2016年版日本における「働きがいのある会社」ランキングワークス、「ベストカンパニー賞」を受賞!トップ3に輝く

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、Great Place to Work® Institute Japan(以下GPTW)が実施した、2016 年版「働きがいのある会社」ランキング(従業員1000名以上の部門)にて第3位に選出されました。なお、本調査に初めて参加して以降、9年連続して「ベストカンパニー賞」を受賞しています。

●「働きがい」を生み出すワークスの強み

 「働きがいのある会社」ランキングでは、世界共通基準の“働きがい”をつくりだす5つの要素「信用」、「尊敬」、「公正」、「誇り」、「連帯感」にもとづき、従業員アンケートによって評価します。今年度の調査では、「信用」、「尊敬」、「公正」、「誇り」、「連帯感」の5つすべての要素において、昨年度より評価スコアが大きくアップしました。また、特に従業員の評価が高く、ワークスにおける“働きがい”との相関関係が強いと分析された要素は、下記の通りとなりました。

・「誇り」・・・会社全体や私たちが成し遂げている仕事を誇りに思っている
・「信用」・・・誰にでも難しく責任のある仕事を任せてもらえる
・「尊敬」・・・経営陣は、従業員を尊重し大切に扱ってくれる
・「公正」・・・地位や立場でひいきせず、平等に扱われている
・「連帯感」・・・自分らしく楽しく働ける

 ワークスのこれらの強みは、創業時から一貫した理念のもと、社員一人ひとりが互いに尊重し高いパフォーマンスを発揮できていること、また会社や顧客、社会に対して価値をもたらしていると実感できていることの表れだと考えております。それゆえ、9年連続して「ベストカンパニー賞」を受賞し、トップクラスの評価を得る結果につながりました。さらには、この圧倒的な優位性があるからこそ、経営陣の指揮のもと全社一丸となって、これまでのビジネスを自ら創造的に破壊し、世界初(*)となる人工知能型ERP「HUE」の開発を実現させることができたと考えております。

(*) 2015年6月当社調べ

 今後も、ワークスの強みに共感する仲間を世界各国から集め、彼らが活発にアイデアを出し合いイノベーションを生み出す環境づくりに注力することで、「HUE」のさらなる強化・販路拡大に努め、「世界の“働く”を変える」を実現するグローバル・カンパニーを目指してまいります。

【Great Place to Work® Instituteについて】
 Great Place to Work® Instituteは、「働きがい」に関する調査・分析を行い、一定の水準に達していると認められた会社や組織を有力なメディアで発表する活動を世界各国で実施している専門機関です。「働きがいのある会社」ランキングの参加企業は49ヵ国で7000社、500万人を超える従業員が調査に参加する世界最大規模の従業員意識調査となります。米国では、毎年1月に発行される「FORTUNE」誌を通じて本ランキングを発表しており、ここに名を連ねることが一流企業の証とされています。

◆ 働きがいのある会社とは

Great Place to Work® Instituteでは、「働きがいのある会社」を次のように定義しています。

“従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所”

 外部の人やその会社の制度の充実度で判断するのではなく、その職場で働く従業員からの評価を直接調査に反映するという特徴的な手法を用いています。

【ワークスアプリケーションズについて】
◆「世界の“働く”を変える」――― 誰も成し得なかった問題解決に本気で取り組む会社です
 現在では、世界有数の外資系企業を競合相手に国内シェアNo.1の座を獲得。大手企業・官公庁の経営の中枢を担っています。
 ワークスが提供する大手企業向けビジネスアプリケーション「HUE」は、分散技術による高速処理と人工知能によるビッグデータ解析によって、これまでにないユーザー体験とまったく新しい業務のあり方を提供する世界初のソフトウェアです。もはや情報は入力し収集するものではなく、選択する時代に変わります。ユーザーのオペレーションを学習し自動的に処理を実行。人が一瞬と感じる0.1秒の応答速度で、最適な情報をサジェストします。「HUE」は、ビジネスパーソンを煩雑な作業から解放し、ゆとりと思考の時間を提供します。

◆「今までやったことないことができるって超楽しい!」というワクワクを
 ワークスは、「クリティカルワーカーに活躍の場を」を企業理念に掲げ、創業時から徹底して人材にこだわっています。私たちの求める人材は、ロジカル・シンキング(論理的思考力)とクリエイティブ・シンキング(発想転換力)を兼ね備えた、問題解決能力が高い人材です。そのような、既成概念にとらわれずゼロから1の新しい価値を生み出す人材を、私たちはクリティカルワーカーと呼んでいます。ワークスは、クリティカルワーカーたちがお互いに刺激し合い、自身の能力を最大限に発揮できる企業であることを目指しています。


◆ 株式会社ワークスアプリケーションズ
商号:株式会社ワークスアプリケーションズ
設立:1996年7月
代表者:
代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸
代表取締役最高執行責任者 阿部 孝司
代表取締役最高技術責任者 石川 芳郎
資本金:3,626,506千円
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
事業内容:大手企業向けERPパッケージソフト「COMPANY」および「HUE」の開発・販売・サポート
売上高:36,574百万円(連結)※2015年6月末時点
従業員数:3,907名(連結) ※2015年6月末時点
Webサイト:
製品サイト:http://www.worksap.co.jp/  
採用サイト:http://career.worksap.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ワークスアプリケーションズ
  4. >
  5. 2016年版日本における「働きがいのある会社」ランキングワークス、「ベストカンパニー賞」を受賞!トップ3に輝く