代表: 「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」

ル・パン オリジナル ブレッド

淡路島有機野菜と”ひょうご味どり”の
トマト煮込みにやまぶき卵のスクランブルをのせて

播磨の有機イタリア野菜のサラダ 
播磨の金胡麻ドレッシング

~ 第3位 ~
北関東地区代表: 「那須温泉 ホテルエピナール那須」

那須高原の朝 エピナール流 
 ブッシュ・ド・フレンチトースト

栄養満点!具だくさん!
体が喜ぶ目覚めの朝スープ

朝採り「味恋とまと」と
フルーツのキラキラ輝く朝日のサラダ


~ 審査員特別賞 ~
伊豆・箱根地区代表: 「箱根湯本温泉 箱根 花紋」
首都圏地区代表: 「ヒルトン東京ベイ」
近畿地区代表: 「ホテル阪急インターナショナル」
(順不同)

■□ 「朝ごはんフェスティバル(R)2013 ~頂上決戦~」 開催概要 □■

■ 名称:「朝ごはんフェスティバル(R)2013 ~頂上決戦~」
■ 開催日時:2013年9月3日(火)13:00~15:00
■ 会場:東京都新宿区 東京ガス新宿ショールーム
■ 出場施設:
※順位は予選結果
東日本地区代表
1位: 伊豆・箱根地区代表 
 「箱根湯本温泉 箱根 花紋」
2位:首都圏地区代表
 「ヒルトン東京ベイ」
3位:北関東地区代表
 「那須温泉 ホテルエピナール那須」

西日本地区代表
1位: 近畿地区代表
「ホテル阪急インターナショナル」
2位: 東海地区代表
「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」
3位: 神戸地区代表
「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」

■ 審査員:
・神田川 俊郎(日本料理人・全日本調理師協会名誉会長)
・浜内 千波(料理研究家)
・門上 武司 (フードコラムニスト 料理雑誌『あまから手帖』編集顧問)
・荻野 菜々子 氏(株式会社タニタ 総務部社員食堂担当 栄養士)
・工藤 裕子(東京ガス株式会社「食」情報センター 主幹)
・山本 考伸(楽天トラベル株式会社 代表取締役社長)

■ 審査項目:
・味覚(味、食べやすさ、等)
・表現力(美しさ、楽しさ、バランス、色合い)
・独創性(料理内容に創意工夫がある)
・朝ごはんらしさ(栄養バランス)

「朝ごはんフェスティバル(R)2013」について
「朝ごはんフェスティバル(R)2013」とは、ホテルや旅館など、約800もの宿泊施設から、日本一の朝ごはんを決定するイベントです。今年から規模を拡大し、約200万のユーザーによるWeb投票(2週間)により上位を獲得した13エリア代表の朝ごはんが、西日本と東日本地区(それぞれ9施設、合計18施設)の2ブロックに分かれ予選決戦を行いました。本日、東西地区予選大会を勝ち上がった上位合計6の宿泊施設が、「朝ごはんフェスティバル(R) 2013 頂上決戦」(東京)にて、「日本一の朝ごはん」の称号を賭けて競い合い、日本一の朝ごはんが決定しました。

■ イベント詳細:
・開催数:WEB投票4回目、リアルイベント2回目
・ユーザーWeb投票期間:2013年5月8日~21日(約2週間)
・参加宿数:約800宿
・第一戦WEB投票数:約200万票
・西日本予選:6/13 各エリア代表 合計9施設が参加
・東日本予選:6/18 各エリア代表 合計9施設が参加

以 上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 楽天株式会社
  4. >
  5. ついに日本一の朝ごはんの宿が決定!