三菱総合研究所とのコンタクトセンター業務に関わる事業での業務提携のお知らせ

 バーチャレクス・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山栄樹、以下「VXC」)は、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「MRI」)と、コンタクトセンター業務に関わる事業について業務提携基本契約を締結しました。

1.業務提携の目的

 コンタクトセンター市場は、クラウド化などICT技術革新の流れで多様化・コスト減などが進み、業界構造に変化の兆しがあります。一方で企業や地方公共団体には、顧客満足度向上や顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)把握などのために、コンタクトセンター設置のニーズはありながら、費用面が課題となって開設をちゅうちょする例があります。MRIは企業及び有識者による勉強会活動などを通し、その需要は少なくとも3,300億円と分析しています。
 VXCは自社開発のコンタクトセンター向けCRMソフトウェア「inspirX(インスピーリ)」を核に、コンタクトセンターの企画・立ち上げ、システムなどの導入、運用開始後のオペレーションを一括で請負うことのできる企業として新規顧客開拓を推進しており、昨年からMRIとも協業を行ってまいりました。
 このような背景のもと、VXCとMRIは中小規模コンタクトセンター需要層を主たるターゲットに、クラウド型の各種サービス提供で市場ニーズに応えていくことを目的とした業務提携基本契約を締結いたしました。

2.業務提携の概要

 VXCの強みである自社開発の業務基盤ソフトウェア群と、MRIの強みである企業や地方公共団体などの豊富な顧客基盤を活かし、以下の三つのサービスで市場への参入を目指します。
(1)コンタクトセンター基盤クラウドサービス
(2)コンタクトセンター業務支援レポートサービス
(3)自治体コンテンツマネジメントサービス


 当面はVXCで開発済みの(1)および(2)のサービス展開で協業を開始する予定です。同時に、共同で(3)のサービス開発・展開を進めると共に、将来的に(1)の基盤上で提供するサービスを順次拡大していき、多様化するお客さまのニーズに応えてまいります。

 本件に関するMRIのニュースリリース: http://www.mri.co.jp/news/press/announcement/021667.html
 
[MRIについて]
 MRI(株式会社三菱総合研究所)は、日本屈指の総合シンクタンクとして、創業以来、企業経営、社会インフラ整備、教育、医療・福祉、環境、資源・エネルギー、安全防災、先端科学技術、ITなどのさまざまな領域において、お客さまの抱える高度で複雑な課題の解決策の提案から実行までを支援しています。

[MRI概要]
(1)名称:株式会社三菱総合研究所
(2)所在地:東京都千代田区永田町二丁目10番3号
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 大森 京太
(4)事業内容:シンクタンク・コンサルティングサービス、ITサービス
(5)資本金:6,336,244,000円
(6)設立年月:1970年(昭和45年)5月8日
(7)企業サイト:http://www.mri.co.jp

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
バーチャレクス・コンサルティング株式会社
TEL: 03-3578-5322 Email : sales_info@virtualex.co.jp
企業サイト:http://www.virtualex.co.jp/
コールセンターCRMソフトウェア「inspirX(インスピーリ)」製品サイト:http://inspirx.jp/

※本文に記載の社名、製品名は全て各社の登録商標または商標です。
※ニュースリリースに記載された製品、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. バーチャレクス・コンサルティング
  4. >
  5. 三菱総合研究所とのコンタクトセンター業務に関わる事業での業務提携のお知らせ