「世界一受けたい授業」で発表した『医師7万人のアンケートでわかる!お医者さんのベストチョイス 第2弾』番組内では放送されなかったアンケート結果全体を一挙公開!

梅雨の時期に気をつけた方がいい病気は? HPでわかる良い病院の見分け方は? 健康診断で見つかりにくい危険な病気は? 風邪っぽいと思ったら医師はどうする? 医師は自身なら余命宣告を希望する?

2015年6月6日(土)に放送された日本テレビの人気番組「世界一受けたい授業」において、当社代表取締役社長の石見 陽(いわみ よう)が講師として出演いたしました。
前回2015年3月の出演に続き、当社が運営する医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」(https://medpeer.jp)に参加する7万人の医師ネットワークに特別アンケート調査を実施し、そこで集めた医師の”生の声”をもとに、石見が授業を行いました。
番組内では放送されなかったランキング結果の詳細や、医師から寄せられた具体的なコメントを公開いたします。

※番組冒頭で紹介された過去調査「医師が最も好きな医療マンガは?」の結果詳細はこちら
 https://medpeer.co.jp/press/_cms_dir/wp-content/uploads/2014/05/Posting_121128.pdf
※前回(2015年3月7日)出演時に発表した医師アンケート調査結果はこちら
 https://medpeer.co.jp/press/?p=2148

【Q1】梅雨の時期に気をつけた方がいい病気は?

1位 食中毒
・食材や総菜の買い置きをよくする方は注意。(50代、循環器外科、男性)
・自炊する、野菜や生ものをよく食べる、食品の温度や衛生状態にあまり気を遣っていない人は、梅雨の時期だけでも注意した方が良いと思います。子供・高齢者などは食中毒で下痢や嘔吐が続くと容易に脱水となり、最悪の場合命に関わるため軽視しない方がよい病気です。(30代、一般内科、女性)
・もともと睡眠不足や過労で疲れている人だと少しの菌でも症状が重くなりやすい。(40代、一般内科、女性)
・今ジャーサラダが流行っているが、食中毒の危険があるため危険だと思う。日本は高温多湿で食中毒が起きやすい。特に梅雨時期は湿度も高く、日によっては夏と同じくらい気温も高くなるので気を付けた方が良い。(30代、乳腺・内分泌外科、女性)
・手洗い、消毒の徹底のほかに、加熱が無効な原因菌がいることも再認識する。必要のない長期保存をせず、基本的に早く消費することが大事。(30代、麻酔科、男性)
・予防策は、やはり一番は食事に気をつけることでしょうか。具体的には、生ものの摂取を控える、調理の際に十分に加熱する、調理してから時間の経ったものを食べないなど。細菌型、毒素型の両方に注意が必要です。二番目は手指を清潔にすること。(40代、消化器外科、男性)

2位 うつ病
・日光を見ない生活はセロトニン分泌に影響を与えるので、うつ状態に陥りやすい。特に一人の殻に閉じこもりやすい人がなりやすい。(60代、脳神経外科、男性)
・新入生・新入社員や転勤・異動で環境が変わった人はなりやすい。(40代、循環器内科、男性)
・気圧の変動により頭痛や自律神経系の変動をきたしやすい人は、全身の不調感からうつ病を発症しやすい。(30代、精神科、男性)
・雨季であり気分的に落ち込む。新生活の場合は慣れてきて自分の役割等もはっきりとしたものになる時期、責任感も増大。(30代、循環器内科、男性)
・日内リズムをつくる、きちんと起床する、日光を感じるようにしたほうが良い。(50代、呼吸器内科、男性)
・予防策は、天気の良い日は外にでかける。ストレスを抱え込まずに、誰かに話す。趣味による気分転換。残業をできるだけ控える。等。(30代、精神科、男性)

