テラスカイ、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーションを専業とする新会社BeeX(ビーエックス)を設立

クラウドインテグレーションに特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーション・クラウドオーケストレーションを実現する新会社、株式会社BeeX(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下BeeX)を、2016年3月1日付で設立します。
■背景
クラウドサービスへのニーズが高まり、多種多様な企業がクラウドの利用を開始するなどクラウド市場は拡大を続けています。グローバルでは2019年にITインフラの50%はクラウド化すると予測*1されるなど、適用業務も広がりを見せています。企業の中核業務を担うERPについても例外ではなく、その代表的なSAPソフトウェアに対するクラウド化のニーズは高まっています。

■目的
このようなニーズに応え、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーションを実現する新会社、BeeXを設立します。これまでアーリーアダプターのみが享受してきたクラウドのメリットを、より多くの企業が享受できるよう、基幹業務のクラウド化を推進していきます。

■新会社の概要
会 社 名:株式会社ビーエックス

ビーエックス:ロゴ

所 在 地:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
設   立:2016年3月1日
資 本 金:14,950万円(資本準備金を含む)
代 表 者:代表取締役 佐藤 秀哉(さとう ひでや)
技術責任者:副社長、CTO 広木 太(ひろき まさる)

■提供ソリューション
BeeXは、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーション・クラウドオーケストレーションを、下記の3つの観点で実現します。

(1)クラウドテクノロジーを利用した俊敏性の高いビジネス基盤の提供
BeeXではBASIS/インフラ領域に特化することにより、多くのSAPアプリケーション開発パートナーとの連携を図り、業種に依存しないクラウドに最適化した基盤の刷新を行います。SAP社のSAP HANA® Enterprise Cloud、SAP HANA® Cloud Platform、すでに100社を超える企業でSAPソフトウェア基盤の構築実績がある*2アマゾン ウェブ サービス、Microsoft Azureなどのクラウド基盤をビジネスの基盤として提供します。ビジネスニーズに即時対応できる俊敏性の高い基盤、従量課金によるIT基盤投資の最適化を実現します。
SAP® S/4HANA導入においては、クラウド活用によりオンプレミスで、通常2ヶ月程度かかるSAP HANAアプライアンスの導入を数時間に短縮します。プロジェクト期間の短縮、容易なSAP HANA環境展開により開発・テスト品質の向上に貢献します。

(2)クラウド運用の自動化による運用コスト最適化
SAPソフトウェアをクラウドで安心して使い続けるために、クラウドのMSPを専業とするテラスカイの子会社、株式会社スカイ365が提供するMSPサービスを提供します。またサーバーワークス社のCloud Automatorを活用し、クラウド運用自動化による運用コスト最適化を実現します。

(3)ハイブリッド・クラウドによるポストモダンERPの実現
テラスカイが提供するクラウド連携サービスSkyOnDemandやSAP HANA® Cloud Integrationを利用したSAPソフトウェア基盤とクラウドアプリケーションの連携サービスを提供します。クラウドアプリケーションを柔軟に取捨選択して活用することで、お客様のニーズにあったシステム・ポートフォリオの構成を支援します。

<ビジネスモデル概要図>

BeeXビジネスモデル

■目標
BeeXでは、初年度1.5億円の売上を目指します。

【エンドースメント】
■SAPジャパン株式会社 代表取締役社長 福田 譲 様

SAPジャパン株式会社はBeeX様の設立を心から歓迎いたします。テラスカイ様のクラウドにおける実績と知見に加え、BeeX様設立メンバーのクラウド基盤上へのSAPソフトウェア基盤構築・マイグレーションの実績により、クラウド分野におけるSAPの浸透をさらに加速させるものと確信しております。
またiPaaSビジネスにすでに取り組まれているテラスカイ様のスキルを活かし、BeeX様がSAP HAHA® Cloud PlatformやSAP HAHA® Cloud Integrationに取り組んでいただけることは、基幹業務のクラウド化を検討されるお客様にとって、大変有益であると考えております。
今後クラウド市場においてより良いサービスを提供し、日本企業のさらなる発展に寄与していくことを期待しております。

■アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社  パートナーアライアンス本部 本部長 今野 芳弘 様
アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、テラスカイがBeeXを設立し、AWS上でのSAP構築ビジネスを開始することを歓迎します。AWSは、これまでもSAPのクラウド化にあたっては先進的な多くの企業に採用されてまいりました。今後はBeeXによるAWSを活用したポストモダンERPの提供によって、更に多くの企業のビジネス成長に貢献できることを期待します。

<広木 太 プロフィール>

副社長CTO 広木太

  • 1998年:外資系H/Wベンダー2社のSAPビジネス立ち上げに参画。UNIXからIAサーバへのマイグレーション、仮想化技術を積極採用した基盤構築・刷新などに従事
  • 2009年:NTTデータグループのコンサルティング会社で活動「運用投資の最大化」をキーワードに最新基盤技術を採用したSAP基盤構築・刷新・運用保守サポートのビジネスの立ち上げ
  • 2011年:クラウドテクノロジーを活用を開始、近年は世界に先駆けてクラウド技術を活用・最適化したSAP基盤構築・刷新・保守体制の確立などに注力。AWS,Azureなど多くのクラウド基盤上へのSAP基盤構築・マイグレーションを手掛ける。
  • 2016年:株式会社BeeX、副社長、CTOに就任


*1) IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker Q2 2015
*2)http://global.sap.com/japan/news-reader/index.epx?category=ALL&articleID=24569
※   本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創世記からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず2,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
設立:2006年3月
資本金:4億5,403.5万円
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: http://www.terrasky.co.jp/
東証マザーズ 証券コード:3915

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. テラスカイ
  4. >
  5. テラスカイ、SAPソフトウェア基盤のクラウドインテグレーションを専業とする新会社BeeX(ビーエックス)を設立