働く男女の習い事「語学」が1位。かけている金額は1ヶ月あたり平均11,833円。

働く男女に聞いた「習い事」に関する調査結果を発表

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケート』を利用し、全国に住む20代~50代の働く男女を対象に「習い事」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2015年8月7日(金)~8月11日(火)。有効回答は969人から得ました。
調査サマリ
  • 現在している習い事は「語学」がトップ。かけている金額は1ヶ月平均「11,833円」、時間は1週間平均「約3時間52分」
  • 習い事をする目的は「スキルアップのため」。始めるにあたって参考にしたものは「公式サイト」
  • 現在している習い事以外で興味あるものは「語学」「スポーツ」「料理」
  • 習い事をしていてよかったと思うこと


現在している習い事は「語学」がトップ
かけている金額は1ヶ月平均「11,833円」、時間は1週間平均「約3時間52分」

本調査は、現在習い事をしている方を対象に行いました。現在の習い事の内容を聞いたところ、1位「語学(26.7%)」、2位「スポーツ(ピラティス、ヨガ、テニス、水泳など)(25.1%)」、3位「フィットネス、ジム(24.3%)」という結果となりました。年代別で見ると、20代~30代は「語学」が最も多いのに対し、40代~50代は「スポーツ」「フィットネス、ジム」と、年齢層が上がるほど体を動かす習い事をしている割合が高いことがわかりました。(図1)

現在している習い事(複数回答・n=969)

※スポーツ・・・ピラティス、ヨガ、テニス、水泳など
 ダンス・・・バレエ、ヒップホップ、ジャズ、社交、フラダンスなど
 美容、ファッション・・・ネイル、着付けなど
 手芸、ものづくり・・・刺繍、ビーズアクセサリー、折り紙など
 カルチャー系・・・華道、茶道、書道、陶芸など

また、習い事にかけている金額については1ヶ月あたり平均11,833円、かけている時間については1週間あたり平均3時間52分(232分)となりました。

 

目的は「スキルアップのため」。参考にしたものは「公式サイト」
習い事をする目的を聞いたところ、「スキルアップのため」「趣味として楽しみたいから」という意見が多く見受けられました。

習い事を始めるときに参考にしたものは「公式サイト」が最多で、その他では「クチコミ」、「知人の話」という回答が多くみられました。ほとんどの習い事で「公式サイト」が参考にされている中で、「手芸、ものづくり」は「知人・友人の話」を参考にしたという回答が最多となりました。(図2)
 

【図2】習い事を始めるときに参考にしたもの(複数回答・n=969)

 

現在行っている習い事以外で興味あるものは「語学」「スポーツ」「料理」
現在習っている習い事以外に興味のあるものについても聞いてみました。1位「語学(25.9%)」、2位「スポーツ(15.4%)」、僅差で3位「料理(15.3%)」という結果となりました。(図3)

1位の「語学」は昔から仕事で有利になると言われてきましたが、キャリアの可能性を広げる上で今もその期待は変わらないようです。2位の「スポーツ」は、仕事中なかなか動かさない部分を動かすことによって、体の調子を整えたり、エクササイズを目的としている人が多いのかもしれません。3位の「料理」は、時短でできる1品や健康に気を遣ったものがメディアで紹介され、食への興味関心やこだわりを持つ人も増えてきているからでしょうか。

習い事をしていてよかったと思うこと
習い事をしていてよかったと思うことを具体的に聞きました。その中から各項目について一部ご紹介します。
【語学】
コミュニケーション能力が上がった(31歳・男性)/仕事の幅が広がる(51歳・女性)

【音楽】
感性が豊かになること(54歳・男性)/ストレスが発散できること(41歳・女性)

【料理】
健康を意識するようになった(28歳・男性)/手際がよくなる(38歳・女性)

【デザイン、WEB】
仕事の幅が広がったこと(47歳・男性)/仕事で使えること(37歳・女性)

【パソコン、インターネット関連】
仕事に自信が持てたこと(55歳・男性)/最新の情報に触れられる点(39歳・女性)

【プログラミング】
仕事が捗ること(23歳・男性)/公私共に使えること(35歳・女性)

【資格取得講座】
知識向上に役立っていて、子どもに良い影響を与えていること(46歳・男性)/個人でやると挫折するから(54歳・女性)

【スポーツ】
今まで気づかなかった身体のしくみがわかってきたこと(49歳・男性)/体力がついたこと(34歳・女性)

【フィットネス、ジム】
風邪をひかなくなったこと(53歳・男性)/体脂肪が減り、体が引き締まり、食事に気を配るようになった(40歳・女性)

【ダンス】
仲間ができたこと(42歳・男性)/頭の体操になり、健康的なこと(56歳・女性)

【美容、ファッション】
自分が綺麗になれること(26歳・男性)/実用的であること(36歳・女性)

【手芸、ものづくり】
手先が器用になること(36歳・男性)/自分メイドの服が着られること(48歳・女性)

【カルチャー系】
知識と教養が身につくこと(44歳・男性)/立ち居振る舞いに自信がつくこと(41歳・女性)

忙しい現代と言われ、自分の時間を作ることも容易ではない中、習い事を通じて自分のスキルアップや楽しみを見つけている人も多いようです。

■株式会社ドゥ・ハウスについて
株式会社ドゥ・ハウスは、首都圏を中心に、マーケティングサービス事業を展開しています。生活フィールドと流通フィールドの2つのマーケティングフィールドに対して、クチコミプロモーションと定性情報リサーチを実施しています。
設立     :  1980年7月7日
資本金    :  687百万円(資本準備金含む)
従業員数   :  110名(2015年4月)
お取引企業数 :  約500社/年間プロジェクト数 約2,500件
年間売上       :  2,214百万円(2014年9月期)    


  

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ドゥ・ハウス
  4. >
  5. 働く男女の習い事「語学」が1位。かけている金額は1ヶ月あたり平均11,833円。