3位 気管支喘息
・元々喘息を持っている人が、梅雨時や台風の季節に症状が悪化することがあります。(40代、小児科、男性)
・この時期に喘息の人が悪くなる事が多いですね。初めて発症する人も多いです。アレルギー性鼻炎のある人もいますが、いきなりの事もあります。夜間の咳がでたらできるだけ早く専門医に。(50代、呼吸器内科、女性)
・コンクリート住宅や高気密住宅など密閉型住宅に住んでいる人はなりやすい。(50代、耳鼻咽喉科、男性)
・予防には、こまめな掃除、布団の乾燥。(40代、小児科、女性)
・対策としては、規則正しい生活を送る。咳が止まらない、いつもと違う咳が出るなど気になることがあれば早めに医療機関を受診する。(40代、一般内科、女性)

4位 水虫
・靴、靴下を長時間履く人、生まれつき足に汗をかきやすい人は注意。(40代、循環器外科、男性)
・足の指がくっついているタイプの人はなりやすい。(50代、一般内科、男性)
・悪化しやすい時期。かかりやすいという意味では共有のスリッパを使用する人や銭湯などによく行く人。共有スリッパ、共有マットは菌を持ち帰ってしまいます。菌が付着しても24時間以内に落とせば感染さないと言われていますので、自宅に帰ったら足だけでもすぐに洗い流すのがいいでしょう。(30代、消化器外科、男性)
・対策としては、風通しをよくする、裸足ですごす、5本指の靴下をはく。(50代、一般外科、男性)

5位 夏型過敏性肺炎
・古い日本家屋の、カビ臭い環境の家に住んでいる人、もともとアレルギー体質の人(喘息やアトピー性皮膚炎など)はなりやすい。(40代、脳神経外科、男性)
・空調からのカビや菌が原因で発症することがあります。(30代、呼吸器内科、男性)
・日中働きに出る人より自宅にいる主婦や、喫煙していない人の方がかかりやすいです。(30代、呼吸器内科、女性)
・対策は、梅雨前に掃除(エアコン含め)や梅雨時期には除湿。(30代、産婦人科、女性)
・湿度の高く日当たりの悪い場所、風通りの悪い場所のある家でかかりやすい。対策は、風通りをよくする、畳を張り替える、乾燥機の使用。(30代、循環器内科、男性)


【Q2】はじめて行く病院。ホームページのどこを見れば良い病院だとわかる?

1位 症例数(診療実績)
・自分が診察してほしい疾患の症例数を見る。(40代、消化器内科、男性)
・外科であれば手術数、内科であれば入院患者数などを疾患ごとにホームページでチェックできるところが多いので、それをまずは比較したらよいのではないでしょうか。(30代、呼吸器外科、男性)
・最近では各病院の各々の診療科において担当疾患の治療実績を公開しているので参考にすべきと考えます。(50代、一般内科、男性)
・病院の規模や医師数も大事ですが、実際どれだけ診療しているかは大事な要素だと思います。(30代、呼吸器内科、男性)
・自分自身が、手術でも心臓カテーテルでも内視鏡でも受けるなら、当然症例数、経験年数、実績のある医師にしてもらいたいから。(50代、一般内科、女性)
・ただ数が多いというだけでもダメで一概には言えない部分もありますが、症例数の多さは経験数なのでいろいろなトラブルを回避するノウハウが蓄積しており、安全に手技が受けられる可能性が高いと思います。(30代、皮膚科、男性)

2位 何が得意か明確である
・専門分野の中でも得意分野が何であるか、が明示されており、それに対する信念、実績などが分かりやすく明示されているか。(60代、循環器外科、女性)
・具体的な得意分野と代表的な治療法をチェックする。(40代、産婦人科、女性)
・「何でもかんでもできます」というところより、「うちのココがウリです」というものが明確なほうがよい。(30代、小児科、男性)
・循環器なら虚血性心疾患に強いのか不整脈に強いのか、消化器なら上部消化管・下部消化管・肝胆膵のいずれかに強いなど、明記してあるところは好感が持てる。(30代、代謝・内分泌科、男性)
・病院・医師もすべてに精通・対応しているわけではないので、できるだけミスマッチを防げます。(40代、消化器内科、男性)

