刺激的な街ニューヨーク。この街のクリエイティビティを牽引してきたティファニーをパートナーに、その秘密を解き明かす。Pen 12月15日号「ティファニーと歩く、男のニューヨーク」12月1日発売!

世界をリードする個性豊かな摩天楼の建築や、高級ブティックが軒を連ねる五番街を擁しながら、街の外れには古いビルを改築したバーやギャラリーがある。そして、既成概念を破るデザイナーやアーティスト、料理人たちが次々現れる……。普遍的な輝きを放ち続けるこの街を、時代の転換期にあらためて知る。Pen 12月15日号「ティファニーと歩く、男のニューヨーク」12月1日発売!(CCCメディアハウス)は、2016年12月1日発売です(一部地域は発売日が異なります)。

Pen 12月15日号(12月1日発売)630円(税別)デジタル版463円(税別)

まずは、80年代からニューヨークに拠点を置く文筆家 新元良一氏が名作『ティファニーで朝食を』を読み解きます。せりふからわかる時代背景や、ティファニーでしか味わえない、「特別な場所」的な感覚を、自身の極私的な経験も交えて語ります。次に、世界的ヒットを生み出しているティファニーのデザイン・ディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトロフに、ニューヨークとティファニーの魅力についてインタビュー。両者の華やかな今昔に想いを馳せつつ、いまのニューヨークを知る冒険のすすめになっています。

ティファニーについてはほかにも、映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』の監督インタビューや、ティファニー流のおもてなしと圧巻のラインナップを堪能できる本店大解剖、クラシックとモダンが薫る腕時計の紹介に、いますぐ欲しい&贈りたい逸品ピックアップ、そしてティファニーの足跡が残るマンハッタンの名所など、魅力のすべてを網羅しています。

ニューヨーカーたちのスポット案内も見逃せません。35mmフィルム専門のレアな映画館をオープンしたデザイナーは、とっておきのシネマスポットを、新進ディレクターはアートの最前線を体感できるギャラリーなどを紹介します。2008年に渡米し、ジャズピアニストとしてステージに立っている大江千里さんは、個性的なジャズクラブの数々を教えてくれます。

また、ニューヨークのメンズファッションシーンを象徴するストリートスナップや、現地で見つけた手に入れるべき10の名品、街のダイナミズムが感じる建築案内やトップシェフ10人の腕前など、今すぐ冬のニューヨークに飛びたくなる、男のためのニューヨークガイドです。

第2特集は、ミシシッピ川流域に広がるアメリカの最南部エリアを巡り、さまざまな文化がぶつかり合い、熱く、濃く溶け合った「もうひとつのアメリカ」を知る、ルーツ音楽(ミュージック)特集です。

Pen最新号はこちら。→ http://www.pen-online.jp/magazine/pen/pen-419-newyork/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社CCCメディアハウス
  4. >
  5. 刺激的な街ニューヨーク。この街のクリエイティビティを牽引してきたティファニーをパートナーに、その秘密を解き明かす。Pen 12月15日号「ティファニーと歩く、男のニューヨーク」12月1日発売!