日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が平成27年度第2回CFP®資格審査試験の合格者を発表!!444名のCFP®試験合格者が新たに誕生

 

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(略称:日本FP協会 理事長:白根壽晴)は、本日、平成27年11月8日・15日に、全国14地区で実施された平成27年度第2回CFP®資格審査試験(以下、本試験)の合格発表を行いました。

本試験で444名が全課目に合格し、受験者総数(6,153名)に対する全課目の合格者(444名)の輩出率は7.2%でした。

CFP®資格審査試験は、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、金融資産運用設計など、計6課目あり、全課目に合格することによりCFP®資格審査試験の合格となります。1課目ずつ受験し合格することができるため、FPに必要な各分野の専門的で高度な知識を習得することができる試験となっています。
(試験概要等は【参考-1】をご参照ください。)

本試験の合格者は、今後、CFP®エントリー研修を受講修了し、かつ3年の実務経験要件を申請し、登録することでCFP®資格の認定を受けることができます。

=================================================================
【世界が認めるFPの頂点 CFP®資格】
CFP®資格は、サーティファイド ファイナンシャル プランナー®資格の略称で、1972年に米国で創設されたファイナンシャル・プランナー資格であり、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できることの証明です。

CFP®資格は、FP資格の中でも「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」に基づく要件を満たすことで取得できる資格です。ファイナンシャル・プランニングの各分野に関する高度な教育やCFP®資格審査試験の合格、日本FP協会が定める「会員倫理規程」等諸規程を順守する誓約書の提出などの要件を満たした者が取得できます。また、資格を維持するためには2年間で所定の継続教育を受けFP知識の維持向上等が求められます。

そのためCFP®認定者は、高度な知識と経験をもち長期的かつ総合的な視点で適切なアドバイスを提供し、他のFPの規範となる確固たる職業倫理を身につけているプロフェッショナルとなります。国内では当協会だけが資格認定できる「FPの頂点」とも言える資格です。2015年12月1日現在のCFP®認定者数は、20,311人です。世界24カ国・地域でCFP®資格が導入されており、日本は、世界第2位のCFP®認定者数となっています。CFP®資格については【参考-2】をご参照ください。

また、近年では金融機関をはじめとしてCFP®資格に高い評価をいただいており、就職・転職等においても、有用な資格のひとつです。
=================================================================
なお、日本FP協会では、CFP®資格審査試験を年2回(6月・11月)実施しており、次回の試験は、平成28年6月12日・19日(ともに日曜日)に実施予定です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

<本部事務所>〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28  虎ノ門タワーズオフィス5F
TEL 03-5403-9700(代)  FAX 03-5403-9701
<大阪事務所>〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜1-4-19  マニュライフプレイス堂島5F
TEL 06-6344-8063 FAX 06-6344-8065
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【参考-1】
◆CFP®資格審査試験/合格状況 


                                              <平成27年度(2015年)第2回試験>

◆CFP®資格審査試験の概要

【受験資格】 AFP認定者または日本FP協会が指定する大学院所定の課程修了者
【試験課目】 6課目
(1) 金融資産運用設計
(2) 不動産運用設計
(3) ライフプランニング・リタイアメントプランニング
(4) リスクと保険
(5) タックスプランニング
(6) 相続・事業承継設計
※試験は年2回(6月と11月)実施し、1課目ずつの受験及び合格が認められています。
【試験時間】  1課目2時間。1日3課目、2日間にわたって実施します。

【出題形式】 各課目の出題数は各50問、配点は1問2点の均一配点(100点満点)です。

マルチプルチョイス方式(四肢択一式)です。 
【受験地】 全国14地区
(札幌、仙台、宇都宮、東京、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇)
【受験料】 受験料は下表のとおりです。

【試験問題・模範解答】 試験日翌営業日の午前10時に公表します。

【参考-2】
CFP®資格

===================================================
◆世界で最も代表的で信頼されているCFP®資格

CFP®資格は、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる証明です。ファイナンシャル・プランニングの先進国である米国で、このCFP®資格は最も代表的で信頼されるファイナンシャル・プランナーのライセンスとして国民に認知され、プロフェッショナル資格として高い評価を得ています。

◆CFP®資格の認定
CFP®資格は、「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」に基づく要件を満たすことにより取得できます。

《 CFP®資格の認定要件 》
CFP®認定者となり資格を維持するためには、以下の要件を満たさなければなりません。
●試験:日本FP協会が実施するCFP®資格審査試験の全6課目に合格すること。 
●教育:所定の教育プログラムを修了し、試験合格後に日本FP協会が実施する「CFP®エントリー研修」を
受講し、修了すること。
●教育:2年ごとの資格更新に際し、日本FP協会が定める所定の「継続教育」単位を取得すること。
●経験:通算3年の実務経験要件を有すること(原則として試験合格前10年、後5年の期間での実務経験
が対象)。

 

 

●倫理:日本FP協会が定める「会員倫理規程」等諸規程を順守すること。

CFP®認定者は、日本FP協会のホームページから検索いただけます。
https://www.jafp.or.jp/confer/search/cfp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
  4. >
  5. 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が平成27年度第2回CFP®資格審査試験の合格者を発表!!444名のCFP®試験合格者が新たに誕生