3位 常勤医師が十分にいる
・常勤で働く医師が多ければ担当患者数も少なくきめ細やかな医療ができる。(50代、一般内科、男性)
・病床数と比較して常勤医が十分にいるかどうかは重要です。非常勤で水増ししている場合もままありますので。常勤にが十分にいると、迅速で的確な対応が期待できると思います。いくら科の数が多く医師数が多くても非常勤や週1回の外来だけの医師では対応が不十分でしょう。(50代、一般内科、男性)
・医師の不足は、その病院の医療の質に直結します。(40代、消化器外科、男性)
・常勤医の数が多ければ病院経営としても安泰であり医師も満足感を持ってしっかり仕事をしていることが多い。非常勤ばかりで構成されているような病院は職場に問題があったりすると思う。(30代、腎臓内科・透析、女性)

4位 派手な宣伝がない
・あれもやってます、これもやってます、自費診療がやたら多いものは注意。良い病院、流行ってる医療機関は、大々的に宣伝しなくても患者が集まります。(50代、一般内科、女性)
・明らかに「自慢」を前面に出していないか、集患目的と思われそうなコメントがないかをチェックします。(40代、耳鼻咽喉科、男性)
・特にテレビ、雑誌で宣伝しているような病院はよくない。(50代、一般外科、男性)
・ホームページで見分けることは実際には難しいと考えるが、派手な宣伝・誇張した表現のあるところは個人的には避けると思う。(40代、一般外科、男性)
・病院は宣伝して来てもらうのではなく、自然に評判が良くなり患者が増えるのが理想。(50代、整形外科、男性)

5位 医師の経歴
・出身大学と、大学卒業後の勤務歴をチェックする。知的レベルと医師としてどのような教育を受けてきたか、どのような医療を実践しているかがわかり、医師としての技能を推し量ることができる。(50代、麻酔科、男性)
・大病院に勤務中は多くの臨床経験があったのでは、と推測します。もちろんすべてに当てはまることではないですが。(40代、眼科、男性)
・出身大学、経てきた研修病院を見ます。有名な研修病院をへて、その後の経緯をみればわかります。(30代、循環器内科、男性)
・勤務病院、科目、研究歴、経験年数を見る。どこに力を入れているかがわかる。(50代、皮膚科、男性)


【Q3】健康診断で見つかりにくい危険な病気は?

<病気に気づくための対策や予防策>

1位 すい臓がん
・進行するまで症状が無く、一般の健康診断でも早期がんは見つからない。予防としては、過度の飲酒を避ける。(30代、救急医療科、男性)
・健診の項目以外で腹部エコーやCTを追加で検査する。(50代、腎臓内科・透析、男性)
・癌家系だったり、多飲酒だったりする人は、かかりつけ医もしくはかかりつけドックを持ち、一般的な健診ではあまり見てもらえないエコー・腫瘍マーカーなども時々行う。背中~脇腹の不快感があれば特に。(50代、産業医、男性)
・背部中央の違和感が続くようなら、CA19-9を含めて検査する。予防は節酒、バランスの良い食生活。(50代、一般内科、男性)
・飲酒、肥満による糖尿病を避ける、禁煙。(60代、一般内科、男性)

2位 精神疾患(うつ病など)
・不眠や食欲低下に伴って億劫感が出現した時には注意が必要。(50代、精神科、男性)
・ストレスチェックを定期的に実施する。睡眠時間を確保する。(30代、精神科、男性)
・予防としては、残業時間を月30時間以内にする。休みの日は仕事と全く関係のない過ごし方をする。(30代、精神科、男性)
・一般に精神疾患の場合は脳のリズムが乱れてきますので、睡眠・食欲といった脳の基本的な役割が乱れてきます。2~3週間、毎日睡眠や食欲の不調があって、内科的に問題がない場合は精神疾患を疑った方が良いと思います。(50代、精神科、男性)
・精神状態のチェックもしてもらえる健診があると良い。(70代、一般内科、男性)

3位 脳動脈瘤(くも膜下出血など)
・脳ドックでしかわからないので、近親者にくも膜下出血等の既往歴があれば検査を。(30代、脳神経外科、男性)
・未破裂脳動脈瘤は基本的に無症状なので脳ドックしかありません。(30代、脳神経外科、男性)
・通常の健診では脳までの観察はしない。いつもと違う頭痛やめまいを感じたり、親族にくも膜下出血がいればMRI、MRAを受けること。(50代、一般内科、女性)
・脳ドックを定期的に受ける。塩分摂取の制限、定期的な運動などで血圧の管理を行う。(40代、リハビリテーション科、男性)
・高血圧があれば、食生活の見直し。それでも高ければ降圧薬の内服。(30代、形成外科、男性)

