フィギュアスケーターの髙橋大輔さんがデロンギ マルチダイナミックヒーターをPR!「これは、スケーター仲間におすすめしたい暖房。」製品に共感して「1日MD HEATERアンバサダー」に就任!

デロンギ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:杉本敦男)は、11月30日(月)11:00より、二子玉川の蔦屋家電において「デロンギ 第3のヒーター マルチダイナミックヒーター プレスイベント」を実施いたしました。
イベントでは、スペシャルゲストとしてニューヨークへ留学中のフィギュアスケーター髙橋大輔さんをお招きして、商品ジャーナリストの北村森(きたむら もり)さん、デロンギ・ジャパン ヒーター開発担当とのクロストークという形で、マルチダイナミックヒーターの魅力や特徴が、さまざまな見地から議論されました。髙橋さんからは想像以上に寒いニューヨーク生活の中で、ちょうど暖房機選びに困っていたエピソードが飛び出すなど、まさに暖かいトークショーとなりました。

クロストークを通じて、製品の良さをご実感いただいた髙橋さん。会の進行の中で、司会から『1日MD HEATERアンバサダー』に就任依頼をする前に、自ら「アンバサダー」を名乗り出てしまうといった会場の笑いを誘う一幕もあり、和やかな雰囲気でのアンバサダー就任となりました。その後、『1日MD HEATERアンバサダー』の初仕事として、蔦屋家電で実施中の体験ルームでMD HEATERを自らご体感、その感想をプレスに対してアピールして頂きました。

髙橋大輔さんコメント

『ニューヨークの冬は本当に寒いです。実際、寒いのは苦手なんです。ぼくらスポーツ選手は、体調管理が何よりも大事。ホテル宿泊での転戦が多かったので、特に睡眠や部屋での過ごし方には気を遣いました。エアコンは乾燥するので(使わず)厚着をするなどして体を冷やさないように心掛けていましたね。』

実際にMDヒーター体験後、

『乾燥を気にする事なく快適な気温の中で太陽の日を浴びているような心地よさ。表面低温設計という点も気に入ったので、体調管理に気遣うスケーター仲間、お肌の乾燥を気にする女性やお子さんがいる友達にも是非おすすめしたいです。』
 



デロンギ マルチダイナミックヒーター

暖炉のように温度を直線的に上昇させるしかなかった第1世代。従来のエアコンのように、温度の上昇と下降を繰り返すことで室温をある程度コントロールできるようになった第2世代。そして、ついに暖房は「デロンギ マルチダイナミックヒーター(MD HEATER)」の登場によって第3世代をむかえます。革新的な新技術採用により、長年超えられなかった第2の壁を打ち破り±0.5℃という驚異的かつ繊細な範囲内で温度をコントロールすることに成功。温度を自在に操ることで可能になった、「極上の快適さ」をお届けいたします。




 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デロンギ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. フィギュアスケーターの髙橋大輔さんがデロンギ マルチダイナミックヒーターをPR!「これは、スケーター仲間におすすめしたい暖房。」製品に共感して「1日MD HEATERアンバサダー」に就任!