プレママ・ママが選ぶ「ほ乳びん」人気ランキング発表!妊娠・出産・育児サイト『ベビカム』が635人のママたちに調査

乳頭混乱を起こしにくいほ乳びんが人気

株式会社デジタルブティック(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において、「ほ乳びん」についてのアンケートを実施しました。

 

[調査概要]
■調査名:「ほ乳びん」についてのリサーチ
■調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査
■応募期間:2015年10月16日~10月22日
■調査対象:妊活中・妊娠中・育児中の方 635名

※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカム調査隊」ページにて公開しています。
ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

この調査では、ベビカムの会員を対象に、ドクターベッタ(ベッタ)、母乳実感など(ピジョン)、ビーンスターク(ビーンスターク)、テテオ(コンビ)、チュチュベビー(ジェクス)、NUK ヌーク(ヌーク)の、6つのブランド(メーカー)について、回答を頂きました。
評価基準としては、ニップル(乳首)の飲みやすさ、耐久性、デザインの良さ、ママの持ちやすさ・使いやすさ、洗いやすさという5つの指標を設定し、それぞれについて5段階で評価してもらうとともに、それぞれの指標についてもっともよいと思う商品を、1つ選んでいただきました。総合ランキングは、各指標を総合して「もっともよい」と答えた方が多かった順に表示しています。

■ピジョンが59%で総合トップ

総合ランキングでは、『母乳実感』などの商品があるピジョンがトップになりました。自由回答のコメントには「母乳中心なのですが、おっぱいに一番近いので乳頭混乱(※注:赤ちゃんが母親のおっぱいとほ乳びんの乳首の違いに混乱を起こし、おっぱいを飲まなくなること)が少なくてすみました」(32歳女性、お子さん0歳)、「おっぱいを吸うように吸わないと飲みにくいので、最も良いと思いました」(35歳女性、お子さん0歳)といった意見が見られ、おっぱいから飲むのと同じ口の動きで飲めるニップル(乳首)により、乳頭混乱を起こしにくい点が、特に評価されているようです。

■容器デザインではベッタも人気。3位にはビーンスターク
『ドクターベッタ』を展開するベッタが2位となり、「手に馴染む。子供に無理な姿勢をとらせずに最後まで飲ませられる」(30歳女性、お子さん1歳)、「スタイリッシュで機能性もあるデザインだから」(35歳女性、お子さん0歳)などのコメントが寄せられました。
3位には、粉ミルク『すこやか』でも知られるビーンスタークがランクインしました。「まん丸ではなく、四角張っていて手がすべりにくい。熱湯煮沸時にも掴みやすい」(43歳女性、お子さん5歳)「子どもの吸う力に合わせてミルクの出る量が変わり、乳首を買い直さなくてよい」(37歳女性、お子さん0歳)といったコメントがありました。

■ほ乳びんの選び方に悩むママが多い
ほ乳びんの素材には、主にガラス製とプラスチック(樹脂)製がありますが、今回のアンケートでは、ガラス派が56%、プラスチック派が39%と、ガラス製の方が若干人気でした(その他が5%)。ガラスの方が、洗浄や消毒、傷などに強く、耐久性があるという声と、プラスチックの軽さや割れにくさを評価する声に分かれました。
また、今回のアンケートで多かったのが、「自分の子どもに合ったほ乳びんを、どうやって選んだらよいのかわからない」という声でした。
「いろいろ種類がありすぎて、買うのに迷います。 買ったものを子どもが気に入ってくれるかも分からないので困っています」(26歳女性、妊娠7ヶ月)
「実際に使ってみないと分からないところがあるので、産院で試せればいいなと思う」(26歳女性、お子さん0歳)
「低体重児のためか、出産直後から2ヶ月近くなるまで母乳が上手く飲めず、また母乳も上手く出なくなりミルクに頼らざるを得なかった。初産で肉体的にも精神的にもバテバテのところで、子どもに合うほ乳びん探しに時間を費やすのは辛かった。 事前に(講習などが)あっても良いのでは、と思った」(40歳女性、お子さん0歳)
等のコメントが寄せられました。

ほ乳びんを実際に使用してみて、赤ちゃんの飲み方を見てみないと、赤ちゃんに合っているかどうかは分からないので、ほ乳びん選びの難しさを感じている方が多いようです。
実際には、産院で使っているものを参考にしたり、周囲の人や雑誌、ネットなどの口コミを参考にするほか、複数のメーカーのほ乳びんを購入して、比べてみたという声もありました。

■サイト情報
ベビカム(http://www.babycome.ne.jp/

日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞しました。
会員数:278,000人
ユニークユーザ数:約120万人(月間)、820万人(年間)

■会社概要
株式会社デジタルブティック

インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間600万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援や、子ども向けの教育などに関わる事業を行うとともに、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等を提供する。また、幼児向け英語コミュニケーションサービス「DreamPIE」では、オンラインレッスンを中心に、英語で楽しめるさまざまなことを提供している。

商号: 株式会社デジタルブティック
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表取締役: 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
電話: 03-5439-5488
FAX: 03-5439-5489
事業内容: ベビー関連事業、女性の就業支援事業、教育事業、企業へのコミュニティ提供事業など
ホームページ: http://www.digitalboutique.jp 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社デジタルブティック 担当:石井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489
E-Mail:prs@digiboutique.or.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ベビカム株式会社 
  4. >
  5. プレママ・ママが選ぶ「ほ乳びん」人気ランキング発表!妊娠・出産・育児サイト『ベビカム』が635人のママたちに調査