4位 胆管がん
・早期発見は極めて困難。エコー専門医でも困難なことが多いが健診でも腹部エコーはすべき。(50代、一般内科、男性)
・総胆管がんは黄疸が出るまで事実上診断ができなので、膵臓がん以上に見つけられないと思います。(50代、神経内科、男性)
・なかなか有効な方法はないと思うが、あえて言えばPETをうける。(40代、麻酔科、男性)
・予防策ははっきりとはわかっていない。たばこをやめる、健康的な食生活をする等。(50代、一般内科、男性)
・印刷業などの職業病の可能性が高いため、発がん性の高いインクなどを使用した経験がある人は、年に一度その専門医の検診を受けた方が良い。それ以外予防策は無いように思う。(50代、消化器外科、男性)

5位 睡眠時無呼吸症候群
・家族などに無呼吸があることを指摘されたら病院を受診するのが大事だと思います。予防としては、太っていれば減量するのが大事だと思います。(30代、呼吸器内科、男性)
・JESSにて自己チェックを行う。ただ、仕事等で長距離/長時間運転せざるをえない方はJESSの点数に関わらず受診し、必要に応じてSASの簡易検査を行うべきだと思われる。(30代、呼吸器内科、女性)
・予防は、肥満に注意する、就寝体位を工夫する。(60代、一般外科、男性)
・周囲にいびきを指摘される、昼間の眠気がキツイなどがあれば受診する。予防は、適正体重に保つようにする。(30代、皮膚科、女性)


【Q4】「風邪っぽい」と思ったら・・・

(1)まずやることは? ※番組では未発表のアンケート結果


 ↓↓具体的な医師のコメントはこちらから(添付のプレスリリースPDFでもご覧いただけます)
 https://medpeer.co.jp/press/?p=2271 
 

(2)食べるならどっち? 肉料理 or おかゆ? 
 

 
 ↓↓具体的な医師のコメントはこちらから(添付のプレスリリースPDFでもご覧いただけます)
 https://medpeer.co.jp/press/?p=2271 

 

【Q5】自身は余命宣告を希望しますか?
 


 ↓↓具体的な医師のコメントはこちらから(添付のプレスリリースPDFでもご覧いただけます)
 https://medpeer.co.jp/press/?p=2271 

 

<調査概要>
・調査対象:医師専用コミュニティサイト「MedPeer」に会員登録をする医師
・調査期間:2015年4月24日(金)~2015年5月1日(金)
・有効回答:1,643名
・回答方法:全て択一選択式

【記事掲載に際してのお願い】
・「医師専用コミュニティサイトMedPeer調べ」、であることの明記をお願い致します。
・web上での引用に際しましては、https://medpeer.jp/へのリンクをお願い致します。

【医師への調査依頼について】
・MedPeer会員医師への調査をご希望の方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

■メドピア株式会社について
・社名 :メドピア株式会社(https://medpeer.co.jp
・代表者 :代表取締役社長 石見 陽 (医師・医学博士)
・設立 :2004年12月
・運営サービス :医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」(https://medpeer.jp

メドピア株式会社は、「Supporting Doctors, Helping Patients.」を理念として、現在約7.7万人の医師(日本の医師の約3.5人に1人)が参加する医師専用のコミュニティサイト「MedPeer」を運営しています。医師同士が臨床現場で得た知見を「集合知」として共有する場を提供することで、医師の診療を支援するとともに、MedPeerの医師会員および集合知を源泉として、製薬企業をはじめとした企業に対して医師向けのマーケティング支援サービスを提供しています。

■お問い合わせ先
メドピア株式会社 広報担当 藤野
電話:03-6447-7961  メール:pr@medpeer.co.jp

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. メドピア株式会社
  4. >
  5. 「世界一受けたい授業」で発表した『医師7万人のアンケートでわかる!お医者さんのベストチョイス 第2弾』番組内では放送されなかったアンケート結果全体を一挙公開!